レポートをお探しの皆さまへ
レポートの共有をお考えの皆さまへ
  • ケミカル・マテリアル
  • 産業機器・制御機器

自動化/無人化で導入進展および人との協調/協働が進むロボットにおける樹脂材料の採用動向に関する調査

自動化/無人化で導入進展および人との協調/協働が進むロボットにおける樹脂材料の採用動向に関する調査
発刊日2021/07/06 172012732

近年、人件費高騰や人手不足を背景に産業用ロボットの導入が加速しているのに加え、接客や介護といったサービス業の現場にもロボットの導入が進んでいます。サービス用ロボットに人との協調、協働が求められるのはもちろん、産業用ロボットにも人協調、協働が求められています。人協調/協働ロボットに用いる素材は安全性確保といった観点から硬くて重い金属から柔らかくて軽い樹脂への切り替えが想定されます。ロボットの樹脂化は安全性に加え軽量化による省エネや高速化、可搬重量向上といったメリットももたらします。そこで、本調査レポートではロボットでの樹脂化は進むのか、どのようなロボットで進むのか、その需要規模はどの程度か、樹脂化での課題は何か、といったことを明らかにします。加えて人工筋肉や触覚センサーといった関連部材の動向もレポートします。

提供利用形態

本体価格 税込価格 ネットワーク共有
書籍版 800,000円 880,000円 -
書籍版 PDF版 880,000円 968,000円
NG
  • PDF版はレポート本文をPDFファイルで収録しています。PDF/データ版はレポート本文と数表データをPDFとExcelファイルで収録しています。いずれもご注文を受けてからの製作となります。在庫終了後にセットを選ばれた場合の書籍版は簡易製本でのご提供となります。
  • PDF版およびPDF/データ版はネットワーク上での利用はできません。ネットワーク上での利用はネットワークパッケージ版の利用契約が別途必要です。