レポートをお探しの皆さまへ
レポートの共有をお考えの皆さまへ
  • 自動車・輸送
  • ICTソリューション・サービス

車両遠隔診断(故障探知)サービスの実態とユーザーニーズ調査

車両遠隔診断(故障探知)サービスの実態とユーザーニーズ調査
発刊日2022/01/24 172109904

100年に1度と言われている変革期の最中にある自動車業界において、部品メーカーの中で部品の売り切りのみに依存した事業モデルから抜け出し、車両データの活用を新しい収益源につなげていく試みが行われています。例えば、冷凍庫付き車両の故障を遠隔で検知するサービスやバスの冷暖房機器の異常検知・予知サービス、整備工場を通じて部品の交換や点検を持ち主に提案するサービスが行われています。いずれのサービスもECUに組み込まれているセンサーの利用や、車載通信機の後付けなどが必要とされ、車載センシング技術や車載通信技術に強みを有する部品メーカーには自社の培った技術を活かせるサービスとして注目が集まっています。そこで、本調査において、サービス展開している企業の事業モデルの詳細とサービスユーザーの評価を明らかにすることで車両遠隔診断(故障検知)サービスの将来性を分析します。

目次

A.総括編	1
 1.車両遠隔診断サービスの概要	2
  1)調査対象範囲	2
  2)分類	3
  3)参入メーカー	4
  4)特徴	5
 2.車両遠隔診断サービス提供企業の事業動向まとめ	10
 3.車両遠隔診断サービスユーザー(法人)の見解まとめ	11
 4.法人向け車両遠隔診断サービスの市場規模推移(2019年実績~2025年予測、日本)	13
 5.車両遠隔診断サービスの課題	14
 6.採用されている車種と今後の需要が期待される車種(バス、冷凍車など)	16
 7.車両遠隔診断サービスによるビジネス機会の広がり	18
 8.車両遠隔診断サービスの将来性、有望度分析	19
  1)基盤技術・製品	19
  2)新規サービス・競合サービス	19
  3)車両遠隔診断サービスの市場性	20
  4)車両遠隔診断サービスのユーザー別採用見通し	20
B.企業事例編	22
 B-1.車両遠隔診断サービス提供企業	22
  1. GMOモビリティクラウド株式会社	23
  2.株式会社デンソー	26
  3.菱重コールドチェーン株式会社	30
  4.トヨタ自動車株式会社	33
  5.日野自動車株式会社	34
 B-2.車両遠隔診断サービスユーザー	36
  1.日通商事株式会社	37
  2.トナミホールディングス株式会社	39
  3.株式会社いりかど自動車	41
 B-3.車両遠隔診断サービス未利用企業	43
  1.SGモータース株式会社	44
  2.関東バス株式会社	46
  3.国際自動車株式会社	48
  4.株式会社日立オートサービス	50
  5.関東自動車整備株式会社	52
  6.トヨタモビリティパーツ株式会社	54
  7.株式会社ホンダカーズ東京	56
  8.大宝運輸株式会社	58
  9.有限会社竹末自動車整備工場	60
  10.サンケン自動車工業株式会社	6 
すべて表示

関連情報

提供利用形態

本体価格 税込価格 ネットワーク共有
PDF版 300,000円 330,000円
NG
ネットワークパッケージ版 450,000円 495,000円
OK

オプション選択

本体価格 税込価格 ネットワーク共有
電子書籍 30,000円 33,000円 クラウド利用
  • PDF版はレポート本文をPDFファイルで収録しています。PDF/データ版はレポート本文と数表データをPDFとExcelファイルで収録しています。いずれもご注文を受けてからの製作となります。在庫終了後にセットを選ばれた場合の書籍版は簡易製本でのご提供となります。
  • PDF版およびPDF/データ版はネットワーク上での利用はできません。ネットワーク上での利用はネットワークパッケージ版の利用契約が別途必要です。
  • 電子書籍は単体での購入はできません。書籍版、PDF版、PDF/データ版、およびこれらセットのオプションになります。追加購入をご希望の場合は別途お問い合わせください。