• ケミカル・マテリアル
  • 電子機器・電子部品

「ポリイミド vs. 高耐熱樹脂」応用製品市場の将来展望

「ポリイミド vs. 高耐熱樹脂」応用製品市場の将来展望
発刊日2019/03/26 831809711

PIモノマーからPI応用製品までの用途別・市場動向及び注目製品毎のPI対高耐熱樹脂の競合状況を徹底分析しました。モノマー(ジアミン、酸無水物)、PI製品、応用用途の市場規模推移・予測、PI製品別用途一覧、注目用途動向(フレキシブルディスプレイ、高周波対応材料)、モノマー市場のポイントと業界構造、価格一覧、参入企業一覧を整理しました。また、モノマー市場は日系・中国企業の販売動向事例を収載しました。

目次

I. 市場総括編	1
 1. 調査結果概要	2
 2. 市場規模推移および予測(2018年〜2025年予測)	3
  1) モノマー編	3
  2) PI製品編	4
  3) 応用用途編	6
 3. PI製品別用途一覧	8
  1) PIフィルム(有色)	8
  2) 透明PIフィルム	8
  3) PIワニス	9
  4) 透明PIワニス	10
  5) 接着剤・接着シート	10
  6) パウダー・成形品	11
  7) 繊維・膜・ペーパー	11
 4. 注目用途の動向	12
  1) フレキシブルディスプレイ	12
  2) 高周波対応材料	17
 5. モノマー市場のポイントと業界構造	20
 6. 参考データ	22
  1) ディスプレイ関連	22
  2) 半導体・実装関連	23
 7. 価格一覧	24
 8. 参入企業一覧	26

II. モノマー市場編	32
 1. PI用モノマーの概要	33
  1) PIモノマーの種類	33
  2) 用途別のモノマー配合例	34
 2. 参入企業一覧	35
  1) ジアミン	35
  2) 酸無水物	35
 3. モノマー市場の動向	37
  1) 品種別市場動向	37
  2) 価格動向	38
 4. モノマー別の動向	39
  1) ジアミン	39
  2) 酸無水物	44
 5. 企業ケーススタディ	48
  1) 日系企業	48
  2) 中国企業	49

III. PI製品市場編	54
 A1. 透明PIフィルム・ワニス	55
 A2. PIフィルム	61
 A3. PIワニス	67
 A4. 感光性PI	73
 A5. 接着剤・接着シート	77
 A6. パウダー・成形品	80
 A7. 繊維・膜・ペーパー	85

IV. 応用用途編	87
 B1. ディスプレイ用基板(OLED用)	88
 B2. ディスプレイ用基板(LCD用)	92
 B3. カラーフィルター用オーバーコート剤	95
 B4. 配向膜材料	99
 B5. OLED用バンク材	103
 B6. 高周波対応FPC部材	108
 B7. 半導体保護膜・再配線材料	112
 B8. LiB用セパレーター(PI品)	116
 B9. LiB用バインダー・コーティング剤	118
 B10. その他コーティング剤	121
 B11. 耐熱摺動部材	123
すべて表示

関連情報

提供利用形態

本体価格 税込価格 ネットワーク共有
書籍版 書籍版 600,000円 660,000円
NG
書籍版 PDF版 PDFセット 660,000円 726,000円
NG
  • PDFセットはレポート本文をPDFファイルで収録しています。集計セットはレポート本文と数表データをPDFとExcelファイルで収録しています。いずれもご注文を受けてからの製作となります。在庫終了後にセットを選ばれた場合の書籍版は簡易製本でのご提供となります。
  • PDFセットおよび集計セットはネットワーク上での利用はできません。ネットワーク上での利用はネットワークパッケージ版の利用契約が別途必要です。