レポートをお探しの皆さまへ
レポートの共有をお考えの皆さまへ
  • ケミカル・マテリアル
  • 電子機器・電子部品

5G・高速通信における基地局・インフラ間伝送損失材料の徹底分析

5G・高速通信における基地局・インフラ間伝送損失材料の徹底分析
発刊日2021/03/26 832012720

大手通信事業者による5Gネットワーク、局所的なローカル5G・ADAS交通システムのシステム構築で用いられる基地局および各種アプリケーション用のアンテナ、通信用ケーブル、コネクターなどには、これまで以上の高速・大容量通信を実現するための低損失・低誘電特性が必要となります。本マルチクライアント特別調査企画では、今後の高速通信において設置環境や使用環境の違いなどで生じる採用デバイス・材料へのニーズ・方向性を明確化します。

目次

I. 総合分析編	1
 1. 5G基地局における伝送損失と採用材料概要	2
 2. 周波数まとめ	3
  1) 周波数帯別動向	3
  2) 各国のミリ波利用領域	4
 3. 基地局編成ユニット別市場・技術ロードマップ	5
  1) マクロセル用アンテナ	5
  2) スモールセル用アンテナ	6
  3) RRH・RU	7
  4) BBU・CU・DU	8
 4. 5Gエリア別導入動向	9
  1) 基地局設置台数予測(2019年~2030年予測)	9
  2) 主要地域別動向	10
 5. 6Gに向けた開発および注目次世代デバイス動向	12
  1) 定義・周波数	12
  2) 光導波路	14
  3) 導波管	16
  4) メタサーフェス	17
 6. 用途別ローカル5G事例	18
  1) 主要用途別構成	18
  2) ミリ波帯活用の用途別具体的構成	19
 7. 基地局ベンダーの動向	20
  1) 企業別販売規模推移および予測(2019年~2025年)	20
  2) 企業動向	21
 8. O-RAN・サプライチェーンのポイント	22
 9. 5G対応製品市場動向	24
  1) 基地局編成ユニット編(2019年~2030年・2035年)	24
  2) エッジ端末編(2019年~2030年・2035年)	25
  3) 注目デバイス編(2019年~2030年・2035年)	26
  4) 採用材料編(2019年~2030年・2035年)	28

II. 基地局編成ユニット編	29
 1. マクロセル用アンテナ	30
 2. スモールセル用アンテナ	46
 3. RRH・RU	60
 4. BBU・CU・DU	65

III. エッジ端末編	72
 1. スマートフォン	73
 2. CPE	75
 3. 自動車	77

IV. 注目デバイス編	79
 1. アンテナ基板用低誘電CCL	80
 2. 多層基板用低誘電CCL	84
 3. 透明アンテナ用導電性フィルム	89
 4. アンテナ素子用同軸コネクター	94
 5. アンテナ用高周波同軸ケーブル	99
 6. アンテナコネクター	103
 7. アンテナ用ハウジング	108
 8. AiP	113
 9. MIDアンテナ	118
 10. ルーフアンテナ	123
 11. ノイズ対策材料	128

V. 採用材料編	133
 A. 筐体・基材用樹脂材料	134
 B. フィルム基板用樹脂材料	140
 C. リジッド基板用樹脂材料	143
 D. その他樹脂材料	149
 E. 金属材料	152
すべて表示

提供利用形態

本体価格 税込価格 ネットワーク共有
書籍版 600,000円 660,000円 -
書籍版 PDF版 660,000円 726,000円
NG
  • PDFセットはレポート本文をPDFファイルで収録しています。集計セットはレポート本文と数表データをPDFとExcelファイルで収録しています。いずれもご注文を受けてからの製作となります。在庫終了後にセットを選ばれた場合の書籍版は簡易製本でのご提供となります。
  • PDFセットおよび集計セットはネットワーク上での利用はできません。ネットワーク上での利用はネットワークパッケージ版の利用契約が別途必要です。