• ケミカル・マテリアル
  • 自動車・輸送

自動車用ケミカル&マテリアル市場調査総覧 2020

自動車用ケミカル&マテリアル市場調査総覧 2020
発刊日2019/10/31 831906833

電動化、低燃費化、電装化、快適性向上に向けて変化が続く自動車構成材料。ケミカル&マテリアル編では汎用樹脂、エンプラ・熱硬化樹脂、合成ゴム・エラストマー、鉄/非鉄金属・セラミックの各領域からより約40品目、加工品・応用素材編では約8品目を調査対象とし、市場動向、用途動向、価格動向、メーカーシェア、材料動向を調査、材料、加工品や応用素材における高付加価値化の動向を把握します。

目次

I. 総括編	1
 1 自動車用ケミカル&マテリアル市場総括	3
 2 材料別市場展望	6
 3 注目トピックス	13
  3-1 材料別耐熱温度域トレンド	13
  3-2 電動車両・自動運転車両の普及による材料変化	14
  3-3 5G通信技術による材料動向	16
  3-4 新規注目材料の動向(CFRP・CNF・バイオプラ・他)	18
  3-5 車体デザインの変化による材料変化	23
  3-6 快適性訴求による材料変化	25
 4 部位別採用材料の動向	26
  4-1 部位別材料別使用量一覧	26
  4-2 骨格	27
  4-3 外装・足回り	30
  4-4 内装	33
  4-5 機構部品	35
  4-6 電装部品	40
  4-7 バッテリー周辺	42
 5 自動車生産動向	43
 6 自動車デザインのトレンド	56
 7 環境規制の動向	58
 8 品目別価格一覧	61

II. ケミカル&マテリアル編	65
 1 汎用樹脂	67
  1-1 PP	69
  1-2 PE	75
  1-3 ABS・ASA・AES	79
  1-4 PC/ABS	85
  1-5 PMMA	91
  1-6 PVC	97
 2 エンプラ・熱硬化性樹脂	103
  2-1 PC	105
  2-2 POM	112
  2-3 PBT	118
  2-4 PA6・PA66	124
  2-5 PA11・PA12	134
  2-6 耐熱PA	140
  2-7 m-PPE	148
  2-8 PPS・SPS	154
  2-9 LCP	162
  2-10 高耐熱樹脂	167
  2-11 フッ素	172
  2-12 エポキシ	178
  2-13 ポリウレタン	184
  2-14 不飽和ポリエステル	189
 3 合成ゴム・エラストマー	195
  3-1 CR	197
  3-2 EPDM	202
  3-3 NBR・HNBR	208
  3-4 ACM	213
  3-5 ECO	217
  3-6 シリコーンゴム	222
  3-7 フッ素ゴム	227
  3-8 S-SBR	232
  3-9 TPV・TPO	237
  3-10 TPS	242
  3-11 TPC	246
  3-12 TPU	251
 4 鉄・非鉄金属・セラミック	257
  4-1 軟鋼・高張力鋼・ホットスタンプ材	259
  4-2 アルミニウム合金板	269
  4-3 マグネシウム合金	274
  4-4 タイヤ用シリカ	280
  4-5 窒化ケイ素・炭化ケイ素	284

III. 加工品・応用素材	289
 1 構造用接着剤	291
 2 内装用接着剤	296
 3 電子部品用接着剤	302
 4 ガラス中間膜	307
 5 シート表皮材・内装表皮材	311
 6 自動車用放熱材	315
 7 高周波対応部材	319
 8 モーター/コイル用巻線	325
すべて表示

関連情報

提供利用形態

本体価格 税込価格 ネットワーク共有
書籍版 書籍版 150,000円 165,000円
NG
書籍版 PDF版 PDFセット 170,000円 187,000円
NG
ネットワークパッケージ版 ネットワーク
パッケージ版
300,000円 330,000円
OK
  • PDFセットはレポート本文をPDFファイルで収録しています。集計セットはレポート本文と数表データをPDFとExcelファイルで収録しています。いずれもご注文を受けてからの製作となります。在庫終了後にセットを選ばれた場合の書籍版は簡易製本でのご提供となります。
  • PDFセットおよび集計セットはネットワーク上での利用はできません。ネットワーク上での利用はネットワークパッケージ版の利用契約が別途必要です。