レポート紹介

2019年版 水素燃料関連市場の将来展望

レポートサムネイル

水素のエネルギー利用は、自動車用燃料を起点とするべく、水素ステーションの普及が進んでいます。燃料電池車の量産に先立って建設が進められています。現在は経済的自立が困難な状況ですが、建設件数が増えたことで、高いとされている水素ステーションの建設コストが下がると期待され、今後の普及拡大を加速することが必要です。水素エネルギー技術は、水素製造、水素輸送、水素貯蔵、水素利用の各領域で積極的に進められ、2050年のCO2排出80%減を視野に入れた再エネ大量導入に向けても、必須の技術になっています。今後は温暖化対策として水素利用を促進する制度設計も必要になるとみられます。2019年版では最新の業界動向を網羅するとともに、今後の市場見通しをレポートします。

エネルギー

発刊日 2019/04/26

目次

I.総括・集計編 1
 1.水素燃料関連市場の全体像 3
  1)水素燃料関連市場の見通し(国内市場) 3
  2)2030年水素利用拡大のための4つのルールと水素の非化石価値 3
  3)水素燃料関連市場の普及ロードマップ 5
 2.水素ステーション市場の長期見通し 7
  1)水素ステーション市場規模推移(フロー) 7
  2)水素ステーション年間供給能力/車両数からみた水素需要量推移 7
  3)商用水素ステーション普及ロードマップ 8
  4)小型水素ステーション普及ロードマップ 9
 3.水素ステーションタイプ別分析 10
  1)事業区分別新設件数推移・予測 10
  2)流量別新設件数推移・予測 10
  3)タイプ別新設件数推移・予測 11
  4)充填方式別新設件数推移・予測 11
  5)水素ステーションタイプ別詳細分析 12
  6)水素年間供給能力 15
 4.タイプ別水素ステーションコスト分析 16
  1)タイプ別設置コスト(主要機器+エンジニアリング+その他周辺機器) 16
  2)水素ステーション主要機器コスト(1件当たり) 17
  3)水素ステーションエンジニアリングコスト+その他周辺機器コスト(1件当たり) 18
  4)タイプ別水素ステーションコスト分析 21
  5)機器別コスト見通し一覧 23
 5.水素燃料アプリケーション市場規模推移・予測 23
  1)フロー(国内販売数量) 23
  2)ストック(国内販売数量) 23
  3)水素需要動向 23
 6.水素ステーション運営の現状と課題 24
  1)水素ステーション運営の現状 24
  2)水素ステーションの建設・運営コストの見通し 25
  3)自立運営実現の見通し 25
 7.水素ステーション関連主要機器市場規模推移・予測 27
  1)数量 27
  2)金額 27
  3)単価 28
 8.調査対象品目市場規模推移・予測一覧 29
 9.水素ステーション整備一覧 31
  1)燃料電池自動車用水素供給設備設置補助事業 31
  2)地域再エネ水素ステーション導入事業 34
  3)その他導入事例(実証用/事業者設置) 35
 10.参入企業一覧 36

II.水素燃料普及政策編 41
 1.「水素基本戦略」および「水素・燃料電池戦略ロードマップ」概要 43
 2. 水素・燃料電池関連予算動向 44
  1)経済産業省 44
  2)環境省 45
  3)国土交通省 46
  4)内閣府 46
 3.水素利用・普及に関する注目プロジェクト動向 47
  1)新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO)関連プロジェクト 47
  2)国土交通省関連プロジェクト 49
  3)環境省関連プロジェクト 50
 4.水素・燃料電池普及に取り組む自治体動向 52
 5.水素燃料・水素ステーション関連規制見直し動向 60
  1)水素関連規制の概要とこれまでの取り組み 61
  2)燃料電池自動車・水素ステーション普及開始に向けた規制の再点検に
    係る工程の進捗状況(2010年) 61
  3)規制改革実施計画(2013年) 63
  4)規制改革実施計画(2015年) 66
  5)規制改革実施計画(2017年) 68

III.海外水素・燃料電池関連動向編 75
 1.海外水素インフラ整備の動向 77
 2.再エネ水素(CO2フリー水素)の利活用、P2G、水素発電に対する取り組み 83
 3.海外水素関連企業動向 87

IV.個別市場編 95
 1.水素燃料 97
 2.商用水素ステーション 103
 3.小型水素ステーション 119
 4.緊急用水素供給設備 127
 5.水素コンプレッサ 130
 6.蓄圧器 139
 7.液化水素貯槽 149
 8.水素ディスペンサ 152
 9.水素ステーション用水素センサ 158
 10.水素バルブ 163
 11.オンサイト水素発生装置 169
 12.車載用高圧容器 175
 13.車載用水素センサ 181
 14.R水素・P2Gシステム 185
 15.水素発生装置(再エネ) 196
 16.大規模水素輸送 203
 17.水素発電(ガスタービン) 211
 18.FC水素発電 221
 19.アンモニア発電 225
 20.次世代水素キャリア 228
 21.次世代水素製造 232
(商品形態) (本体価格) (税込価格)
書籍版 140,000円 151,200円
PDF版 140,000円 151,200円
書籍版・PDF版セット 160,000円 172,800円
ネットワークパッケージ版 280,000円 302,400円

PDF版はレポート本文をPDFファイルで収録しています。PDF/データ版はレポート本文と数表データをPDFとExcelファイルで収録しています。いずれもご注文を受けてからの製作となります。在庫終了後にセットを選ばれた場合の書籍版は簡易製本でのご提供となります。

PDF版およびPDF/データ版はネットワーク上での利用はできません。ネットワーク上での利用はネットワークパッケージ版の利用契約が別途必要です。

関連レポート