レポート紹介

2017 空中表示技術と構成部材市場の将来展望

レポートサムネイル

空中ディスプレイとVR、ARの有望用途探索およびその将来性を分析しています。また、そこに使用される主要デバイス、部材の市場動向も分析しています。

ケミカル・マテリアル

発刊日 2017/08/07

目次

【 総括編 】	1
 1.空中表示技術の概要	3
  1-1)分類と調査対象	3
  1-2)主要空中結像技術の概要	4
  1-3)VR/ARの概要	5
 2.空中表示技術の市場概況	8
  2-1)空中ディスプレイの世界市場規模推移(2016年実績〜2022年予測、2025年予測)	8
  2-2)空中ディスプレイの用途別日本市場規模推移(2016年実績〜2022年予測、2025年予測)	9
  2-3)VR/ARの世界市場規模推移(2016年実績〜2022年予測、2025年予測)	11
  2-4)VR/ARの用途別日本市場規模推移(2016年実績〜2022年予測、2025年予測)	12
 3.VR/AR接続機器の市場動向	14
  3-1)VR接続機器の市場概況(2016年実績〜2022年予測、2025年予測)	14
  3-2)AR接続機器の市場概況(2016年実績〜2022年予測、2025年予測)	14
 4.空中ディスプレイ及び主要部材の比較	15
  4-1)空中ディスプレイ市場比較(2016年実績〜2022年予測、2025年予測)	15
  4-2)空中結像用部材におけるガラス/フィルムの採用状況	16
  4-3)ガラス/フィルムの採用理由	16
  4-4)空中ディスプレイの課題・問題点	17

【A.用途市場編】	21
 1.アミューズメント・レジャー	23
 2.ホビー・ゲーム	30
 3.医療・介護・ヘルスケア	36
 4.自動車	42
 5.旅行	49
 6.金融	55
 7.ハウス・家電	60
 8.小売・eコマース	66
 9.企業・製造	73
 10.建設・不動産	79
 11.教育	85
 12.ライブイベント・TV	91
 13.交通機関	96
 14.外食店舗	99
 15.宿泊施設	103
 16.公共施設	108
 17.防災	113

【B.空中表示技術市場編】	117
 1.AIプレート技術	119
 2.再帰反射シート技術	126
 3.DCRA技術	132
 4.アイリス面型空中結像ディスプレイ	137
 5.ホログラム技術	139
 6.ライトフィールドディスプレイ	144
 7.プラズマ発光技術	150
 8.VR	154
 9.AR	161

【C.デバイス・部材市場編】	167
 1.AIプレート	169
 2.再帰反射シート	178
 3.DCRA	188
 4.位相差フィルム(pAIRR用)	196
 5.ビームスプリッター	202
 6.透明光学樹脂(空中ディスプレイ用)	209
 7.ガラス材(AIプレート用)	213
 8.LCD	216
 9.OLED	223
 10.マイクロディスプレイ	230
 11.光学レンズ樹脂	237
 12.カラーフィルター	244
 13.触覚デバイス	250
 14.ジェスチャーインターフェイス	257

関連情報

空中表示技術(空中ディスプレイ)と主要構成部材の市場を調査

(商品形態) (本体価格) (税込価格)
書籍版 200,000円 216,000円
PDF/データ版 210,000円 226,800円
書籍版・PDF/データ版セット 230,000円 248,400円
ネットワークパッケージ版 400,000円 432,000円

PDF版はレポート本文をPDFファイルで収録しています。PDF/データ版はレポート本文と数表データをPDFとExcelファイルで収録しています。いずれもご注文を受けてからの製作となります。在庫終了後にセットを選ばれた場合の書籍版は簡易製本でのご提供となります。

PDF版およびPDF/データ版はネットワーク上での利用はできません。ネットワーク上での利用はネットワークパッケージ版の利用契約が別途必要です。

関連レポート