REPORTS調査レポート

    • ケミカル・マテリアル
    • 環境・社会・インフラ

    2024年 循環型プラスチック・素材市場の新展望

    2024年 循環型プラスチック・素材市場の新展望
    発刊日2024/03/13 162309818

    循環型プラスチック・素材をマテリアルリサイクルプラスチック(MRプラスチック)、ケミカルリサイクルプラスチック(CRプラスチック)、バイオマスプラスチック、その他の4カテゴリーに区分して、21品目別に日本における市場規模と予測、分野・用途、企業・大学・研究機関動向、価格動向、課題などをまとめます。

調査対象

A.マテリアルリサイクルプラスチック(MRプラスチック)
 1.MR-PET
 2.MR-PP・PE
 3.MR-PS
 4.MR-PC
 5.MR-PA

B.ケミカルリサイクルプラスチック・ゴム(CRプラスチック・ゴム)
 1.CR-PET
 2.CR-PP・PE
 3.CR-PS
 4.CR-PA
 5.CR-PMMA
 6.CR-PC★
 7.CR合成ゴム★

C.バイオマスプラスチック・ゴム
 1.PLA(ポリ乳酸)
 2.バイオマスPET
 3.バイオマスPP
 4.バイオマスPE
 5.バイオマスPS★
 6.バイオマスPC★
 7.バイオマス合成ゴム★

D.循環型ナフサ
 1.CRナフサ(廃プラスチック・廃ゴム由来ナフサ)★
 2.バイオマスナフサ★

★: 新規品目
すべて表示

調査項目

Ⅳ. A編~D編の調査項目
 1.製品概要
  1)概要/定義
  2)特徴(長所/短所)
 2.主要な企業・大学・研究機関一覧(日本、海外)
 3.市場規模推移と予測(日本/2022年~2027年、2030年、2035年/販売数量・販売金額)
 4.分野・用途別動向
  1)分野別販売数量(日本/2023年実績、2024年予測)
  2)分野・用途一覧(日本、海外/想定用途を含む)
  3)企業別取り組み内容(日本、海外)
 5.企業・大学・研究機関動向
  1)主要企業別販売数量(日本/2023年実績、2024年予測)
  2)企業・大学・研究機関別取り組み内容(日本、海外)
 6.価格動向(日本/2023年Q4時点)
 7.問題・課題
  1)特性面
  2)事業展開面
すべて表示

目次

[I]総括編	  
 1.全体市場概況	  3
 2.カテゴリー別品目別全体市場規模推移と予測
    (日本/2022年~2027年、2030年、2035年)	  4
  1)全体市場	  4
  2)マテリアルリサイクルプラスチック(MRプラスチック)	  5
  3)ケミカルリサイクルプラスチック・ゴム(CRプラスチック・ゴム)	  6
  4)バイオマスプラスチック・ゴム	  7
  5)循環型ナフサ	  8
 3.日本政府の施策(戦略・ロードマップ)/法規制/主要な助成・委託事業	  10
  1)日本国内の注目すべき戦略・ロードマップ	  10
  (1)プラスチック資源循環戦略	  10
  (2)バイオプラスチック導入ロードマップ(導入への基本方針)	  10
  (3)マテリアル革新力強化戦略	  11
  2)日本国内の注目すべき法規制動向	  11
  (1)プラスチック資源循環促進法	  12
  (2)容器包装リサイクル法	  12
  (3)食品衛生法	  12
  (4)資源有効利用促進法	  12
  3)環境省における循環型プラスチック・素材関連の助成事業	  13
  (1)「脱炭素社会を支えるプラスチック等資源循環システム構築実証事業(委託事業)」
     の採択事業一覧	  13
  (2)「脱炭素社会を支えるプラスチック等資源循環システム構築実証事業(補助事業)」
     の採択事業一覧	  14
  4)経済産業省/NEDOにおける循環型プラスチック・素材関連の助成事業	  16
  (1)NEDO先導研究プログラム/エネルギー・環境新技術先導研究プログラム	  17
  (2)革新的プラスチック資源循環プロセス技術開発	  17
  (3)GI基金事業/CO2等を用いたプラスチック原料製造技術開発	  19
  (4)令和3年度補正「廃プラスチックの資源循環高度化事業」	  20
  (5)令和4年度第2次補正「資源自律に向けた資源循環システム強靱化実証事業」	  21
  (6)その他事業	  21
 4.海外の主要な施策/法規制	  23
  1)プラスチック汚染防止条約	  23
  2)バーゼル条約	  24
  3)EUプラスチック戦略	  24
  4)欧州グリーンディール	  24
  5)CEアクションプラン	  24
  6)エコデザイン規則案	  24
  7)ELV(廃車)規則案	  25
  8)国家リサイクル戦略	  25
  9)プラスチック汚染防止のための国家戦略草案	  25
  10)プラスチック汚染防止および包装の生産者責任に関する法案	  25
  11)プラスチック制限令	  26
  12)十四回五ヵ年計画 プラスチック汚染管理行動方案	  26
  13)廃プラスチック汚染制御技術規範	  26
  14)Single Use Plastic規制(各国・地域)	  26
 5.カテゴリー別の注目分野・用途	  27
  1)マテリアルリサイクルプラスチック(MRプラスチック)	  27
  2)ケミカルリサイクルプラスチック・ゴム(CRプラスチック・ゴム)	  28
  3)バイオマスプラスチック・ゴム	  29
  4)循環型ナフサ	  30
 6.カテゴリー別の主要な企業・大学・研究機関の取り組み
    (単独、協業、実証、コンソーシアム)	  31
  1)マテリアルリサイクルプラスチック(MRプラスチック)	  31
  (1)MR-PET	  31
  (2)MR-PP・PE	  32
  (3)MR-PS	  33
  (4)MR-PC	  33
  (5)MR-PA	  34
  2)ケミカルリサイクルプラスチック(CRプラスチック)	  34
  (1)CR-PET	  34
  (2)CR-PP・PE	  35
  (3)CR-PS	  35
  (4)CR-PA	  35
  (5)CR-PMMA	  36
  (6)CR-PC	  36
  3)バイオマスプラスチック	  36
  (1)PLA	  36
  (2)バイオマスPET	  37
  (3)バイオマスPP	  37
  (4)バイオマスPE	  38
 7.カテゴリー別の重要な問題・課題	  39
  1)マテリアルリサイクルプラスチック(MRプラスチック)	  39
  2)ケミカルリサイクルプラスチック・ゴム(CRプラスチック・ゴム)	  40
  3)バイオマスプラスチック・ゴム	  41
  4)循環型ナフサ	  41
 8.代表的な循環型プラスチック・素材のサプライチェーン	  42
  1)マテリアルリサイクルプラスチック(MRプラスチック)	  42
  2)ケミカルリサイクルプラスチック(CRプラスチック)	  42
  3)バイオマスプラスチック	  43
  4)CR合成ゴム/バイオマス合成ゴム	  43
  5)CRナフサ	  44
  6)バイオマスナフサ	  44
 9.代表的なCR技術の種類・概要と特徴(長所/短所)	  45
  1)CR技術の種類	  45
  2)CR技術の概要	  45
  3)CR技術の特徴(長所/短所)	  46
 10.マスバランス方式の動向	  47
  1)概要	  47
  2)マスバランス方式/第三者認証のメリット・デメリット	  47
  3)マスバランス方式の第三者認証の主な種類	  48
 11.ISCC PLUS認証取得一覧	  49
 12.トレーサビリティの動向	  51
  1)トレーサビリティの方向性	  51
  2)日本におけるトレーサビリティに対する取り組み	  51
  3)海外におけるトレーサビリティに対する取り組み	  56
 13.その他循環型プラスチック・素材の動向	  58
  	  
