• ケミカル・マテリアル

炭素繊維複合材料(CFRP/CFRTP)関連技術・用途市場の展望 2020

炭素繊維複合材料(CFRP/CFRTP)関連技術・用途市場の展望 2020
発刊日2020/02/14 111910820

炭素繊維複合材料(CFRP/CFRTP)に関連する注目マテリアルから加工関連装置における2035年市場を予測したレポートです。エリア別や用途別の市場分析に加え、主要メーカー動向、価格動向を調査しております。さらに、自動車や航空機、風力発電、圧力容器等の他、ドローンやエアタクシー等の注目用途の分析を行った用途市場分析やエリア別市場動向も調査しております。

目次

A. 総括・集計編	1
 1.炭素繊維複合材料関連マテリアル・装置市場の展望	3
  1)炭素繊維複合材料関連マテリアル・装置市場の展望	3
  2)タイプ別市場予測	5
 2.用途別タイプ別市場予測(CFRP/CFRTP)	8
  1)タイプ別成形加工品市場規模予測		8
  2)注目用途×成形加工品市場マトリクス(2018年・2035年)	11
  3)注目用途×関連マテリアル・加工装置・関連ツール市場マトリクス(2018年・2035年)	11
 3.エリア別市場分析・予測	13
  1)タイプ別エリア別市場シェア	13
  2)注目エリア別市場分析	15
      日本/中国/他アジア/欧州/北米
      ・国家研究開発プロジェクト/開発コンソーシアム
      ・炭素繊維複合材料関連マテリアル・装置市場予測
      ・用途別成形加工品市場予測
      ・マテリアル・用途別成形加工メーカー一覧
 4.バリューチェーン分析/価格動向	59
  1)炭素繊維複合材料におけるフロー別バリューチェーン分析	59
  2)フロー別用途別バリューチェーン分析	60
  3)価格動向(2019年Q4時点)	61
 5.主要国研究開発プロジェクト動向/比較	65
 6.事業提携/アライアンス動向	67
  1)炭素繊維メーカー資本提携関係	67
  2)事業提携/アライアンス動向(炭素繊維メーカーに関する動向)	67
 7.課題・問題点/研究開発動向	69
  1)炭素繊維複合材料関連マテリアル・装置	69
  2)用途別	69
 8.国際標準規格動向	70
  1)国際標準化機構規格(ISO)	70
  2)航空宇宙標準(SAE)	72
  3)日本工業規格(JIS)	74
  4)欧州航空宇宙防衛産業連合標準(ASD-STAN)	74
  5)欧州標準化委員会標準(CEN)	75
  6)ASTMインターナショナル標準(ASTM)	75
 9.主要参入企業一覧	76
  1)CFRP/CFRTP関連マテリアル	76
  2)CFRP/CFRTP関連装置	88
 
B. キーマテリアル/関連部品・装置市場編	93
 1.PAN系炭素繊維(レギュラートウ、ラージトウ)	95
 2.マトリクス樹脂/添加剤(PES)	107
 3.中間基材(プリプレグ、ペレット/シート、ラミネート)	118
 4.CFRP	129
 5.CFRTP	138
 6.接着剤	146
 7.工程紙・フィルム	156
 8.リサイクル炭素繊維/端材利用CFRP/CFRTP	163
 9.自動積層装置	170
 10.TFP(Tailored Fiber Placement)装置	180
 11.CFRP/CFRTP成形加工装置	183
 12.3Dプリンタ/付加製造装置	199
 13.ウォータージェット	204
 14.ドリル・エンドミル	211
 15.非破壊検査装置	218
 16.CFRTP加熱装置	224
 17.異種材接合	226
 18.コア材	228
 19.ピッチ系炭素繊維	231
 20.ガラス繊維複合材料(連続繊維)	236
 21.セルロースナノファイバー	242
 22.バサルト繊維	245
 23.アラミド繊維	248
 24.異種繊維複合材料	252

