REPORTS調査レポート

    • ケミカル・マテリアル
    • 自動車・輸送

    自動車用アンビエントライトの将来展望と高機能化動向

    自動車用アンビエントライトの将来展望と高機能化動向
    発刊日2023/12/22 162311918

    近年はLED照明の進化とともにアンビエントライト(間接照明)が高級車を中心に取り入れられています。特にEVの普及で車室内における先進性の訴求を目的に、車内全体を取り巻くようなアンビエントライトが増加したことで、昼夜において異なる内装デザインや、ラグジュアリーな雰囲気を醸成する意匠を表現でき、車内空間の高付加価値化に貢献しています。また、乗員の気分や走行モードに合わせた色の選択(手動/自動)や、ADAS・自動運転機能との連携といった機能性が搭載ないし研究開発されており、アンビエントライトの高機能化が進展しています。本調査企画では、自動車用アンビエントライトの製造販売企業やユーザー企業を調査対象とし、自動車用アンビエントライトの最新市場動向、課題、有望技術等を整理・分析し、その方向性を示しています。

目次

1.製品概要	 1
2.適用部位	 2
3.価格動向	 3
  1)RGB-LEDモジュール	 3
  2)アンビエントライト(導光管長さ300mm以上)	 4 
4.アンビエントライト全体市場概況	 5
5.アンビエントライト市場規模推移(2022年実績~2030年予測、日本/中国/欧州/米国/その他)	 6
  1)搭載車両台数ベース	 6 
  2)ライトユニットベース・販売数量	 7
  3)ライトユニットベース・販売金額	 8
6.企業別販売数量およびシェア(2022年実績、2023年見込)	 9
7.企業別販売動向、事業戦略	 10
8.カラーバリエーション別市場規模推移(2022年実績~2030年予測、世界/日本)	 12
  1)世界・搭載車両台数ベース	 12 
  2)日本・搭載車両台数ベース	 13
9.セグメント別市場規模推移(2022年実績~2030年予測、世界/日本)	 14
  1)世界・搭載車両台数ベース	 14 
  2)日本・搭載車両台数ベース	 15
10.高機能化事例	 16
   1)運転モード連携	 16
  2)音楽連携	 17
   3)ADAS連携	 18
  4)リラクゼーション機能連携	 19 
  5)コミュニケーション機能連携	 20 
11.高機能化の研究開発動向	 21
12.高機能化の今後の方向性	 23
  1)現状と今後の機能	 23 
  2)自家用車・商用車別	 24 
   3)今後の適用部位	 25
13.国・地域別の傾向とR&Dの方向性	 26
  1)明るさ(光度)	 26 
  (1)全体傾向	 26 
  (2)国・地域別	 27 
  2)機能	 28
  (1)全体傾向	 28 
  (2)国・地域別	 29 
  3)日系アンビエントライト関連メーカーの参入可能性	 30 
14.課題・問題点	 31
15.ユーザーの採用動向、ユーザーニーズ/サプライヤーへの要望	 32
  1)OEM別代表車種におけるアンビエントライトの採用動向	 32 
  2)ユーザーニーズ/サプライヤーへの要望	 37 
16.アンビエントライト用LEDの市場動向	 38
  1)LEDパッケージの概要	 38 
  2)LEDパッケージの価格動向	 39 
   3)LEDパッケージの市場規模推移(2022年実績~2030年予測、世界)	 40
すべて表示

レポートサマリー

関連情報

提供利用形態

本体価格 税込価格 ネットワーク共有
PDF版 300,000円 330,000円
450,000円 495,000円
  • レポート本文データをPDFファイルで提供します。
    提供媒体はCD-ROMとなります。数表データのExcelファイルは含まれません。

オプション選択

本体価格 税込価格 ネットワーク共有
電子書籍 30,000円 33,000円 クラウド利用
  • 単体購入はできません。書籍版、PDF版、PDF+データ版、およびこれらセットのオプションになります。追加購入をご希望の場合は別途お問い合わせください。