株式会社 富士経済
当社はフィールドリサーチを基本とし、市場調査、競合企業調査、ユーザー調査、消費者調査などを通じてクライアントのニーズに適したマーケティングレポートをご提供します。
[トップページ]
[事業紹介]
[レポート紹介]
化粧品・トイレタリー
メディカル・ゲノム
電子部品・電子機器
エネルギー
その他
[マーケット情報]
[企業概要]
[採用情報]
[ENGLISH]

 
お知らせ
富士経済グループ採用サイトを開設しました  
    新卒者採用および経験者採用に関する情報は富士経済グループ採用サイトをご覧ください  

高齢者向け食品・宅配・施設給食の市場を調査 2015/06/12
住宅設備・建材の国内市場を調査 2015/06/11
光学/透明部品・材料の世界市場を調査 2015/06/10
断熱材、遮熱材、蓄熱材の国内市場を調査 2015/06/04
27分野401品目の加工食品の国内市場 2014年の加工食品市場を総括・分析 2015/05/27
製造・非製造業向けロボットの世界市場を調査 2015/05/26
一般用医薬品の国内市場を調査 2015/05/26
清涼飲料の国内市場を調査 2015/05/21
タッチパネルの世界市場を調査 2015/05/20
国内のジェネリック医薬品市場を調査 2015/05/18

「FIT・再生可能エネルギー発電関連システム・サービス市場/参入企業実態調査 2015」
2012年7月より開始されたFIT(固定価格買取制度)により、太陽光発電システムを中心とした再生可能エネルギー発電の導入量が大幅に拡大しています。一方、太陽光発電システムに偏重した制度設計や買取価格の設定による様々な問題点も顕在化しており、2015年からはFIT制度の運用が大幅に変更されています。買取価格の低下や新たな出力抑制ルールの適用などにより、市場トレンドが大きく変化することが予想されます。一方、太陽光発電以外のシステムへの投資意欲や、FIT制度の変化に即した新たな関連機器/サービス市場の拡大も期待されます。本レポートでは激変するFIT関連の再生可能エネルギー発電市場に特化し、サービス事業者/機器メーカー/システムインテグレータなど、関連プレイヤーを広範に調査することで市場の全体像と将来動向を明らかにします。

「2015 電池関連市場実態総調査 上巻」
一次電池・二次電池の最新の市場予測に加え、車載用、電力貯蔵・UPS・基地局用の大型リチウムイオン二次電池市場に注目し、大型電池については韓国・中国電池メーカーへ例年より綿密に情報収集し、市場動向を整理します。前年版では「中巻」に掲載していたリチウムイオン二次電池応用製品の市場動向、リチウムイオン二次電池制御用部品市場動向も「上巻」に掲載します。リチウムイオン二次電池応用製品市場は特に車載用やエネルギー貯蔵分野の動向の収集に力を入れています。
「メディカルエンジニアリング関連市場の最新動向と将来展望 2015」
iPS細胞を中心とした細胞培養研究が活発化する中、再生医療分野よりも現状の市場規模が大きい創薬スクリーニングを始めとした医薬品分野へ注力する企業もあります。製薬系企業では一回当たりの消耗品等の発注量が大学や研究機関よりも多いため、細胞培養技術の応用が進めばアカデミアよりも市場性が高いと考えられています。当レポートでは医薬品製造装置に留まらず、各種検査装置や製造関連システム、応用分野の動向等も分析しています。
「2015年 半導体材料市場の現状と将来展望」
半導体デバイスの製造に不可欠な前工程材料、後工程材料を取り上げて現状の分析及び将来予測を行っています。また、次世代リソグラフィ技術やナノインプリント技術、3次元実装技術において用いられる材料に焦点を当てレポートしています。
「注目食品流通チャネルトレンドデータブック 2015」
食品流通業は今激変の時代を迎えており小売企業の再編が進んでいます。巨大化する流通チェーンとそれに対抗する地域密着型の流通チェーンへと構図が変化しており、量販店、CVSを中心とした食品流通業は、C&Cやドラッグストア、さらにはインターネットと広がり、消費者の買い場は多様化しています。細かなサービスや品揃えによって好調を維持している地域密着型の流通企業もあるなど、エリア別の取り組み戦略が重要になっています。本レポートでは、チャネルとカテゴリーの2本軸で食品流通チャネルのトレンドを分析しております。また、2020年までの業態別の将来予測も行っています。さらに、小売チャネルでは、エリア別の店舗シェアを分析しており、チャネル分析、カテゴリー分析、エリア分析を1冊に収載しています。

当社はプライバシーマークを取得しています。収集した個人情報の取り扱いについては個人情報のお取り扱いについてをご覧ください。
当サイトはSSLによる暗号化と合同会社シマンテック・ウェブサイトセキュリティ(旧 日本ベリサイン株式会社)によるセキュア・サーバ認証により高い安全性を確保しております。入力情報はSSL暗号化通信により保護されます。  
 
(C)2005 Fuji-Keizai.All right reserved
プライバシーポリシー お問い合わせ 株式会社 富士経済 レポートご購入方法