マーケット情報


リチウムイオン二次電池は車載専用の増加により大幅に拡大し、3兆2,301億円に
電池関連世界市場を調査

−2020年市場予測−
二次電池は車載用途や産業用途で需要が増加し 8兆1,456億円
一次電池は新興国を中心に需要が増え 1兆1,323億円


総合マーケティングビジネスの株式会社富士経済(東京都中央区日本橋 清口正夫 代表取締役)は、二次電池15品目、一次電池8品目の世界市場と開発動向を調査した。その結果を報告書「2016 電池関連市場実態総調査 上巻」にまとめた。なお、電池の材料、次世代電池市場、電池関連企業の事例については、今後調査・分析し、「(同)下巻」にまとめる。

◆調査結果の概要

リチウムイオン二次電池の世界市場

小型民生用は情報機器分野でノートブックPC向けが縮小していくことに加え、スマートフォン向けも大きくは伸びないと予想されるが、ウェアラブル端末向けの増加が期待される。また、充電式電動工具や電動アシスト自転車などのモータ駆動用途が今後情報機器分野に変わる有望用途・分野と考えられる。

車載専用は、電動自動車の増加に伴い大幅に市場拡大している。中国のEVバス、電気トラックといったEV特殊車両向けが大幅に伸びたことで2014年から2015年にかけての拡大が顕著だった。2016年以降も中国以外の自動車メーカーが電動自動車のラインナップを拡充するため、高い伸びが続くと予想される。

ESS/UPS・バックアップ電源用についても今後の期待感が年々増している。ESS(電力貯蔵システム)は一定の市場を確立すると予想される。家庭用ではTrsla Motorsが相場の半額で発売を予定していることから市場の活性化が期待され、ユーティリティや基地局用途とともに拡大をけん引すると期待される。

リチウムイオン二次電池用制御部品の世界市場

2015年
2016年見込
2020年予測
市場規模
602億円
623億円
688億円

スマートフォンと充電式電動工具の市場拡大にけん引され制御部品市場も拡大している。電池用保護ICの1セル直列タイプの市場は、iPhoneや中国スマートフォンのハイエンド機種での採用増加で拡大し、今後もスマートフォン向けを中心に拡大するとみられる。セカンドプロテクションタイプは、主要用途であるノートブックPC向けが落ち込んでのいるものの、充電式電動工具向けが堅調であることから、中長期的には横ばいが予想される。新たな用途として電動アシスト自転車、E-Bike、ESS向けなどが期待される。

二次電池、一次電池の世界市場

2015年
2016年見込
2020年予測
二次電池
6兆4,782億円
6兆7,034億円
8兆1,456億円
一次電池
1兆0,922億円
1兆1,027億円
1兆1,323億円
合 計
7兆5,704億円
7兆8,061億円
9兆2,779億円

1.二次電池

リチウムイオン二次電池がけん引し、今後も二次電池市場は拡大が予想される。リチウムイオン二次電池はニカド電池やニッケル水素電池(小型)などからの需要シフトと車載用の増加により伸びている。特に車載用のリチウムイオン二次電池は、中国政府が電動自動車の普及に本腰を入れていることを背景に2017年から2018年にかけて多くの自動車メーカーが電動自動車のラインアップを拡充させるとみられることから、シリンダ型、車載専用タイプとも大幅な伸びが期待される。用途別では産業用途向けが期待される。

充電式電動工具を最大用途先とする二カド電池や、応用製品の多くが市場縮小しているニッケル水素電池(小型)はリチウムイオン二次電池のラミネート型やシリンダ型にシフトしており縮小が予想されるが、ニッケル水素電池(小型)は産業や医療用途向けの伸びが期待され微減にとどまる。リチウムイオン二次電池でも角型はスマートフォン向けがラミネート型にシフトしており、ノートブックPC向けも高い成長が期待できないことから縮小が予想される。

2.一次電池

一次電池はアルカリマンガン乾電池が堅調に伸びている。先進国ではマンガン乾電池からアルカリマンガン乾電池へのシフトが一段落したが、新興国ではアルカリマンガン乾電池へのシフトが継続しており、今後も新興国向けを中心に需要は増加するとみられる。二酸化マンガンリチウム電池(シリンダ、コイン)、塩化チオニルリチウム電池、空気亜鉛電池は主要用途での需要が増加するとみられるが、アルカリボタン電池は伸び悩んでおり、酸化銀電池は縮小が続くとみられる。

◆調査対象

二次電池 鉛蓄電池、ニカド電池、ニッケル水素電池(小型)、ニッケル水素電池(大型)、リチウムイオン二次電池(シリンダ)、リチウムイオン二次電池(角)、リチウムイオン二次電池(ラミネート)、リチウムイオン二次電池(車載専用)、リチウムイオン二次電池(ESS用/UPS・バックアップ電源用)、リチウム二次電池(コイン)、電気二重層キャパシタ(小容量)、電気二重層キャパシタ(中・大容量)、リチウムイオンキャパシタ、ナトリウム硫黄電池(NAS電池)、レドックスフロー電池
一次電池 マンガン乾電池、アルカリマンガン乾電池、アルカリボタン電池、酸化銀電池、二酸化マンガンリチウム電池(コイン)、二酸化マンガンリチウム電池(シリンダ)、塩化チオニルリチウム電池、空気亜鉛電池
リチウムイオン二次電池用制御部品 電池用保護IC(1セル直列タイプ)、電池用保護IC(セカンドプロテクションタイプ)、電池残量計(スマートフォン向け、ノートブックPC向け)、電池用電流制御・遮断器(ポリマーPTC・温度ヒューズ・電流ヒューズ・ブレーカ・ヒューズ+抵抗体)
リチウムイオン二次電池主要応用製品 ノートブックPC、タブレットPC、スマートフォン、ゲーム機、充電式電動工具、無人機(Drone)、電気自動車(EV)、プラグインハイブリッド車(PHV)、ハイブリッド車(HV)、アイドリングストップ自動車/マイクロHV、中国EVバス・特殊車両、電力貯蔵システム

※一部の数字は四捨五入しています。このため合計と一致しない場合があります。


2016/08/31
       
上記の内容は弊社独自調査の結果に基づきます。 また、内容は予告なく変更される場合があります。 上記レポートのご購入および内容に関するご質問はお問い合わせフォームをご利用ください、 報道関係者の方は弊社グループ広報部(TEL 03-3664-5697)までご連絡をお願いいたします。