 掲載項目
  1.製品概要
   1)概要
   2)基本特性
  2.主要参入企業
  3.市場規模推移・予測(2018年~2020年・2022年・2025年・2030年・2035年)
  4.用途別販売推移・予測(2018年・2025年・2030年・2035年)/販売数量・販売金額
  5.エリア別市場規模推移・予測(2018年・2025年・2030年・2035年)
      /販売数量・販売金額
  6.タイプ別販売量(2018年・2025年・2030年・2035年) 
  7.メーカー別販売動向及びシェア(2018年)/販売数量
  8.価格動向
  9.課題・問題点/新規開発動向
  10.アライアンス動向
  11.業界構造/サプライチェーン
  ※ B10.TFP(Tailored Fiber Placement)装置、B12.3Dプリンタ/付加製造装置、
    B15.非破壊検査装置、B16.CFRTP加熱装置、B17.異種材接合、B18.コア材、
    B21.セルロースナノファイバー、B22.バサルト繊維、B24.異種繊維複合材料
        については、定性データ中心の構成となっている。

C. 用途別市場分析編	253
 1.自動車(車両骨格・構造部品/外板・外装部品他)	255
 2.航空機	270
 3.圧力容器(高圧水素タンク/CNGタンク)	290
 4.風力発電ブレード	302
 5.建築・土木	312
 6.スポーツ・レジャー	322
 7.静電部品・摺動部品	332
 8.その他注目用途	337
  8-1. 船舶	337
  8-2. 油田掘削・搬送	340
  8-3. ドローン	342
  8-4. 鉄道	344
  8-5. 医療機器	345
  8-6. 治具	346
  8-7. 家電・OA製品	347
  8-8. eVTOL(エアタクシー等)	349

 掲載項目
  1.製品概要
   1)概要
   2)基本特性
   3)炭素繊維複合材料採用形態・特徴
  2. 市場規模推移と今後の市場予測(2018年~2020年・2022年・2025年・2030年・2035年)販売数量・販売金額
  3. タイプ別市場予測(2018年・2025年・2030年・2035年)/販売数量・販売金額
  4. エリア別市場規模推移・予測(2018年・2025年・2030年・2035年)/販売数量・販売金額
  5. 工程別販売量(2018年・2025年・2030年・2035年)
   1)炭素繊維
   2)マトリクス樹脂
   3)成形加工方法
  6. メーカー別販売動向及びシェア(2018年)/販売数量
   1)炭素繊維メーカー
   2)プリプレグ・中間基材加工メーカー
   3)成形加工メーカー
   4)企業動向/アライアンス
  7. 関連工程材料の採用動向(ハイブリッド材/コア材/接着剤)
  8. 使用量分析
  9. 価格動向
  10. 課題・問題点/新規開発動向
  11. 業界構造/主要参入企業
  ※品目により掲載項目には差異がある。

D. 主要企業動向編	351
 1.ユーザー(自動車メーカー)	353
  ニッサン、トヨタ、BMW、VWグループ、Daimler、General Motors、Ford Motor、
  Hyundai/Kia、中国系自動車メーカー
 2.ユーザー(航空機メーカー)	362
  Boeing、Airbus、ATR、Gulfstream、Dassault Aviation、United Aircraft、
  三菱航空機、Honda Aircraft、COMAC(中国商用飛機)

すべて表示

提供利用形態

本体価格 税込価格 ネットワーク共有
書籍版 書籍版 180,000円 198,000円 -
PDF版 PDF/データ版 190,000円 209,000円
NG
書籍版 PDF版 書籍版・
PDF/データ版セット
210,000円 231,000円
NG
ネットワークパッケージ版 ネットワーク
パッケージ版
360,000円 396,000円
OK
  • PDF版はレポート本文をPDFファイルで収録しています。PDF/データ版はレポート本文と数表データをPDFとExcelファイルで収録しています。いずれもご注文を受けてからの製作となります。在庫終了後にセットを選ばれた場合の書籍版は簡易製本でのご提供となります。
  • PDF版およびPDF/データ版はネットワーク上での利用はできません。ネットワーク上での利用はネットワークパッケージ版の利用契約が別途必要です。