• 医薬品・メディカル

再生医療分野に於ける関節症治療の最新動向と将来展望

再生医療分野に於ける関節症治療の最新動向と将来展望
発刊日2019/06/28 141903733

従来、関節症治療ではヒアルロン酸や人工関節への置換手術などが実施されていましたが、近年、PRP療法や間葉系幹細胞を用いた再生医療の注目度が高まり、第二種再生医療等や第三種再生医療等を提供する医療機関が増加傾向にあります。そのため、本レポートでは、再生医療等提供計画を受理されている医療機関に対して、実施している再生医療の種類や自施設での細胞加工の有無、今後の治療方針の課題などについて調査し、PRP/APS療法などの市場規模や将来性などを分析しています。

目次

分析編
 1.再生医療を実施している関節症分野の疾患名  1
 2.関節症治療患者数  5
 3.関節症で使用している再生医療の種類  6
 4.治療用細胞の加工場所とその理由
  1)全体  10
  2)PRP/APS療法  11
  3)MSC  12
 5.将来的な細胞加工の外部委託の可能性とその理由  13
 6.関節症治療に於ける他の再生医療実施の可能性とその理由  14
 7.細胞加工時の採用品目/メーカーと選択理由  15
  1)PRPキット  16
  2)遠心分離機  17
  3)クリーンルーム  18
  4)安全キャビネット  19
  5)クリーンベンチ  20
  7)自動培養装置  21
  8)CO2インキュベータ  22
  9)細胞培養用培地/血清  23
 8.PRP療法、間葉系幹細胞を用いた治療の問題点
  1)全体  24
  2)PRP/APS実施医療機関  25
  3)MSCを用いた治療実施医療機関  26
 9.治療用細胞の保存の有無と採用品目/メーカー
  1)全体  27
  2)PRP/APS療法のみ実施している医療機関  28
  3)MSC/ADRC/自家細胞を用いた治療を実施している医療機関  29
 10.今後の治療方針  33
 11.再生医療とヒアルロン酸の併用状況  34
 12.再生医療提供計画申請時・更新時の課題・問題点  36
 13.関節症治療の再生医療市場規模推移  37

 調査票  38
すべて表示

提供利用形態

本体価格 税込価格 ネットワーク共有
PDF版 CD-ROM版 300,000円 330,000円
NG
  • PDF版はレポート本文をPDFファイルで収録しています。PDF/データ版はレポート本文と数表データをPDFとExcelファイルで収録しています。いずれもご注文を受けてからの製作となります。在庫終了後にセットを選ばれた場合の書籍版は簡易製本でのご提供となります。
  • PDF版およびPDF/データ版はネットワーク上での利用はできません。ネットワーク上での利用はネットワークパッケージ版の利用契約が別途必要です。