レポート紹介

コネクテッドカー関連市場の現状とテレマティクス戦略 2018

レポートサムネイル

コネクテッドカー市場は、ディスプレイ表示の多様化、自動運転時代に併せて高い処理能力が求められるCPU/GPU、AI/ディープラーニング技術、HMIなど自動車の様々なコネクティビリティ領域で開花されつつあります。本レポートでは自動車メーカー各社の車載情報テクノロジーおよび完全自動運転に関する動き、それに対する開発の展望を整理・分析するとともに、関連機器のマーケット動向を調査・分析する。また今後有望なネットワーク関連機器・サービスについてもその動向について調査・分析を行います。

自動車・輸送

発刊日 2018/01/31

目次

A.総合分析編 
 1.コネクテッドカーと自動運転車の関連性、市場背景、2035年までのロードマップ	(3)	
  1)コネクテッドカーの定義と自動運転車との関連性	(3)
  2)コネクテッドカーを取り巻く市場背景	(4)
  3)自動車メーカーのビジネスモデルの変化	(5)
  4)2035年までのロードマップ	(6)
  5)コネクテッドカー関連市場の概念と相関図	(8)
 2.コネクテッドカーのワールドワイド市場規模推移
  (2015〜2016年実績、2017年見込、2018〜2021年、2025年、2030年、2035年予測)	(9)	
  1)コネクテッドカー(乗用車)	(9)
  2)コネクテッドカー(フリート)	(12)
 3.エリア別テレマティクスの動向と法規制	(13)
  1)エリア別の特徴と法規制に関する動き	(13)
  2)自動運転に関する法規制動向と走行状況	(17)
  3)ドライバーディストラクションに関する主な法規制	(18)
  4)各国の衝突安全基準	(19)
  5)無人運転を禁止した道路交通条約	(21)
 4.車載OS/プラットフォームの方向性と主要OSの特徴	(22)
  1)車載OS/プラットフォームの将来展望	(22)
  2)各車載OSの特徴とOS公開レベル	(22)
  3)各OSのスペック	(23)
 5.次世代通信のロードマップ	(26)
  1)次世代通信システム(5G: IMT-2020)のロードマップ	(26)
  2)次世代通信の将来性	(28)
  3)周波数ごとの主な用途	(28)
  4)各通信技術の特徴	(29)
 6.次世代車載ディスプレイの変化	(32)
 7.サイバー攻撃に対する車両の脆弱性とセキュリティ対策	(34)
  1)サイバー攻撃の対象	(34)
  2)V2X/テレマティクス/IVIの脅威となる侵入経路	(34)
  3)自動車ハッキング事例	(35)
  4)有効となる対策	(36)
  5)主要国・エリアにおけるハッキング対策と規格標準化動向	(36)
 8.最適UIと次世代HMI技術	(39)
  1)車内におけるHMI	(39)
  2)自動運転に必要なHMI技術	(40)
  3)2020年以降に実用化されるHMI技術	(41)
  4)国内自動車メーカー別HMI技術	(42)
  5)海外自動車メーカー別HMI技術	(43)
 9.自動車業界におけるブロックチェーン技術への取り組み	(44)
  1)各分野におけるブロックチェーンの有用性	(44)
  2)自動車分野におけるブロックチェーン採用動向	(44)
 10.コネクティビリティ、自動運転化に向けて増大する車載半導体	(45)
 11.コネクテッドカー周辺市場の展望(〜2020年、25年、30年、35年予測)及びコネクテッドカーへの影響	(46)
  1)ADAS(先進運転システム:Advanced Driving Assistant System)	(46)
  2)ADASの種類	(46)
  3)各種ADASの名称一覧	(47)
  4)自動運転レベルの概要	(48)
  5)レベル別自動運転車市場規模推移
   (2015〜2016年実績、2017年見込、2018〜2021年、2025年、2030年、2035年予測)	(49)
 12.AI(人工知能)は自動車を変えるのか	(52)
  1)自動運転	(52)
  2)HMI	(53)
  3)課題	(53)
  4)AI研究開発の取り組み一覧	(54)
 13.先端技術を取り込んだコネクテッドパーキング、自動駐車	(56)
  1)Boschが研究開発を進めているコネクテッドパーキング・自動駐車技術	(56)
  2)その他、コネクテッドパーキング・自動駐車技術の研究開発に関する動向	(56)
 14.エリア別各品目におけるニーズと動向	(57)
 15.シリコンバレーによるスタートアップ企業M&A	(60)
  1)シリコンバレーによるスタートアップ企業育成	(60)
  2)シリコンバレーの事業展開手法(Startup Accelerator)	(60)
  3)コネクテッドカーの情報収集を行うAuto Tech Council	(60)
  4)シリコンバレーが向かう先	(60)
  5)現在注目されているスタートアップ企業	(61)
 16.シェアリングサービスによって始まるモビリティミックス化現象	(66)
  1)期待が高まるシェアリングサービス	(66)
  2)自動車メーカーのシェアリング事業、それに付帯するサービスの提携・出資状況や展開状況	(67)

B.自動車メーカー戦略編 
 1.GM	(71)	
 2.Ford	(79)	
 3.Tesla	(84)
 4.FCA	(88)
 5.Volkswagen/Audi	(92)
 6.Groupe PSA	(99)
 7.Daimler	(105)
 8.BMW	(111)
 9.Volvo	(119)
 10.トヨタ自動車	(127)
 11.日産自動車	(139)
 12.ホンダ(本田技研工業)	(147)
 13.マツダ	(155)
 14.Hyundai/Kia	(159)
 15.上海汽車	(165)
 16.長安汽車	(169)
 17.Baidu	(172)
 18.中国系/その他主要自動車メーカー	(176)

(共通項目)
 1.概要
 2.展開エリア/対応車種
 3.テレマティクス/IVIの各機能と加入者数または搭載台数推移
 4.ITベンダとの連携状況
 5.AI/ディープラーニングの活用状況、提携状況 
 6.ビークルコネクティビティ拡大に向けての課題と今後の取り組み
 7.自動運転に関する具体的な取り組み

関連情報

自動運転技術との融合が進みつつあるコネクテッドカーの世界市場を調査

(商品形態) (本体価格) (税込価格)
書籍版 150,000円 162,000円
PDF版 150,000円 162,000円
書籍版・PDF版セット 170,000円 183,600円
ネットワークパッケージ版 300,000円 324,000円

PDF版はレポート本文をPDFファイルで収録しています。PDF/データ版はレポート本文と数表データをPDFとExcelファイルで収録しています。いずれもご注文を受けてからの製作となります。在庫終了後にセットを選ばれた場合の書籍版は簡易製本でのご提供となります。

PDF版およびPDF/データ版はネットワーク上での利用はできません。ネットワーク上での利用はネットワークパッケージ版の利用契約が別途必要です。

関連レポート