[II]品目編	  
 A.マテリアルリサイクルプラスチック(MRプラスチック)	  
  1.MR-PET(マテリアルリサイクルPET)	  65
  2.MR-PP・PE(マテリアルリサイクルPP・PE)	  80
  3.MR-PS(マテリアルリサイクルPS)	  98
  4.MR-PC(マテリアルリサイクルPC)	  105
  5.MR-PA(マテリアルリサイクルPA)	  112
  	  
 B.ケミカルリサイクルプラスチック・ゴム(CRプラスチック・ゴム)	  
  1.CR-PET(ケミカルリサイクルPET)	  121
  2.CR-PP・PE(ケミカルリサイクルPP・PE)	  136
  3.CR-PS(ケミカルリサイクルPS)	  146
  4.CR-PA(ケミカルリサイクルPA)	  158
  5.CR-PMMA(ケミカルリサイクルPMMA)	  167
  6.CR-PC(ケミカルリサイクルPC)	  175
  7.CR合成ゴム(ケミカルリサイクル合成ゴム)	  180
  	  
 C.バイオマスプラスチック・ゴム	  
  1.PLA(ポリ乳酸)	  191
  2.バイオマスPET	  200
  3.バイオマスPP	  209
  4.バイオマスPE	  217
  5.バイオマスPS	  226
  6.バイオマスPC	  231
  7.バイオマス合成ゴム	  236
  	  
 D.循環型ナフサ	  
  1.CRナフサ(廃プラスチック・廃ゴム由来ナフサ)	  245
  2.バイオマスナフサ	  259
すべて表示

レポートサマリー

関連情報

提供利用形態

本体価格 税込価格 ネットワーク共有
書籍版 190,000円 209,000円 -
書籍版 PDF版 220,000円 242,000円
  • レポート本文をPDFファイルで提供します。印刷およびネットワーク共有はできません。
書籍版 PDF版 240,000円 264,000円
  • レポート本文と数表データをPDFファイルとExcelファイルで提供します。
    印刷およびネットワーク共有はできません。
380,000円 418,000円
  • レポート本文と数表データをPDFファイルとExcelファイルでダウンロード提供します。
    ダウンロードサービスをご利用いただくにはマイページ登録が必要です。
380,000円 418,000円
  • レポート本文データをPDFファイルで提供します。
    提供媒体はCD-ROMとなります。数表データのExcelファイルは含まれません。
ダウンロードサービス利用方法

オプション選択

本体価格 税込価格 ネットワーク共有
電子書籍 30,000円 33,000円 クラウド利用
  • 単体購入はできません。書籍版、PDF版、PDF+データ版、およびこれらセットのオプションになります。追加購入をご希望の場合は別途お問い合わせください。