レポート紹介

H・Bフーズマーケティング便覧 2019 総括編

レポートサムネイル

健康志向食品(明らか食品、ドリンク類)、機能志向食品(健康食品、シリーズサプリメント)を総合分析します。コンセプト別では脳機能改善、アンチエイジング、メタボリック、ロコモ・サルコペニア対策、睡眠サポート、スポーツ関連サプリメントなどについて分析する他、形状別、チャネル別の横断分析を行います。

フード・フードサービス

発刊日 2019/03/26

目次

A.H・Bフーズの定義	1 
 1.H・Bフーズの定義	3
 2.「保健機能食品制度」とH・Bフーズの位置付け	8 

B.2018年市場の総括	13
 1.2018年市場のトピックス	15
 2.H・Bフーズ市場動向−集計データ−	17

C.訴求効能別市場動向	45
 1.滋養・強壮	47
 2.肝機能改善	52
 3.美肌効果	57
 4.整腸効果	62
 5.ダイエット	66
 6.生活習慣病予防	71
 7.血行促進	76
 8.免疫賦活作用	80
 9.栄養バランス	84
 10.骨・関節サポート	88
 11.覚醒効果	92
 12.貧血予防・改善	96
 13.喉の不快感除去	101
 14.虫歯予防	105
 15.エチケット	 109
 16.アイケア	 113
 17.マルチバランス	 117
 18.ホルモンバランス	 122
 19.リラックス	 126
 20.グリーンチャージ	 130 

D.特定保健用食品・栄養機能食品・機能性表示食品の市場動向	135
 1.特定保健用食品	137
 2.栄養機能食品	140 
 3.機能性表示食品	143

E.シリーズサプリメント市場動向	147

F.注目成分市場分析	157
 1.乳酸菌類	159
 2.たんぱく質	168

G.コンセプト別市場動向	175
 1.認知機能サポート	177
 2.アンチエイジング	183
 3.メタボリック関連	189
 4.ロコモ・サルコペニア対応	198
 5.ビタミン	206
 6.睡眠サポート	212
 7.スポーツ関連食品・サプリメント	218
 8.ダブル・トリプルヘルスクレーム	224
 9.食品・ドリンク系サプリメント的シリーズ商品	232

H.形状別市場動向	239
 1.粉末飲料	241
 2.グミ	247
 3.スムージー 	253

I.チャネル別市場動向	259
 1.通信販売	261
 2.訪問販売	265
 3.薬局・薬店	269
 4.量販店	273
 5.CVS	277 

J.主要・注目企業の動向	281
 
 1.明治	284
 2.サントリー食品インターナショナル	289
 3.大塚グループ	294
 4.アサヒ飲料	299
 5.キリングループ	304
 6.味の素	309
 7.小林製薬	314
 8.資生堂グループ	319
 9.アサヒグループ食品	324
 10.ディーエイチシー	329
 11.ファンケル	334
 12.サントリーウエルネス	339
 13.大正製薬	344
 14.ライオン	349
 15.カゴメ	353

関連情報

ダイエットサポート商品やボディメイクをサポートするプロテイン配合商品が続伸 消費者の健康意識の高まりで好調な機能志向食品市場を調査

伸び緩やかも2018年、2019年と拡大が続く健康志向食品市場を調査

(商品形態) (本体価格) (税込価格)
書籍版 110,000円 118,800円
PDF/データ版 120,000円 129,600円
書籍版・PDF/データ版セット 140,000円 151,200円
ネットワークパッケージ版 220,000円 237,600円

PDF版はレポート本文をPDFファイルで収録しています。PDF/データ版はレポート本文と数表データをPDFとExcelファイルで収録しています。いずれもご注文を受けてからの製作となります。在庫終了後にセットを選ばれた場合の書籍版は簡易製本でのご提供となります。

PDF版およびPDF/データ版はネットワーク上での利用はできません。ネットワーク上での利用はネットワークパッケージ版の利用契約が別途必要です。

関連レポート