レポート紹介

2018年版 太陽電池関連技術・市場の現状と将来展望

レポートサムネイル
購入検討サービス

太陽電池・太陽光発電の業界俯瞰を可能にする市場調査資料です。太陽電池の原材料や製造技術、太陽光パネル、パワーコンディショナ、太陽光発電システム、太陽光発電による電気や関連サービス、ZEH/ZEBや蓄電併用といった自家発電等にも焦点を当てています。脱FITという転換期を迎えた国内市場と、いまだ拡大を続ける世界市場のいずれにも焦点を当て、再生可能エネルギーとしての太陽光発電ビジネスの今後の方向性を検証しています。

エネルギー / 電子機器・電子部品

発刊日 2018/07/02

目次

総括編  (1)
 1.世界・日本の太陽電池・太陽光発電市場の俯瞰  (3)
 2.国・地域別にみた太陽光発電導入量推移  (5)
 3.太陽電池の製造コスト構成分析  (7)
 4.国内太陽電池・太陽光発電市場の過去・現状・将来展望  (9)
 5.国内太陽光発電市場の累計導入量推移  (12)
 6.国内太陽光発電に関する政策動向  (18)
 7.改正FIT法の主なポイント  (20)
 8.自家発電のグリッドパリティ達成へのロードマップ  (22)
 9.新型太陽電池の開発動向  (24)
 10.主要製造装置の市場動向  (27)
 11.構成部材の研究開発動向まとめ  (37)
 12.品目別市場概況比較  (39)

太陽電池(世界市場)  (41)
 1.対象品目の定義・概要  (43)
 2.市場規模推移  (44)
  1)全体[主要4種(結晶系+薄膜系)]
  2)種類別
  3)高付加価値・特殊型太陽電池(全体市場の内数)
   a.N型結晶シリコン太陽電池
   b.ダブルガラス太陽電池
   c.両面受光型太陽電池
   d.フレキシブル太陽電池
   e.建材一体型太陽電池(BIPV)
   f.電子機器組込型太陽電池(EIPV)など
 3.メーカー動向  (50)
  1)メーカーシェア(太陽電池モジュール)
  2)メーカーシェア(結晶シリコン太陽電池セル)
 4.メーカー動向(結晶系)  (54)
 5.メーカー動向(薄膜系)  (66)
 6.本社所在地別にみた年末生産能力推移  (68)
 7.アプリケーション動向  (71)
 8.太陽電池モジュールとポリシリコン(スポット取引)
   の年平均販売価格動向  (73)
 9.変換効率と製造コストの推移  (74)
  1)商用モジュールの変換効率推移
  2)商用モジュールの製造コスト推移

部材・原料・製造技術(世界市場)  (77)
 1.シリコンインゴット・ウエハ  (79)
 2.炭素材料  (88)
 3.ダイヤモンドワイヤ  (94)
 4.バックシート  (100)
 5.バックシート原材料  (106)
 6.封止材  (112)
 7.封止材原材料  (118)
 8.電極材料(銀ペースト)  (124)
 9.電極材料(アルミペースト)  (130)
 10.セル接合材料(インターコネクタなど)  (134)

太陽光発電システム(海外市場)  (141)
 1.中国  (143)
 2.米国  (145)
 3.インド  (147)
 4.英国  (149)
 5.ドイツ  (151)

太陽光発電システム(国内市場)  (153)
 1.住宅用太陽光発電システム  (155)
 2.非住宅用太陽光発電システム  (157)
太陽電池・周辺機器(国内市場)  (161)
 1.太陽電池(国内市場)  (163)
 2.パワーコンディショナ  (170)
 3.遠隔監視システム  (177)
 4.架台  (183)
 5.蓄電システム  (188)

注目ビジネス(国内市場)  (197)
 1.O&Mサービス  (199)
 2.PPAモデル  (204)
 3.非化石価値取引市場  (208)
 4.セカンダリーマーケット(中古太陽光発電所)  (210)
 5.太陽光パネルのリサイクル・リユース・適正処置  (212)
(商品形態) (本体価格) (税込価格)
書籍版 150,000円 162,000円
PDF版 150,000円 162,000円
書籍版・PDF版セット 170,000円 183,600円
ネットワークパッケージ版 300,000円 324,000円

PDF版はレポート本文をPDFファイルで収録しています。PDF/データ版はレポート本文と数表データをPDFとExcelファイルで収録しています。いずれもご注文を受けてからの製作となります。在庫終了後にセットを選ばれた場合の書籍版は簡易製本でのご提供となります。

PDF版およびPDF/データ版はネットワーク上での利用はできません。ネットワーク上での利用はネットワークパッケージ版の利用契約が別途必要です。

関連レポート