REPORTS調査レポート

    • ケミカル・マテリアル

    2024年 コンパウンド市場の展望とグローバルメーカー戦略 上巻

    2024年 コンパウンド市場の展望とグローバルメーカー戦略 上巻
    発刊日2023/12/04 162308808

    樹脂コンパウンド市場では、自動車用が回復基調となる中、xEV化に対応した新規高機能グレードの開発や、カーボンニュートラル対策としてリサイクル・バイオマス材の採用拡大などの動きが活発となっています。また、世界市場の動向にも従来の中国一辺倒から脱却し、インド・東南アジアが成長し始めるなど、新たなトレンドがみられます。このように近年の市場を取り巻く環境の変化は速く、変動要因も複雑化していることから、最新の市場動向を正確に把握することは益々重要となっています。そこで、本調査資料では、主要な樹脂コンパウンド製品とフィラー・添加剤を対象とし、国・地域や用途、グレード、企業、価格、研究開発、環境対策などの様々な観点で調査分析を行うことで、市場の全体像を把握できる内容としています。

調査対象

A.汎用樹脂コンパウンド(5品目)
 1.PPコンパウンド
 2.PEコンパウンド
 3.PVCコンパウンド
 4.PSコンパウンド
 5.ABS

B.汎用エンプラコンパウンド(7品目)
 1.PCコンパウンド
 2.m-PPE
 3.POMコンパウンド
 4.PA6コンパウンド
 5.PA66コンパウンド
 6.PBTコンパウンド
 7.GF-PET

C.スーパーエンプラコンパウンド(7品目)
 1.PPSコンパウンド
 2.LCPコンパウンド
 3.PA6Tコンパウンド
 4.PT9Tコンパウンド
 5.PEEKコンパウンド
 6.PTFEコンパウンド
 7.溶融フッ素樹脂コンパウンド

D.フィラー・添加剤(6品目)
 1.ガラス繊維
 2.炭素繊維
 3.セルロースファイバー
 4.臭素系難燃剤
 5.リン系難燃剤
 6.難燃助剤
すべて表示

調査項目

汎用樹脂コンパウンド、汎用エンプラコンパウンド、スーパーエンプラコンパウンド
 1. 製品概要
 2. 国・地域別市場動向
 3. 生産体制
 4. 分野・用途別販売動向
 5. グレード別販売動向
 6. メーカー別販売動向
 7. 価格動向
 8. 課題および新規開発動向
 9. 競合材料・技術動向
 10. 環境対策動向
 11. 業界構造

フィラー・添加剤
 1. 製品概要
 2. 国・地域別市場動向
 3. 生産体制
 4. 樹脂コンパウンド別販売動向
 5. 種類別販売動向
 6. メーカー別販売動向
 7. 価格動向
 8. 課題および新規開発動向
 9. 競合材料・技術動向
 10. 環境対策動向
 11. 業界構造
すべて表示

目次

[I]総括編			
 1.樹脂コンパウンド全体市場	3		
 2.樹脂コンパウンド別市場規模推移	4		
  1)汎用樹脂コンパウンド	4		
  2)汎用エンプラコンパウンド	6		
  3)スーパーエンプラコンパウンド	8		
  4)販売数量の年平均成長率と今後の注目・有望用途	10		
 3.樹脂コンパウンド別国・地域別市場	11		
  1)全体市場(2022年実績、販売数量ベース)	11		
  2)汎用樹脂コンパウンド(2022年実績、販売数量ベース)	12		
  3)汎用エンプラコンパウンド(2022年実績、販売数量ベース)	13		
  4)スーパーエンプラコンパウンド(2022年実績、販売数量ベース)	14		
 4.樹脂コンパウンド別分野・用途/グレード動向	15		
  1)分野・用途全体(2022年実績、販売数量ベース)	15		
  2)繊維強化グレードの分野・用途先(2022年実績、販売数量ベース)	16		
  3)難燃グレードの分野・用途先(2022年実績、販売数量ベース)	17		
  4)注目・有望用途	18		
  5)注目・有望グレード	19		
 5.樹脂コンパウンドの環境対応動向	21		
  1)樹脂コンパウンドの環境対応状況一覧(2023年Q4時点)	21		
  2)樹脂コンパウンド別環境対策動向	22		
 6.樹脂コンパウンドの販売金額、平均単価、成長率	28		
  1)樹脂コンパウンド全体	28		
  2)汎用樹脂コンパウンド	29		
  3)汎用エンプラコンパウンド	29		
  4)スーパーエンプラコンパウンド	30		
 7.樹脂コンパウンド用強化繊維の動向	31		
  1)市場規模推移(2021年実績~2027年予測)	31		
  2)樹脂コンパウンド別販売数量(2022年実績)	32		
  3)競合・代替状況	32		
  4)環境対策動向	33		
 8.樹脂コンパウンド用難燃剤の動向	34		
  1)市場規模推移(2021年実績~2027年予測)	34		
  2)樹脂コンパウンド別販売数量(2022年実績)	35		
  3)競合・代替状況	35		
  4)環境対策動向	36		
 9.世界の景気動向	37		
  1)実質GDP成長率見通し	37		
  2)過去20年の実質GDPの推移	37		
 10.最終製品の生産動向	38		
  1)自動車	38		
  2)スマートフォン	38		
  3)ノートPC	38		
  4)テレビ	39		
  5)複写機/複合機	39		
  6)家電	39		
			
[II]市場編			
 A.汎用樹脂コンパウンド			
  1.PPコンパウンド	45		
  2.PEコンパウンド	55		
  3.PVCコンパウンド	63		
  4.PSコンパウンド	72		
  5.ABS	80		
  			
 B.汎用エンプラコンパウンド			
  1.PCコンパウンド	93		
  2.m-PPE	104		
  3.POMコンパウンド	113		
  4.PA6コンパウンド	123		
  5.PA66コンパウンド	134		
  6.PBTコンパウンド	146		
  7.GF-PET	157		
			
 C.スーパーエンプラコンパウンド			
  1.PPSコンパウンド	167		
  2.LCPコンパウンド	177		
  3.PA6Tコンパウンド	185		
  4.PA9Tコンパウンド	194		
  5.PEEKコンパウンド	202		
  6.PTFEコンパウンド	209		
  7.溶融フッ素樹脂コンパウンド	217		
			
 D.フィラー・添加剤			
  1.ガラス繊維	223		
  2.炭素繊維	231		
  3.セルロースファイバー	240		
  4.臭素系難燃剤	248		
  5.リン系難燃剤	255		
  6.難燃助剤	263		
すべて表示

レポートサマリー

関連情報

提供利用形態

本体価格 税込価格 ネットワーク共有
書籍版 150,000円 165,000円 -
書籍版 PDF版 190,000円 209,000円
  • レポート本文と数表データをPDFファイルとExcelファイルで提供します。
    印刷およびネットワーク共有はできません。
300,000円 330,000円
  • レポート本文と数表データをPDFファイルとExcelファイルでダウンロード提供します。
    ダウンロードサービスをご利用いただくにはマイページ登録が必要です。
300,000円 330,000円
  • レポート本文データをPDFファイルで提供します。
    提供媒体はCD-ROMとなります。数表データのExcelファイルは含まれません。
ダウンロードサービス利用方法

オプション選択

本体価格 税込価格 ネットワーク共有
電子書籍 30,000円 33,000円 クラウド利用
  • 単体購入はできません。書籍版、PDF版、PDF+データ版、およびこれらセットのオプションになります。追加購入をご希望の場合は別途お問い合わせください。