レポート紹介

農林水産ビジネスの最前線と将来展望2019

レポートサムネイル
購入検討サービス

農業・水産業・畜産業・林業では生産性の向上や作業の効率化、高品質化による稼げる産業への転換が求められています。これら第一次産業分野における、モニタリング・センシング・ロボット・AI/IoT等の各種先進テクノロジーを用いた製品・サービス・技術の市場/開発動向を取りまとめています。注目品目市場編では植物工場や陸上養殖などの注目プラントをはじめ、制御・モニタリング・空調・光源・ロボットといった注目機器/システムなど、25品目を対象に現状の市場実態を把握し、2025年/2030年の中長期の市場動向を予測しています。また、注目次世代技術/サービス事例編では先駆的な事業展開・研究開発を進める企業・団体の取り組み、約50事例を取り上げています。

環境・社会・インフラ / フード・フードサービス

発刊日 2019/04/17

目次

I.総括編	1
 1.農林水産業における先進テクノロジー関連市場の現状と今後の方向性	3
 2.各産業分野における先進テクノロジー市場規模推移	5
  1)全体市場	5
  2)農業分野	6
   (1)注目施設/プラント市場	6
   (2)注目機器/システム市場(施設栽培向け)	7
   (3)注目機器/システム市場(露地向け、他)	8
  3)水産業分野	9
  4)畜産業分野	10
 3.主要キーテクノロジーの各業界分野での採用/連携動向と今後の方向性	11
  1)品目毎のキーテクノロジーの採用/連携動向一覧	11
  2)主要キーテクノロジー別にみた採用/連携トレンド	14
   (1)画像処理・カメラ機器/システム	14
   (2)センシング機器/システム	15
   (3)データ管理/分析	17
   (4)ロボット機器/自動化システム	19
   (5)制御システム	20
   (6)通信/IoT	21
 4.今後の市場性が期待される次世代注目製品/技術/サービス一覧	23
 5.日本企業の海外展開動向と海外メーカー/海外市場動向	29
  1)農水畜産ビジネスにおける海外動向まとめ	29
  2)日本企業における海外動向	29
   (1)農業分野における海外動向	29
   (2)水産業分野における海外動向	33
   (3)畜産業分野における海外動向	33
 6.各品目のマルチ分野展開動向と今後の可能性	34
  1)環境制御型生産施設・プラント	34
  2)モニタリングシステム	34
  3)光源機器	35
  4)温度調節機器	36

 1)〜4)共通項目
  (1)マルチ分野展開する企業動向まとめ
  (2)マルチ分野展開における主要技術
  (3)マルチ分野展開における課題と今後の可能性

  5)農林水畜産連携の取り組み	36
 7.各産業分野における注目市場動向	37
  1) 植物工場・施設栽培産野菜の市場概況	37
   (1)レタス類の市場動向37
   (2)その他野菜(トマト/ミニトマト、イチゴ)の市場動向	39
   (3)民間企業による栽培ビジネスのトレンド分析	40
   (4)植物工場一覧	42
     ・完全人工光型植物工場	42
     ・太陽光併用型植物工場	54
     ・太陽光利用型植物工場	56
  2)養殖業の市場概況	64
   (1)養殖業市場規模推移	64
   (2)海面養殖業の魚種別市場規模推移	65
   (3)販売ルート	65
   (4)養殖ビジネスのトレンド	66
   (5)主要養殖施設一覧	66
  3)畜産業の市場概況	69
  4)林業の市場概況	70
 8.国内での市場拡大につながる法規制・政策・補助金・認証の動向	71
  1)法規制の動向	71
  2)補助金の動向	72
  3)認証の動向	76
   (1)GAP認証	76
   (2)HACCP	77
   (3)水産エコラベル	78
 9.農業/水産業/畜産業/林業関連統計データ	79

