REPORTS調査レポート

    • 医薬品・メディカル

    デジタルセラピューティクスの市場浸透の実態と今後の市場展望

    デジタルセラピューティクスの市場浸透の実態と今後の市場展望
    発刊日2023/11/24 162308709

    CureAppの「ニコチン依存症治療アプリ(CureApp SC)」/「高血圧治療補助アプリ(CureApp HT)」及びサスメドの「不眠症アプリ」を調査対象としたドクター調査です。CureApp製品を採用する12名のドクターとサスメド製品を把握する3名のドクターへのヒアリング調査を実施しております。CureApp製品を採用する医師に対する調査では、「処方状況と製品の評価点・課題点」、「患者に処方していく上での院内でのアプリ/システム運用の方法」、「処方時に発生している問題」、「製品の認知から採用に至るまでの医師の行動の変遷(製品の情報収集行動、院内調整行動など)とメーカーの関与状況」を調査ポイントにおいております。サスメド製品を把握する医師に対する調査では、「検証的試験結果に対する評価」、「使用対象患者像と想定される処方割合」、「処方時の課題や患者が処方を拒否する理由の想定」、「アプリと薬剤の使い分けの方向性」、「妥当な患者負担割合への見解」を調査ポイントにおいております。上記調査ポイントの調査によって、CureApp製品は現状で成功している点と解決すべき課題点、サスメド製品は今後の浸透状況の予測を明確化致しました。

目次

Executive Summary	1
	
I.集計・総括編	4
	
<ニコチン依存症治療アプリ/高血圧治療補助アプリに対する調査パート>	5

【1.治療用アプリの使用状況に関する設問】	6
 1-1.現在担当中のニコチン依存症患者/高血圧症患者の総数	7
 1-2.治療用アプリの使用対象患者像と担当患者に占める患者像割合	7
 1-3.治療用アプリを提案した総患者数/処方した総患者数/現在使用している総患者数/使用を中止した総患者数	9
 1-4.現在担当中の患者において治療用アプリによる治療方法を医師が提案する前に把握していた患者割合	9
 1-5.治療用アプリを新規処方した患者特徴/再処方した患者特徴/処方を拒否された患者特徴/患者に処方を拒否された理由	10
 1-6.治療用アプリによる治療を処方期間途中で中止した患者の平均的な使用期間	13
 1-7.治療用アプリの使用を処方期間途中で中止した理由と処方期間途中で中止した患者の特徴	13
 1-8.患者に治療用アプリの使用を提案する際に説明している内容/説明を担当する医療従事者/提案した際の患者側の反応	16
 1-9.治療用アプリを処方し保険算定できなかったケースの有無と保険算定できなくなることを防ぐ対応策	19
 1-10.ニコチン依存症治療アプリと高血圧治療補助アプリで採用していないアプリがある場合の採用していない理由	20
	
【2.治療用アプリの評価に関する設問】	21
 2-1.有効性/操作性・機能性/処方プラットフォーム(APS:App Prescription Service)の満足度とその理由	22
 2-2.治療用アプリを使用することによる医師側と患者側のメリット・デメリット	27
 2-3.治療用アプリを処方した患者からのクレームの有無と内容/クレームがある場合の対処方法とメーカーのサポート状況および満足度	30
 2-4.想定されるピーク時の処方患者割合と処方患者数を増やすための施策	32
 2-5.高血圧治療補助アプリにおいて1度処方した後の使用継続率を高めるための医療機関側とメーカー側の施策	33
	
【3.治療用アプリの採用~処方までの経緯・状況に関する設問】	35
 3-1.治療用アプリを採用した時期と採用までに要した期間・プロセス/採用決定に関わった関係者/採用に至るまでに不便を感じた点や改善要望	36
 3-2.治療用アプリを採用するまでの意思決定における着眼点	38
 3-3.メーカーまたはメーカー以外(卸企業など)の製品説明内容/説明回数/説明タイミング/採用意欲に与えた影響度	43
 3-4.治療用アプリを採用した後にメーカーから提供されるサポート内容/頻度/サポートの成果	46
 3-5.治療用アプリを採用した後に発生したトラブルや感じている課題点・問題点	47
 3-6.治療用アプリの採用前後での製品やメーカーに対する印象のギャップ	48
 3-7.1処方あたりに得られる病院収益の満足度とその理由	49
 3-8.今後、治療用アプリの採用契約を解約する可能性とその理由	50
	
<不眠症アプリに対する調査パート>	51

【1.担当患者に関する設問】	52
 1-1.現在担当中の不眠症患者総数および直近3年間での患者数の増減傾向と年代別の患者割合	53
 1-2.現在担当中の不眠症患者のアテネ不眠尺度(AIS)別の患者割合	53
 1-3.現在担当中の不眠症患者の治療実施状況	54

【2.不眠症アプリに関する設問】	55
 2-1.検証的試験(SYK02試験)で示された有効性の程度に対する評価と理由	56
 2-2.不眠症アプリの使用対象患者像と担当患者に占める患者像割合	57
 2-3.不眠症アプリの処方意向とその理由/想定される処方患者割合	58
 2-4.不眠症アプリの処方時に生じると想定されるボトルネックと患者が処方を拒否する際の想定理由	59
 2-5.不眠症アプリの処方時に医師以外の職種の想定される役割・仕事内容	60
 2-6.不眠症に対する対面CBT-Iが保険適用された場合、対面CBT-Iを実施する患者の内で不眠症アプリを処方する想定患者割合	60
 2-7.不眠症アプリの想定される処方タイミング/中止タイミング/平均的な使用期間	61
 2-8.不眠症アプリの想定される新規患者と再診患者別での処方形態別の患者割合	62
 2-9.不眠症アプリを使用することによる医師側と患者側のメリット・デメリット	63
 2-10.医療機関・患者双方において妥当な患者負担金額に対する見解	64
 2-11.不眠症アプリの将来的なガイドライン上での位置付けに対する見解	64
 2-12.不眠症アプリを把握した経緯と採用検討する際に必要となる情報および採用フロー/採用検討時のボトルネック	65
 2-13.将来的に(不眠症アプリの認知が非専門医まで広まった段階)、不眠症患者全体における不眠症アプリの想定処方患者割合とその背景・理由	66
 2-14.不眠症アプリを活用した治療方法と親和性の高い医療機関種類とその理由/日本睡眠学会専門医資格の有無による不眠症アプリとの親和性の違いとその理由	66
 2-15.治療用アプリ全般に対する要望事項	69
	
II.個別施設事例編	71

【ニコチン依存症治療アプリ/高血圧治療補助アプリに対する調査パート】	72
 医療機関12事例		176

【不眠症アプリに対する調査パート】	177
 医療機関3事例

III.調査票
 1.調査票(ニコチン依存症治療アプリ/高血圧治療補助アプリ)	199
 2.調査票(不眠症アプリ)	206
すべて表示

レポートサマリー

提供利用形態

本体価格 税込価格 ネットワーク共有
書籍版 1,000,000円 1,100,000円 -
書籍版 PDF版 1,100,000円 1,210,000円
  • レポート本文をPDFファイルで提供します。ネットワーク共有はできません。