レポートをお探しの皆さまへ
レポートの共有をお考えの皆さまへ
  • ケミカル・マテリアル
  • 自動車・輸送

xEVをはじめとした自動車におけるプラスチック材料の難燃化動向に関する調査

xEVをはじめとした自動車におけるプラスチック材料の難燃化動向に関する調査
発刊日2020/12/24 172007706

自動車では軽量化のためプラスチックの採用が増えています。加えて、電装部品の増加や電動化により、自動車は家電化が進んでいます。家電製品ではプラスチックの難燃化は当たり前ですが、自動車で用いられるプラスチックは難燃化されていないのが現状です。そこで本調査レポートでは、今後プラスチック部品の増加、自動車の家電化が進む中で、自動車部品に採用されるプラスチックについても難燃化が進むのかどうかを探ります。さらに、xEVを中心に、プラスチックの難燃化が求められる部品、そこで用いられる樹脂の種類、その需要規模、また求められる難燃性のレベル、ノンハロ、ノンリンへの対応といったポイントを調査します。

目次

A総括編
 1. 自動車向け樹脂材料×難燃グレードの市場概況	2
 2. 部品別難燃グレード採用動向分析	3
  1) 自動車部品×樹脂(2020年見込・数量ベース)	3
  2) 自動車部品×難燃グレード樹脂(2020年見込・数量ベース)	3
  3) 部品別難燃グレード採用動向	4
 3. 樹脂品別難燃グレード採用動向分析	6
  1) 数量ベース	6
  2) 金額ベース	7
  3) 樹脂別難燃グレード採用動向	8
 4. 問題・課題点および開発動向	10
  1) 問題・課題点	10
  2) 開発動向	11
 5. 自動車生産台数推移(2018年実績~2025年予測)	13
  1) 国・地域別自動車生産台数および構成比	13
  2) 車種別生産台数および構成比(世界)	14

B樹脂編
 1. 汎用樹脂(PP、ABS、PVC)	16
 2. エンプラ(PC、PA6、PA66、PBT、m-PPE)	37
 3. スーパーエンプラ(PA6T、PA9T、PA46、SPS)	73
 4. 熱可塑性エラストマー(TPO、水添TPS、TPC、TPU)	105

C難燃剤編
 1. 難燃剤	110
すべて表示

提供利用形態

本体価格 税込価格 ネットワーク共有
書籍版 700,000円 770,000円 -
書籍版 PDF版 770,000円 847,000円
NG
  • PDF版はレポート本文をPDFファイルで収録しています。PDF/データ版はレポート本文と数表データをPDFとExcelファイルで収録しています。いずれもご注文を受けてからの製作となります。在庫終了後にセットを選ばれた場合の書籍版は簡易製本でのご提供となります。
  • PDF版およびPDF/データ版はネットワーク上での利用はできません。ネットワーク上での利用はネットワークパッケージ版の利用契約が別途必要です。