II.注目施設・プラント/機器・デバイス/サービス市場編	87
 A.農業市場	89
  A-1.完全人工光型植物工場	91
  A-2.養液栽培プラント	101
  A-3.ガラス/フィルムハウス	111
  A-4.栽培環境制御装置	119
  A-5.灌水/給液管理装置	127
  A-6.栽培環境モニタリングシステム	134
  A-7.栽培用空調機器	141
  A-8.植物育成用光源	147
  A-9.水田水管理システム	153
  A-10.GNSSガイダンスシステム/自動操舵システム	158
  A-11.農業用ロボット	165
  A-12.農業用ドローン/ドローン活用サービス	171
  A-13.生産管理システム	178
  A-14.品質評価装置	184
 B.水産業市場	191
  B-1.陸上養殖システム	193
  B-2.沖合養殖システム	198
  B-3.養殖・漁業環境モニタリングシステム	202
  B-4.水産用水温調節機器	207
  B-5.水産用紫外線殺菌装置	211
 C.畜産業市場	215
  C-1.閉鎖型畜舎システム	217
  C-2.家畜モニタリングシステム	222
  C-3.畜産用空調機器	229
  C-4.畜産用光源	233
  C-5.搾乳ロボット	237
  C-6.餌寄せロボット	241

III.次世代注目製品/技術/サービス事例編	245
 1.東洋バルヴ	247
 2.北海道電力	248
 3.アイ・イート	249
 4.井関農機	250
 5.イームズロボティクス	251
 6.NTTテクノクロス	252
 7.KDDI	253
 8.スカイマティクス	254
 9.国際航業	255
 10.ヤマハ発動機	256
 11.ドローン・ジャパン	257
 12.NECソリューションイノベータ	258
 13.キヤノンITソリューションズ	259
 14.エヌ・ティ・ティ・データCCS	260
 15.エヌ・ティ・ティ・データCCS	261
 16.マイファーム	262
 17.ポケットマルシェ	263
 18.ソフトバンク・テクノロジー	264
 19.NTTテクノクロス	265
 20.デンソー	266
 21.ハレックス	267
 22.日本電信電話	268
 23.日本水産	269
 24.スタンレー電気	270
 25.日機装	271
 26.ナノクス	272
 27.KDDI、クラウド漁業、福井県立大学	273
 28.NECソリューションイノベータ	274
 29.日本電気	275
 30.ヤンマー舶用システム	276
 31.一般社団法人海洋水産システム協会	277
 32.シャープ、NTTドコモ、中国電力、東京大学、他	278
 33.KDDI、長崎大学、システムファイブ	279
 34.ウミトロン	280
 35.ミツイワ、エヌ・ティ・ティ・コムウェア	281
 36.ニレコ	282
 37.近畿大学水産研究所、豊田通商、日本マイクロソフト	283
 38.国立研究開発法人水産研究・教育機構 中央水産研究所	284
 39.西日本旅客鉄道	285
 40.ソニーエンジニアリング	286
 41.Hmcomm	287
 42.アスラテック	288
 43.晃伸製機	289
 44.前川製作所	290
 45.NTTドコモ、データホライゾン	291
 46.日本ハム、エヌ・ティ・ティ・データ	292
 47.日本電気	293
 48.トライポッドワークス	294
 49.ATOUN	295
 50.woodinfo	296
 51.エイブルコンピュータ	297
 52.オプティム	298

関連情報

注目を集める“スマート農業”関連の市場を調査

(商品形態) (本体価格) (税込価格)
書籍版 150,000円 162,000円
PDF版 150,000円 162,000円
書籍版・PDF版セット 170,000円 183,600円
ネットワークパッケージ版 300,000円 324,000円

PDF版はレポート本文をPDFファイルで収録しています。PDF/データ版はレポート本文と数表データをPDFとExcelファイルで収録しています。いずれもご注文を受けてからの製作となります。在庫終了後にセットを選ばれた場合の書籍版は簡易製本でのご提供となります。

PDF版およびPDF/データ版はネットワーク上での利用はできません。ネットワーク上での利用はネットワークパッケージ版の利用契約が別途必要です。

関連レポート