REPORTS調査レポート

    • 自動車・輸送
    • 環境・社会・インフラ

    EV/PHEV High Power Chargingの最新トレンドと将来展望 2024

    EV/PHEV High Power Chargingの最新トレンドと将来展望 2024
    発刊日2024/01/24 162310911

    欧米では出力150kWを新規設置急速充電器の下限として推奨しており、大出力急速充電器による充電時間の短縮化と充電量の増大化で航続距離を確保する考えです。日本では出力100kW以上の急速充電器がようやく設置され始めています。商用車では、MCS(Megawatt Charging System)の規格標準化が進められています。当調査企画では、充電大出力化において充電器および関連部品の対応動向の最新トレンドと将来方向性を明らかにします。

調査対象

A.総括・集計編
 1.充電器・充電システムの大出力化の最新トレンド、今後の方向性 
 2.公共用急速充電器ストック市場に占める大出力機の設置実態と今後の方向性
 3.MCS(メガワット充電システム)の最新動向、今後の方向性
 4.EVバス・トラック向け大出力充電の実態、今後の方向性
 5.EV/PHEV車両の最新トレンド、今後の方向性
 6.EV/PHEVメーカーの大出力充電に対する取り組み・対応動向と今後の方向性 
 7.充電関連部品の大出力化対応トレンド、今後の方向性 
 8.充電関連部品の発熱対応・処理のトレンド、今後の方向性
 9.充電関連部品の素材チェンジのトレンド、今後の方向性
 10.充電器本体および充電関連部品におけるパワー半導体の適用動向と今後の方向性

B.充電関連部品市場編
 1.コネクタユニット(ケーブル/ガン)
 2.冷却システム   
 3.インレット       
 4.車載充電器     
 5.ジャンクションボックス/整流器
 6.コンタクタ/リレー      
 7.送電デバイス/受電デバイス  
 8.パワー半導体  
すべて表示

目次

A.総括・集計編	
 1.充電器・充電システムの大出力化の最新トレンド、今後の方向性 	1
 2.調査対象国における公共用急速充電器ストック市場に占める大出力機の設置実態と今後の方向性	4
 3.MCS(メガワット充電システム)の最新動向、今後の方向性	16
 4.EVバス・トラック向け大出力充電の実態、今後の方向性	17
 5.EV/PHEV車両の最新トレンド、今後の方向性	18
 6.EV/PHEVメーカーの大出力充電に対する取り組み・対応動向と今後の方向性 	21
 7.充電関連部品(車載側/充電器側)の大出力化対応トレンド、今後の方向性 	23
 8.充電関連部品(車載側/充電器側)の発熱対応・処理のトレンド、今後の方向性	24
 9.充電関連部品(車載側/充電器側)の素材チェンジのトレンド、今後の方向性	25
 10.充電器本体および充電関連部品(車載側/充電器側)におけるパワー半導体の適用動向と今後の方向性	26
	
B.充電関連部品市場編	
 1.コネクタユニット(ケーブル/ガン)	27
 2.冷却システム   	32
 3.インレット       	36
 4.車載充電器     	40
 5.ジャンクションボックス/整流器	45
 6.コンタクタ/リレー      	49
 7.送電デバイス/受電デバイス  	52
 8.パワー半導体  	56

 【共通調査項目】
  1.品目の定義・範囲
  2.市場規模推移・予測
  3.グローバル市場のメーカーシェア、有力プレイヤーの動向
  4.直近の市場投入製品および技術開発面のトレンド・方向性
  5.素材チェンジの可能性、検討状況、今後の方向性
  6.供給関係
  7.High Power Charging対応面の課題、今後の方向性
すべて表示

レポートサマリー

関連情報

提供利用形態

本体価格 税込価格 ネットワーク共有
PDF版 300,000円 330,000円
450,000円 495,000円
  • レポート本文データをPDFファイルで提供します。
    提供媒体はCD-ROMとなります。数表データのExcelファイルは含まれません。

オプション選択

本体価格 税込価格 ネットワーク共有
電子書籍 30,000円 33,000円 クラウド利用
  • 単体購入はできません。書籍版、PDF版、PDF+データ版、およびこれらセットのオプションになります。追加購入をご希望の場合は別途お問い合わせください。