REPORTS調査レポート

    • ケミカル・マテリアル
    • 自動車・輸送

    2024年 次世代自動車の内外装における光演出・光透過のR&D戦略と将来展望

    2024年 次世代自動車の内外装における光演出・光透過のR&D戦略と将来展望
    発刊日2024/05/07 162312735

    車室内のエンターテインメント化や、EVの普及による先進性の向上を目的に、ステルススイッチの実用化や、内装をLED等で演出する光透過技術、ウィンドウディスプレイの開発が進展しています。また、外装においてもEVや自動運転がメインとなる時代を見据えた、新しいライティング技術が開発されています。例えば、完全自動運転車と道路利用者のコミュニケーションに用いる路面描画プロジェクションや、デザイン性とコミュニケーション機能を持たせたフロントグリルライティングが挙げられます。そこで本調査企画において、次世代自動車の内外装における光演出に関連する企業を調査対象とし、その最新市場動向、R&D動向、有望技術、競合動向、問題点・課題を整理・分析し、その方向性を示すことを目的としました。

調査対象

自動車
トヨタ自動車、日産自動車・三菱自動車工業、本田技研工業、スズキ、マツダ、SUBARU、ダイハツ工業、 Volkswagen、Mercedes-Benz、BMW、Audi、Volvo、Tesla、GM、Ford、Stellantis、Renault、BYD、上海汽車、第一汽車、東風汽車、長安汽車、NIO、Hyundaiなど

内装部品
トヨタ紡織、林テレンプ、豊田合成、河西工業、マレリ、ダイキョーニシカワ、しげる工業、水菱プラスチック、HOWA、イノアックコーポレーション、日本プラスト、南条装備工業、テイ・エス テック、豊田鉄工、日本プラスチックス・テクノロジーズ、Yanfeng Automotive Trim Systems、Faurecia、Adient、IAC、Grupo Autolin、Samvardhana Motherson、IACなど

HMI
アルプスアルパイン、デンソー、パナソニック オートモーティブシステムズ、東海理化、パイオニア、三菱電機、フォルシアクラリオン、双葉電子工業、ホシデン、信越ポリマー、積水ポリマテック、Bosch、Valeo、Continental、Harman International、Visteon、LG El、Hyundai MOBIS、DESAYなど

ランプ
Valeo/市光工業、小糸製作所、スタンレー電気、Hella、Marelli Automotive Lighting、Hyundai Mobis、Changzhou Xingyu Automotive Lighting Systems、Huayu Vision Technologyなど

LED
ams-OSRAM、日亜化学工業、スタンレー電気、Seoul Semiconductor、Lumileds、Samsung El.、ロームなど

印刷
大日本印刷、凸版印刷、NISSHA、ウェーブロック・アドバンスト・テクノロジー、龍田化学、LEONHARDKURZ、AkzoNobel Specialty Coatingsなど

表皮
セーレン、アキレス、オカモト、共和レザー、東レ、旭化成、クラレ、帝人コードレ、東洋紡エムシー、東洋クロス、小松マテーレ、Majilite、SPAC Spa、Vowalon Coating、 Industrie Riunite Spalmati Srl、E-Leather、Vulcaflex、Novartiplast Italia Spa、Moda Chromaなど

発泡体
イノアックコーポレーション、東レ、積水化学工業、JSP、旭化成、アキレス、カネカなど

その他
良触感樹脂メーカーなど
すべて表示

調査項目

総括編
 1. 光演出のロードマップ
 2. 光演出の定義
 3. 内装(コックピット含む)デザインの変化
 4. 光演出を用いた内装デザインの変化
 5. レベル4・レベル5の自動運転車がもたらす車内空間の変化
 6. 全体市場概況
 7. 歩車間/車車間コミュニケーションランプ(路面描画等)の市場分析
 8. XRの市場分析
 9. ホログラムの市場分析
 10. 光演出と先端映像表示技術の共存・競合動向、使い分け要因の分析
 11. レベル4・レベル5自動運転車における光演出の市場動向
 12. 世界の自動車生産台数の推移と予測
   1)国・地域別市場規模推移(2022年実績~2035年予測)
   2)自動運転レベル別市場規模推移(2022年実績~2035年予測)
   3)EV市場規模推移(2022年実績~2035年予測)

A.光透過市場編/B.光投影市場編~共通~
 1. 概要、構造例、適用部位・使用方法
 2. 価格動向
 3. レベル4・レベル5自動運転車向けの概要、適用部位・使用方法
 4. 市場規模推移(2022年実績~2035年予測)
   1)全体
   2)機能・タイプ別
   3)部位別
   4)自動運転レベル別(レベル4、レベル5対象)
 5. メーカー別事業動向・開発動向
 6. 国・地域別市場規模推移(2022年実績~2035年予測)
 7. 国・地域別の傾向とR&Dの方向性
 8. 課題・問題点
 9. 構成部材への要求特性
 10. OEMの開発動向・ニーズ

C.構成部材市場編
 C-1.光透過表皮
 C-2.光透過発泡体
 C-3.光源(LED、マイクロ・ミニLED、レーザー等)

  1. 概要、適用部位
  2. 価格動向
  3. 市場規模推移(2022年実績~2035年予測)
   1)全体
   2)タイプ別
  4. メーカー別事業動向・開発動向
  5. 国・地域別市場規模推移(2022年実績~2035年予測)
  6. 国・地域別の傾向とR&Dの方向性
  7. 課題・問題点
  8. ユーザー(OEM/Tier1)からの要求特性(透過率、耐久性、明るさ等)
すべて表示

提供利用形態

本体価格 税込価格 ネットワーク共有
書籍版 800,000円 880,000円 -
書籍版 PDF版 880,000円 968,000円
  • レポート本文をPDFファイルで提供します。ネットワーク共有はできません。