レポートをお探しの皆さまへ
レポートの共有をお考えの皆さまへ
  • ケミカル・マテリアル
  • 環境・社会・インフラ

樹脂別マテリアルフロー/リサイクル原料調達の実現性徹底分析

樹脂別マテリアルフロー/リサイクル原料調達の実現性徹底分析
発刊日2022/07/14 832201725

日本国内において廃プラスチックの多くが焼却、埋立、焼却に伴う排熱利用が実施されているものの、サーキュラーエコノミーに転換するためには、これまで以上にマテリアルリサイクルやケミカルリサイクルを実施する必要性が高まっています。本マルチクライアント特別調査企画では、主な樹脂種別のマテリアルフローの把握、マテリアルリサイクル・ケミカルリサイクル技術の実態、市場の現状と今後の展望などを考察します。

目次

I. 総合分析編	1
 1. 調査結果概要	2
 2. バージン樹脂の動向	3
  1) バージン樹脂の用途別販売量(2021年)	3
  2) 用途別リサイクル動向・検討状況	4
 3. 再生樹脂の動向(マテリアルリサイクル・ケミカルリサイクル)	5
  1) 再生樹脂市場の展望	5
  2) 再生樹脂の用途一覧	6
  3) 樹脂別用途・原料調達元のトレンド	7
 4. 構造別排出動向	30
  1) 排出トレンド	30
  2) 樹脂別排出量一覧	31
 5. マテリアルフロー/自動車リサイクル/家電リサイクルの状況	32
  1) 全体プラスチックマテリアルフロー(2020年)	32
  2) マテリアルフローの構成要素(2020年)	33
  3) 自動車リサイクル	34
  4) 家電リサイクル	35
 6. 海外動向	36
  1) 欧州	36
  2) 米国	39

II. 集計・データ編	40
 1. 樹脂別再生樹脂市場規模推移および予測(2021年~2028年予測)	41
 2. 価格一覧	44
 3. ケミカルリサイクル・高度マテリアルリサイクルの実施・検討状況一覧	45
 4. 主要マテリアルリサイクル企業一覧	48

III. リサイクル企業別ケーススタディ	58
 1. アールプラスジャパン	59
 2. 協栄J&T環境	60
 3. 住友化学	62
 4. 積水化学工業	64
 5. 東洋スチレン	66
 6. 日揮ホールディングス	68
 7. ペットリファインテクノロジー	72
 8. 三井化学	74
 9. 三菱ケミカルグループ	76
 10. ユニチカ	78
 11. リファインバースグループ	80

IV. 樹脂別ケーススタディ	83
 1. PE	84
 2. PP	95
 3. PET	103
 4. PS	116
 5. ABS	124
 6. PA	131
 7. PMMA	140
 8. PC	147
 9. PVC	155
 10. PUフォーム	163
すべて表示

提供利用形態

本体価格 税込価格 ネットワーク共有
書籍版 800,000円 880,000円 -
書籍版 PDF版 880,000円 968,000円
NG
  • PDFセットはレポート本文をPDFファイルで収録しています。集計セットはレポート本文と数表データをPDFとExcelファイルで収録しています。いずれもご注文を受けてからの製作となります。在庫終了後にセットを選ばれた場合の書籍版は簡易製本でのご提供となります。
  • PDFセットおよび集計セットはネットワーク上での利用はできません。ネットワーク上での利用はネットワークパッケージ版の利用契約が別途必要です。