レポート紹介

2018年 医療ITのシームレス化・クラウド化と医療ビッグデータビジネスの将来展望 No.2 医療ビッグデータビジネス編

レポートサムネイル

医療IT及び医療ビッグデータビジネスの2030年までの将来展望を予測しています。No.2では、医療ビッグデータの収集や活用、AIを活用したシステムなどをコンセプトとして、創薬支援、医療情報、医薬品開発支援、診断・治療支援、介護・福祉支援、医療向けプロモーション支援といった分野を調査しています。また、No.1からの調査を踏まえて、医療ITを医療情報プラットフォームとして捉え、AIの活用を含めた医療ビッグデータビジネスの将来展望を分析します。

医薬品・メディカル

発刊日 2018/03/29

目次

総合分析&政策動向編	1
 1.医療IT・医療情報プラットフォームと医療ビッグデータビジネスの全体市場の推移	3
 2.医療ITのシームレス化・医療連携体制構築の推進に関連する主要な政策の動向	6
 3.医療ビッグデータビジネスに関連する主要な政策の動向	16
 4.厚生労働省の主導による医療関連データベースの現状と将来動向	32

集計分析編	37
 1.医療ビッグデータビジネスを軸として見た医療IT市場の推移と動向	39
 2.2030年への市場の方向性、市場への影響度	41
 3.領域別市場規模予測	42
 4.領域別上位企業の実績及びシェア	48
 5.政策・診療報酬・介護報酬・ガイドライン・マスタの動向	51
 6.システムの管理・運用のトレンド	52
 7.医療ビッグデータとの関連性	54
 8.AIの導入動向	56
   
参入企業一覧	57
   
IV.創薬支援	71
 1.インシリコ創薬・創薬支援システム	73
V.医療ビッグデータ分析分野	85
 1.医療関連業界向け医療ビッグデータ分析	90
 2.病院向けDPCデータウェアハウス・病院経営分析サービス	99
 3.保険者向けデータ分析	108
 4.健康管理サービス	116
 5.体質遺伝子検査サービス	121
VI.医薬品開発支援	129
 1.臨床試験支援システム	135
 2.EDCシステム	143
 3.電子的原データ収集システム(eSource)	149
 4.被験者日誌システム(ePRO)	154
 5.リモートSDVシステム	160
 6.安全性情報管理システム	167
 7.製造販売後調査支援システム	172
VII.ビッグデータ活用治療・診断システム	179
 1.プレシジョン・メディシン	185
 2.テーラーメイド医療(個別化医療)	193
 3.自動問診システム	200
 4.AI搭載型疼痛診療支援システム	207
 5.AI搭載型精神科向け診断支援システム	213
 6.AI搭載型医療画像診断支援システム	220
 7.麻酔情報記録システム	227
VIII.遠隔/IoT活用治療・診断システム	233
 1.連続血圧測定システム(ABPM)	238
 2.持続血糖測定装置(CGM)	244
 3.デジタルセンサー搭載型薬剤(デジタルメディスン)	250
 4.遠隔・IoT服薬管理システム	255
IX.医療向けプロモーション支援	265
 1.医療向けe−プロモーション	270
 2.ドクター向けポータルサイト	276
 3.ドクター向けSNS	281
 4.Web講演会サービス	286
 5.製薬企業向け営業支援システム	291
 6.ディテール支援システム	297
 7.医師・薬剤師データベース	302
X.介護・福祉支援	309
 1.AI搭載型ケアプラン作成システム	314
 2.徘徊管理/転倒防止システム	320
 3.排尿予知システム	329
 4.介護ロボット(装着型)	336
XI.医療向け個人情報管理システム	345
 1.患者向け診療情報閲覧システム	347

関連情報

民間企業による医療ビッグデータビジネスが本格化 医療ビッグデータビジネスの国内市場を調査

IT導入により医療業務の効率化、情報の有効利用が進展 医療情報システムの国内市場を調査

(商品形態) (本体価格) (税込価格)
書籍版 180,000円 194,400円
PDF/データ版 190,000円 205,200円
書籍版・PDF/データ版セット 210,000円 226,800円
ネットワークパッケージ版 360,000円 388,800円

PDF版はレポート本文をPDFファイルで収録しています。PDF/データ版はレポート本文と数表データをPDFとExcelファイルで収録しています。いずれもご注文を受けてからの製作となります。在庫終了後にセットを選ばれた場合の書籍版は簡易製本でのご提供となります。

PDF版およびPDF/データ版はネットワーク上での利用はできません。ネットワーク上での利用はネットワークパッケージ版の利用契約が別途必要です。

関連レポート