REPORTS調査レポート

    • フード・フードサービス
    • 化粧品・トイレタリー

    通販・e-コマースビジネスの実態と今後 2024

    通販・e-コマースビジネスの実態と今後 2024
    発刊日2024/03/27 162310823

    カタログ通販、テレビ通販、ラジオ通販、ECの形態別に通販市場を分析しています。Amazonをはじめとする5の仮想モールケーススタディ、食品・生鮮品、健康食品、化粧品、アパレルなど9つの商品カテゴリー別の市場も分析しています。2024年版では、新たに5つの市場分析を追加します。1.物販総市場を追加-食品や健康食品、化粧品、一般用医薬品等のカテゴリー全体の物販総市場を新たに追加し、カテゴリーそのものの市場規模・市場性を分析するとともにEC化率をレポートします。2.通販市場の中・長期予測を追加-コロナ禍を経て大きく成長した通販市場ですが、実店舗回帰等も進む中で今後の市場ポテンシャルや成長に向けた要因をレポートします。3.食品通販市場を深堀り-コロナ禍以降、食品通販市場が急成長しており、今後も有望市場と捉えられる食品通販市場内でのカテゴリーを細分化(清涼飲料/アルコール飲料/調味料/その他)するとともに温度帯別(常温/チルド/フローズン)の市場を新たにレポートします。4.仮想ショッピングモールの顧客・カテゴリーを比較分析-ECにおける最重要チャネルに位置付けられる仮想ショッピングモールの現状や戦略・顧客特性等を比較分析します。5.物流・決済市場を追加-通販に必要不可欠な物流・決済周りの市場動向を調査することで、通販との市場連動性や課題等をレポートします。

調査対象

A.仮想ショッピングモールのケーススタディ
 1.Amazon.co.jp
 2.楽天市場
 3.Yahoo!ショッピング
 4.Qoo10
 5.au Pay マーケット

B.カタログ・テレビ・ラジオ通販市場動向
 1.カタログ通販
 2.テレビ通販
 3.ラジオ通販

C.商品カテゴリー別市場動向
 1.食品・生鮮品
 2.健康食品
 3.化粧品
 4.医薬品(一般用医薬品)
 5.日用品・生活雑貨
 6.アパレル
 7.家電製品・パソコン
 8.書籍・ソフト
 9.家具・インテリア・寝具

D.注目市場動向
 1.ネットスーパー
 2.オンライン旅行

E.注目企業のケーススタディ
 1.SHEIN
 2.ファーマフーズ
 3.FLYMe
 4.食文化
 5.VOLX

F.主要企業のケーススタディ
 Ⅰ.総合カタログ通販企業
  1.ベルーナ
  2.スクロール
  3.千趣会
  4.ニッセンホールディングス
 II.総合テレビ通販企業
  1.ジュピターショップチャンネル
  2.QVCジャパン
  3.ジャパネットホールディングス
 III.流通系通販
  1.セブン&アイ・ホールディングス
  2.イオンリテール
  3.楽天西友ネットスーパー
  4.三越伊勢丹ホールディングス
  5.ヨドバシカメラ
  6.ビックカメラ
 IV.専門モール
  1.ZOZO
  2.クルーズ
すべて表示

提供利用形態

本体価格 税込価格 ネットワーク共有
書籍版 190,000円 209,000円 -
書籍版 PDF版 220,000円 242,000円
  • レポート本文をPDFファイルで提供します。印刷およびネットワーク共有はできません。
書籍版 PDF版 230,000円 253,000円
  • レポート本文と数表データをPDFファイルとExcelファイルで提供します。
    印刷およびネットワーク共有はできません。
380,000円 418,000円
  • レポート本文と数表データをPDFファイルとExcelファイルでダウンロード提供します。
    ダウンロードサービスをご利用いただくにはマイページ登録が必要です。
380,000円 418,000円
  • レポート本文データをPDFファイルで提供します。
    提供媒体はCD-ROMとなります。数表データのExcelファイルは含まれません。
ダウンロードサービス利用方法

オプション選択

本体価格 税込価格 ネットワーク共有
電子書籍 30,000円 33,000円 クラウド利用
  • 単体購入はできません。書籍版、PDF版、PDF+データ版、およびこれらセットのオプションになります。追加購入をご希望の場合は別途お問い合わせください。