レポート紹介

2019年 エンプラ市場の展望とグローバル戦略

レポートサムネイル

最新のエンジニアリングプラスチックス市場の完全版として、地域・用途・メーカー別にマトリックス化し緻密に分析しています。汎用エンプラから特殊スーパーエンプラまで網羅し、急速に変化する中国や世界市場の実態を踏まえた予測も行っています。

ケミカル・マテリアル

発刊日 2018/12/06

目次

I.総括編	1
 1.全体市場概況	3
  1)世界市場規模推移(2016年実績〜2022年予測)	3
  2)分類別市場概況	3
  3)国・地域別市場	4
   (1)2017年実績	4
   (2)2022年予測	4
   (3)平均成長率比較(2022年/2017年)	5
  4)用途別市場(2017年実績)	5
 2.国・地域別需要動向	6
  1)汎用エンプラ(2017年実績)	6
  2)スーパーエンプラ(2017年実績)	7
  3)機能性樹脂(2017年実績)	8
 3.種類別用途別需要動向	9
  1)汎用エンプラ(2017年実績)	9
   (1)世界全体	9
   (2)日本	9
   (3)中国	9
   (4)その他アジア・パシフィック	10
   (5)北米	10
   (6)欧州	10
   (7)その他	10
  2)スーパーエンプラ(2017年実績)	11
   (1)世界全体	11
   (2)日本	12
   (3)中国	12
   (4)その他アジア・パシフィック	13
   (5)北米	13
   (6)欧州	14
   (7)その他	14
  3)機能性樹脂(2017年実績)	15
   (1)世界全体	15
   (2)日本	15
   (3)中国	15
   (4)その他アジア・パシフィック	16
   (5)北米	16
   (6)欧州	16
   (7)その他	16
 4.種類別平均成長率と需給見通し	17
  1)汎用エンプラ(2017年実績・2022年予測、世界、数量・金額)	17
  2)スーパーエンプラ(2017年実績・2022年予測、世界、数量・金額)	18
  3)機能性樹脂(2017年実績・2022年予測、世界、数量・金額)	19
 5.分野・用途別動向	20
  1)自動車分野	20
   (1)自動車生産台数	20
   (2)主要用途別採用エンプラ	20
   (3)有望用途別採用エンプラ	21
   (4)汎用エンプラ種類別販売数量および構成比率(2017年実績)	22
   (5)スーパーエンプラ種類別販売数量および構成比率(2017年実績)	22
  2)エレクトロニクス分野	23
   (1)スマートフォン・LCD-テレビ・ノートパソコン・ページプリンター生産台数	23
   (2)主要用途別採用エンプラ	23
   (3)汎用エンプラ種類別販売数量および構成比率(2017年実績)	24
   (4)スーパーエンプラ種類別販売数量および構成比率(2017年実績)	24
 6.今後の重合能力新増設計画	25
  1)汎用エンプラ(2018年11月末時点)	25
  2)スーパーエンプラ(2018年11月末時点)	26
  3) 機能性樹脂(2018年11月末時点)	27

II.市場編	29
 1. ポリカーボネート(PC)	31
 2. 変性ポリフェニレンエーテル(m-PPE)	48
 3. ポリアミド6(PA6)	57
 4. ポリアミド66(PA66)	72
 5. ポリアセタール(POM)	86
 6. ポリブチレンテレフタレート(PBT)	99
 7. ガラス繊維強化ポリエチレンテレフタレート(GF-PET)	110
 8. 超高分子量ポリエチレン(U-PE)	118
 9.ポリアミド610・ポリアミド612(PA610・PA612)	127
 10. ポリアミド11・ポリアミド12(PA11・PA12)	136
 11. ポリアミドMXD6(PAMXD6)	147
 12. ポリアミド46(PA46)	158
 13. ポリアミド6T(PA6T)	167
 14. ポリアミド9T(PA9T)	177
 15. ポリアミド10T・ポリアミド11T(PA10T・PA11T)	186
 16. ポリシクロヘキシレンジメチレンテレフタレート(PCT)	194
 17. シンジオタクチックポリスチレン(SPS)	203
 18. ポリフェニレンサルファイド(PPS)	211
 19. 液晶ポリマー(LCP)	225
 20. ポリアリレート(PAR)	236
 21. ポリサルホン・ポリフェニルサルホン(PSF・PPSF)	243
 22. ポリエーテルサルホン(PES)	251
 23. ポリエーテルイミド(PEI)	260
 24. ポリアミドイミド(PAI)	268
 25. 熱可塑性ポリイミド(TPI)	275
 26. 芳香族ポリエーテルケトン(PAEK)	283
 27. ポリベンゾイミダゾール(PBI)	295
 28. ポリテトラフルオロエチレン(PTFE)	302
 29. 溶融フッ素樹脂	312
 30. 耐熱アクリロニトリル・ブタジエン・スチレン共重合樹脂(耐熱ABS)	323
 31. ポリメタクリル酸メチル(PMMA)	333
 32. 環状ポリオレフィン(COP・COC)	344
 33. ポリメチルペンテン(PMP)	354
 34. ポリエチレンナフタレート(PEN)	362
 35. ポリグリコール酸(PGA)	370
 36. グリコール変性ポリエチレンテレフタレート(PET-G系樹脂)	376
 37. バイオポリカーボネート(バイオPC)	383

関連情報

汎用・スーパーエンプラおよび機能性樹脂市場を調査

(商品形態) (本体価格) (税込価格)
書籍版 150,000円 162,000円
PDF/データ版 160,000円 172,800円
書籍版・PDF/データ版セット 180,000円 194,400円
ネットワークパッケージ版 300,000円 324,000円

PDF版はレポート本文をPDFファイルで収録しています。PDF/データ版はレポート本文と数表データをPDFとExcelファイルで収録しています。いずれもご注文を受けてからの製作となります。在庫終了後にセットを選ばれた場合の書籍版は簡易製本でのご提供となります。

PDF版およびPDF/データ版はネットワーク上での利用はできません。ネットワーク上での利用はネットワークパッケージ版の利用契約が別途必要です。

関連レポート