レポート紹介

H・Bフーズマーケティング便覧 2018 No.3 機能性表示別市場分析編

レポートサムネイル

保健機能食品(特定保健用食品、栄養機能食品、機能性表示食品)を対象に市場規模、成分別市場、チャネル別市場、企業シェア等を調査、分析します。2018年版では関与成分のヘルスクレームや成分エビデンスから機能訴求の課題と可能性を分析します。

ヘルスケア

発刊日 2018/04/23

改訂版レポート案内

H・Bフーズマーケティング便覧 2019 全巻セット

目次

I.総合分析編
 A.H・Bフーズの定義	3
  1.H・Bフーズの概念と範囲	3
  2.法的分類	5
  3.マーケティング上の分類	5
 B.「保健機能食品制度」とH・Bフーズの位置付け	7

II. 保健機能食品制度別市場編
 A.保健機能食品トータル市場	19
 B.特定保健用食品	31
 C.栄養機能食品	53
 D.機能性表示食品	68

III. 訴求効能編
 A.訴求効能編総括	97
  1.滋養・強壮	100
  2.肝機能改善	107
  3.美肌効果	109
  4.整腸効果	116
  5.ダイエット	123
  6.生活習慣病予防	129
  7.血行促進	140
  8.免疫賦活作用	146
  9.栄養バランス	151
  10.骨・関節サポート	154
  11.貧血予防・改善	162
  12.喉の不快感除去	165
  13.虫歯予防	167
  14.アイケア	172
  15.マルチバランス	180
  16.リラックス	183
  17.グリーンチャージ	189

IV. 企業事例編
 A.企業事例編総括	195
  1.ヤクルト本社	198
  2.サントリー食品インターナショナル	203
  3.明治	208
  4.ロッテ	214
  5.雪印メグミルク	219
  6.コカ・コーラシステム	226
  7.江崎グリコ	232
  8.森永乳業	237
  9.アサヒ飲料	242
  10.キリンビバレッジ	247
  11.ファンケル	252
  12.味の素	257
  13.ライオン	262
  14.大塚グループ	267
  15.森下仁丹	273
  16.アサヒビール	278
  17.キリンビール	282
  18.日本予防医薬	285
  19.アサヒグループ食品	288
  20.トウ・キユーピー	293

関連情報

健康志向食品、機能志向食品を合計したH・Bフーズ国内市場を総括分析

ヘルスクレームを活用した展開で店頭での存在感が増している機能性表示食品、特定保健用食品(トクホ)などの国内市場を調査

ダイエット、グリーンチャージ、美肌効果などが好調 機能志向食品(健康食品とシリーズサプリメント)の国内市場を調査

需要が高まり続ける生活習慣病予防、滋養・強壮訴求商品 健康志向食品(明らか食品とドリンク類)の国内市場を調査

(商品形態) (本体価格) (税込価格)
書籍版 130,000円 140,400円
PDF/データ版 140,000円 151,200円
書籍版・PDF/データ版セット 160,000円 172,800円
ネットワークパッケージ版 260,000円 280,800円

PDF版はレポート本文をPDFファイルで収録しています。PDF/データ版はレポート本文と数表データをPDFとExcelファイルで収録しています。いずれもご注文を受けてからの製作となります。在庫終了後にセットを選ばれた場合の書籍版は簡易製本でのご提供となります。

PDF版およびPDF/データ版はネットワーク上での利用はできません。ネットワーク上での利用はネットワークパッケージ版の利用契約が別途必要です。

関連レポート