レポート紹介

個人栄養管理ビジネス・ビッグデータ活用の最新事例とパーソナルサプリメントの事業可能性調査

レポートサムネイル
購入検討サービス

AI技術の進展により食事メニューを写真撮影して栄養素の過不足を把握できるアプリが登場している。本調査では日々蓄積される食事・栄養状態ビッグデータをビジネスに結びつける先進事例として、栄養管理ビジネスとパーソナルサプリメント事業を展開する6社を対象に調査を実施し、市場の将来性を検討しています。

ヘルスケア

発刊日 2018/12/21

目次

I.総括編 3
 1.調査対象企業一覧 4
 2.ビジネスモデル
  2-1.課金体系 5
  2-2.栄養管理ビジネス・パーソナルサプリメント 6
 3.販売動向(2017〜2020年予測) 7
 4.ビッグデータ活用の方向性と課題 8
 5.パーソナルサプリメント事業の可能性と課題 9

[ビジネスモデル区分]
 A.食事画像診断による栄養指導サービス
 B.食事画像診断・検査により栄養指導サービス&物販
 C.小売店における栄養指導サービス&物販
 D.オフィスサービス(BtoB)

II.ビジネスモデル事例編 10
 1.ウィット 11
 2.ライフログテクノロジー 16
 3.FiNC Technologies 21
 4.ネスレ日本 26
 5.ユカシカド 31
 6.マツモトキヨシ 36
 7.ドリコス 41

[共通項目]
 1)事業の位置づけと関与部門の組織体制
 2)提供オペレーションとビジネスモデル
   サービス名、ビジネスモデル概要、
   課金体系(a.アプリ、b.物販、c.検査事業、d.提携フィー、e.その他)
 3)販売動向
  3)-1.売上実績(2016〜2020年予測)
  3)-2.売上分析(2018年見込)
   有料会員数、有料比率、平均単価、注文頻度
  3)-3.栄養成分・形状別
  3)-4.収益性
 4)ユーザーの特徴とプロモーション政策
  4)-1.会員の状況(2018年)
   属性、年代、登録会員数、有料会員数
  4)-2.ターゲット
  4)-3.プロモーション
  4)-4.特徴/獲得策
 5)ビッグデータの内容・規模・活用法
  5)-1.内容(a.属性、b.活動データ、c.食事データ、d.摂取/不足栄養素、e.栄養素の由来)
  5)-2.規模
  5)-3.活用法
 6)提携の可能性
  6)-1.提携実績
  6)-2.提携意向(a.販売、b.広告、c.マーケティング、d.システム)
  6)-3.提携例
 7)今後の事業計画・方向性・将来像
(商品形態) (本体価格) (税込価格)
CD-ROM版 300,000円 324,000円

PDF版はレポート本文をPDFファイルで収録しています。PDF/データ版はレポート本文と数表データをPDFとExcelファイルで収録しています。いずれもご注文を受けてからの製作となります。在庫終了後にセットを選ばれた場合の書籍版は簡易製本でのご提供となります。

関連レポート