株式会社 富士経済
当社はフィールドリサーチを基本とし、市場調査、競合企業調査、ユーザー調査、消費者調査などを通じてクライアントのニーズに適したマーケティングレポートをご提供します。
[トップページ]
[事業紹介]
[レポート紹介]
化粧品・トイレタリー
メディカル・ゲノム
電子部品・電子機器
エネルギー
その他
[マーケット情報]
[企業概要]
[採用情報]
[ENGLISH]

 
お知らせ
富士経済グループ採用サイトを開設しました  
    新卒者採用および経験者採用に関する情報は富士経済グループ採用サイトをご覧ください  

国内の農業加工・流通・販売関連機器/システムを調査 2015/03/27
バイオマス利活用市場を調査 2015/03/26
農産・畜産・水産加工品や乳油製品70品目の市場を分析 2015/03/23
大型二次電池の世界市場を調査 2015/03/19
ICTを活用した次世代型製造現場対応FA機器・システムの世界市場を調査 2015/03/17
農業関連システム・機器・資材の国内市場を調査 2015/03/16
調味料・調味食品など73品目の加工食品市場を分析 2015/03/09
有望食材・加工食品の中国国内市場を調査 2015/03/06
熱可塑性エラストマー、合成ゴム・天然ゴムの世界市場を調査 2015/03/03
国内の美容家電・化粧雑貨市場を調査 2015/02/27

「2015 ワールドワイドロボット市場の現状と将来展望」
産業用ロボット、半導体・電子部品実装ロボット、非製造業向けロボットのWorld Wide市場動向の把握とともに、日欧系メーカーが市場優位性を誇る各種ロボット向けの注目構成部材市場の動向を調査・分析し、将来を予測しました。また、各種ロボット市場における注目キーワード、課題・問題点を明らかにし、将来市場を展望しました。
「2015年版 住設建材マーケティング便覧」
住設建材市場においては、省エネ基準の義務化やゼロエネルギー住宅の普及促進、高齢者向け住宅・施設の新設数増加、中古住宅流通・リフォーム市場の活性化に向けた動きなどを背景に、今後は従来以上に機能性を重視した高付加価値商品のニーズが高まることが予想されます。2015年版では、主要住設建材48品目の市場概況を取り上げるとともに、大手住宅メーカーによる住宅開発コンセプト、求められる商品像を明確にし、市場の現状と将来性を俯瞰しています。
「化粧品マーケティング要覧 2015 No.1」
スキンケア9品目、フレグランス5品目の合計14品目について、市場規模推移(確定値10年/見込・予測値3年)、メーカーシェア(確定値3年/見込値1年、以下同じ)、ブランドシェア、種類別動向、価格帯別動向、チャネル別動向などを分析し、また各品目ごと沿革や主要商品リストを掲載しております。2012年版以降から新たな品目定義と種類別区分によるリニューアルを行っています。
「H・Bフーズマーケティング便覧 2015 総括編」
No.1-2が品目の市場分析であるの対して、総括編はHBフーズ市場の総括的な位置づけです。No.1-2に分散した訴求効能、成分、特定保健用食品の市場をトータル的に分析し、さらには主要企業の販売戦略を分析、No.1-2のミクロの分析思考から、マクロ的分析思考でHBフーズ市場を分析しています。
「2015 タッチパネルと構成部材市場の将来展望」
静電容量式タッチパネル/タッチスイッチおよび構成部材の市場動向とタッチパネルメーカーの企業事例を分析しております。

当社はプライバシーマークを取得しています。収集した個人情報の取り扱いについては個人情報のお取り扱いについてをご覧ください。
当サイトはSSLによる暗号化と合同会社シマンテック・ウェブサイトセキュリティ(旧 日本ベリサイン株式会社)によるセキュア・サーバ認証により高い安全性を確保しております。入力情報はSSL暗号化通信により保護されます。  
 
(C)2005 Fuji-Keizai.All right reserved
プライバシーポリシー お問い合わせ 株式会社 富士経済 レポートご購入方法