レポート紹介

2018-2019 医療用医薬品データブック No.2 中枢神経・疼痛・多発性硬化症・ヒト成長ホルモン・診断薬編

レポートサムネイル

日本の医療用医薬品市場を薬効領域別に2018年〜2019年にかけて6分冊で分析するレポートです。2018年はNo.1、No.2、No.3の発刊です。医療用医薬品の直近の売上と予測、企業シェア、患者数などの疫学データ、ガイドライン、政策動向を踏まえ、2009年〜2026年までの全体市場を予測しています。今回版は顧客からの声を受け、薬効領域を組み換えて親和性のある領域でまとめました。また、NDBデータによる分析として、疾患領域の剤形別売上、処方回数上位製品、性別年齢別処方動向、特定健診状況を掲載し、体系的にまとめて使いやすい資料を目指しました。No.2では、中枢神経領域、疼痛領域、多発性硬化症、ヒト成長ホルモン、体内診断薬をまとめています。

医薬品・メディカル

発刊日 2018/10/11

目次

対象領域の市場規模推移	1
 1.市場規模推移	3
 2.分類別市場規模推移	5
 3.薬効領域別メーカーシェア(2017年実績)	7
 4.薬効領域別ブランドシェア(2017年実績)	8
 5.剤形別市場	9
 6.今後の市場予測	11
 7.患者数の動向	12
 8.開発品の動向	14

1.中枢神経領域	15
 1)抗うつ剤(PTSD、社会不安障害含む)	21
 2)双極性障害治療剤	35
 3)抗不安剤	45
 4)睡眠障害治療剤	55
 5)統合失調症治療剤	66
 6)抗てんかん剤	81
 7)抗パーキンソン病剤・レストレスレッグス症候群治療剤	95
 8)ADHD治療剤	110
 9)認知症治療剤	117
 10)アルコール依存症治療剤	130
 11)神経変性疾患治療剤、その他中枢神経疾患治療剤	140
2.疼痛治療剤	149
 1)NSAIDs・解熱鎮痛剤	154
 2)慢性疼痛治療剤	169
 3)ステロイド系消炎鎮痛剤	181
 4)外用消炎鎮痛剤	191
 5)麻酔用剤・筋弛緩剤・回復剤	203
 6)片頭痛治療剤	220
3.多発性硬化症治療剤	229
4.ヒト成長ホルモン	241
5.体内診断薬、MRI、CT	251

関連情報

医療用医薬品 国内市場調査(3) 爪白癬治療剤、脱毛症・睫毛貧毛症治療剤、関節リウマチ治療剤など皮膚科領域、整形外科領域の治療剤市場を調査

医療用医薬品 国内市場調査(2) ADHD、抗うつ、アルコール依存症、認知症など中枢神経領域の治療剤市場を調査

医療用医薬品 国内市場調査(1) 糖尿病、高血圧症、痛風・高尿酸血症、脂質異常症、肥満など生活習慣病領域の治療剤市場を調査

(商品形態) (本体価格) (税込価格)
書籍版 180,000円 194,400円
PDF/データ版 190,000円 205,200円
書籍版・PDF/データ版セット 210,000円 226,800円
ネットワークパッケージ版 360,000円 388,800円

PDF版はレポート本文をPDFファイルで収録しています。PDF/データ版はレポート本文と数表データをPDFとExcelファイルで収録しています。いずれもご注文を受けてからの製作となります。在庫終了後にセットを選ばれた場合の書籍版は簡易製本でのご提供となります。

PDF版およびPDF/データ版はネットワーク上での利用はできません。ネットワーク上での利用はネットワークパッケージ版の利用契約が別途必要です。

関連レポート