株式会社 富士経済
当社はフィールドリサーチを基本とし、市場調査、競合企業調査、ユーザー調査、消費者調査などを通じてクライアントのニーズに適したマーケティングレポートをご提供します。
[トップページ]
[事業紹介]
[レポート紹介]
化粧品・トイレタリー
メディカル・ゲノム
電子部品・電子機器
エネルギー
その他
[マーケット情報]
[企業概要]
[採用情報]
[ENGLISH]

 

国内のジェネリック医薬品市場を薬効領域別に調査 2014/03/28
白物家電など家電製品32品目の世界市場を調査 2014/03/19
訴求効能別、注目成分別、コンセプト別など 国内H・Bフーズ市場を総括分析 2014/03/17
二次電池、一次電池の世界市場を調査 2014/02/25
PPP事業O&M 先行企業40社の事業戦略を調査 2014/02/17
特殊粘接着・封止材の世界市場を調査 2014/02/14
国内の医薬部外品市場を調査 2014/02/13
日本企業の活躍が期待される航空宇宙ビジネスの世界市場を調査 2014/02/03
注目のメカトロニクスパーツの市場を調査 2014/01/31
健康・美容食品(H・Bフーズ)の国内市場を調査 2014/01/29

「一般用医薬品データブック 2014 No.2」
一般用医薬品を薬効別に分類し、市場動向を調査・分析しています。品目編のNo.2では感冒関連用薬、花粉症関連薬、胃腸・消化器官用薬、生活習慣病関連薬、オーラルケア関連、目薬、漢方薬など8カテゴリー35品目を対象に、市場規模推移、市場占有状況、リスク分類別動向、スイッチOTCの動向などについてまとめております。2014年版では、中性脂肪値改善薬(大正製薬「エパデールT」など)を新たに調査対象に加えています。
「2014 ワールドワイドロボット市場の現状と将来展望」
製造業向けロボットでは、中国を始めとするアジアに於けるロボットメーカーの事業展開動向、国内の高度な自動化対応の方向性、国内SIerの事業展開とロボットメーカーの育成動向を取りまとめることで現状把握と将来予測を行います。非製造業向けでは顕在化市場の定量分析、将来予測を行うと共に、主要メーカーのビジネスフェーズに向けた取り組み、ロボットを広義に捕らえたRT機器の市場動向にフォーカスし取りまとめを行います。
「2014年 ペット関連市場マーケティング総覧」
ペットフード、ケア用品&生活用品市場の最新動向の把握を行うと共に、各市場における販売チャネル動向や、生体市場についても明確化を行います。今回の調査ではペットを連れて車で外出するペットオーナーの動向や、カー用品、脱臭機などの市場も新たに追加しています。また、毎年実施している10,000名を対象としたインターネット調査では、消費者の癒しに対する意識やペットのヘアケアの実態、ウエットフードや猫用スナック、排泄関連用品の利用実態などの把握も行っています。
「業務用食品マーケティング便覧 2014 No.1」
ユーザー業態別販売動向、季節需要・催事需要、今後の方向性を分析し記載しております。No.1は、調味料、調味食品、トマト加工品、スープの4カテゴリーが記載されています。
「2014年 食品マーケティング便覧 総市場分析編」
2013年の食品業界市場動向、食品リーディング企業・グループの事業戦略分析、2013年の食品関連企業の海外事業展開状況、2013年の注目トピック、2013年の市場環境分析、2013年のプロモーション活動、2013年のクローズアップ市場、2014年に向けてコスト関連での外的要因の変化が及ぼす加工食品市場への影響と展望などを分析しています。

当社はプライバシーマークを取得しています。収集した個人情報の取り扱いについては個人情報のお取り扱いについてをご覧ください。
当サイトはSSLによる暗号化と合同会社シマンテック・ウェブサイトセキュリティ(旧 日本ベリサイン株式会社)によるセキュア・サーバ認証により高い安全性を確保しております。入力情報はSSL暗号化通信により保護されます。  
 
(C)2005 Fuji-Keizai.All right reserved
プライバシーポリシー お問い合わせ 株式会社 富士経済 レポートご購入方法