レポートをお探しの皆さまへ
レポートの共有をお考えの皆さまへ
  • ケミカル・マテリアル
  • 自動車・輸送

自動車外飾加飾における「フィルムvsインクジェット塗装」技術の最前線と市場ニーズ 2021

自動車外飾加飾における「フィルムvsインクジェット塗装」技術の最前線と市場ニーズ 2021
発刊日2021/03/22 172012730

自動車の外装加飾において、人気のツートンカラーへの顧客対応やCO2削減といった環境面への観点から、スプレー塗装工程の見直しがOEMにとって急務となっています。そのような中で、近年有力なスプレー塗装代替策として、「フィルム加飾」と「インクジェット塗装」技術に注目が集まっています。材料・装置・OEMの有力メーカーの中では、すでに新型モデルの車種をターゲットに水面下でR&D対策を推進しており、業界動向も様変わりし始めています。新たな技術開発により市場トレンドと、メーカーのポジショニングが急速に変化する中、本報告書では、材料・装置・OEMの観点から、その特徴やロードマップ、課題点、先行メーカー事例、OEM別の採用方針といったキーポイントを調査分析し、今後の自動車外装の加飾動向を把握できる内容としています。

目次

【I. 総括分析編 】
 1.自動車外装用加飾の全体動向	2
  1)全体トレンド一覧	2
  2)方式別のメリット・デメリット評価	3
 2. 外装用フィルム・インクジェット塗装の見通しと将来性	4
 3. 外装部位別の採用材料の競合関係、今後のシナリオ	5
  1) ルーフ	5
  2) ボンネット	6
  3) 側面ドアパネル、フェンダ	7
  4) フロントグリル、フロントパネル	8
  5) バンパー	9
  6) ピラーガーニッシュ	10
  7) エンブレム	11
  8) アウタードアハンドル	11
  9) ホイルキャップ、オーナメント	12
  10) ドアミラーハウジング	12
  11) その他	13
 4. 技術・ポイント別の比較分析	14
  1) 全体像の相対比較	14
  2) 環境性(VOC、CO2削減効果)について	14
  3) 低コスト化について	15
  4) デザイン、意匠性について	15
  5) 汎用性(適用部位の多さ)について	15
 5. 自動車メーカー別の採用の方向性と代替ニーズ、開発動向まとめ.	16
  1) 実績	16
  2) 将来	16
  3) 塗装代替ニーズ動向	17
 6. プライベート車(PUC)、MaaS車別の採用の方向性まとめ	18
  1) 実績	18
  2) 将来	18
  3) その他モビリティ向け新規ニーズ	19
 7. 開発・R&Dの状況まとめ	20
 8. 技術的課題点のまとめ	22
 9. 世界の関連法規制の動向	25
  1)日本	25
  2)中国	26
  3)米国	28
  4)欧州	29
 <参考:世界の「カーボンニュートラル」政策>	30

【II. 材料市場編 】
 1. 外装用手貼りフィルム	32
 2. 外装用インサートフィルム	42
 3. 外装用OMDフィルム	53
 4. 原着用樹脂(無塗装樹脂)	58
 5. スプレー塗料(中・上塗り塗料)	67
 6. スプレー塗料(プラスチック用塗料)	75
 7. インクジェット塗料	83

【III.技術動向編 】
 ・ インクジェット塗装システム.	87

【IV. ユーザーニーズ編 】
 1. トヨタ自動車	97
 2. 日産自動車	104
 3. 本田技研工業	109
 4. マツダ	113
 5. ダイハツ工業	118
 6. スズキ	121
すべて表示

提供利用形態

本体価格 税込価格 ネットワーク共有
書籍版 600,000円 660,000円 -
書籍版 PDF版 660,000円 726,000円
NG
  • PDF版はレポート本文をPDFファイルで収録しています。PDF/データ版はレポート本文と数表データをPDFとExcelファイルで収録しています。いずれもご注文を受けてからの製作となります。在庫終了後にセットを選ばれた場合の書籍版は簡易製本でのご提供となります。
  • PDF版およびPDF/データ版はネットワーク上での利用はできません。ネットワーク上での利用はネットワークパッケージ版の利用契約が別途必要です。