REPORT 調査レポート

ご購入前にレポートの内容をオンラインで無償でご確認いただける「購入検討サービス」をご利用ください

サービスの利用にはマイページ会員登録が必要です。ご登録条件とご利用回数に制限がございます。

マイページ会員登録はこちら
レポートをお探しの皆さまへ
  • 環境・社会・インフラ
  • フード・フードサービス

農林水産ビジネスの最前線と将来展望2020

農林水産ビジネスの最前線と将来展望2020
発刊日2020/10/13 142002803

国内の農林水産業は、さまざまな課題や市場環境の変化への対応を迫られており、次世代の担い手に向けて、稼げる産業への転換が求められています。本レポートでは環境や生育をコントロールし、生産の高度化につなげる施設や、モニタリング・センシングやデータ管理・分析におけるAI利活用などキーテクノロジーの活用により、“スマート化”する機器・システム/サービスなどについて、新型コロナウイルスの影響も踏まえた現状の市場実態と中長期の市場動向を予測しています。またDXの取り組みや、代替タンパク質生産やゲノム編集などバイオテクノロジーの活用、世界の潮流であるSDGs達成への貢献など、今後市場性が期待される次世代注目ビジネスを取り上げています。

目次

I.総括編
 1.農林水産ビジネス市場の全体俯瞰  3
 2.各産業分野別/品目別の市場規模推移   5
  1)全体市場   5
  2)農業市場   6
  3)水産業市場   9
  4)畜産業市場   10
 3.注目キーテクノロジーとその技術開発動向   11
  1)品目毎のキーテクノロジーの採用/連携動向一覧   11
  2)対象品目における他機器/システムとの連携状況   13
  3)主要キーテクノロジー別にみた採用/連携トレンド   14
 4.日系企業の海外展開動向と海外メーカー/海外市場動向   20
  1)農林水産ビジネスにおける日系企業の海外展開動向まとめ   20
  2)国/エリア別の日系企業における海外展開動向一覧   20
  3)農林水産ビジネスにおける海外市場動向まとめ   24
  4)海外メーカー/海外市場動向一覧   24
  5)中国の農業市場動向   29
  6)オランダの農業市場動向   31
  7)ロシアの農業市場動向   33
  8)インドの農業市場動向   35
  9)シンガポールの農業市場動向   37
  10)イスラエルの農業市場動向   39
  11)UAEの農業市場動向   42
  12)米国の農業市場動向   45
 5.各産業分野における注目市場動向   48
  1)植物工場・施設園芸産野菜の市場概況   48
  (1)植物工場産レタス類の市場規模推移   48
  (2)完全人工光型植物工場産レタス類が国内レタス市場に占める割合の推移   49
  (3)販売ルート構成比   50
  (4)有力栽培・販売事業者の取り組み   51
  (5)民間企業による栽培ビジネスのトレンド分析   52
  (6)植物工場一覧   55
   (1)完全人工光型植物工場   55
   (2)太陽光併用型植物工場   67
   (3)太陽光利用型植物工場   69
  2)養殖業の市場概況   80
  (1)養殖業市場規模推移   80
  (2)海面養殖業の魚種別市場規模推移   81
  (3)販売ルート   82
  (4)養殖ビジネスのトレンド   83
  (5)主要養殖施設一覧   83
   (1)閉鎖循環式陸上養殖施設   83
   (2)かけ流し式陸上養殖施設   85
   (3)海上養殖施設   86
  3)畜産業の市場概況   88
  4)林業の市場概況   89
 6.農林水産業における次世代注目ビジネスの動向   90
  1)次世代注目ビジネス一覧   90
  (1)DX   90
  (2)バイオテクノロジー   92
  (3)SDGs   92
  2)農林水産におけるDXの最新トレンド   94
  3)農林水産におけるその他の最新トレンド   96
  4)注目ビジネスマーケットトレンド   97
 7.農林水産ビジネスの今後の方向性   100
 8.関連法規制・補助金の動向   101
  1)法規制の動向   101
  2)補助金の動向   102
  (1)農林水産業全般関連   102
  (2)農業関連   105
  (3)水産業関連   109
  (4)畜産業関連   110
  (5)林業関連   112
 9.農業/水産業/畜産業/林業関連統計データ   114

II.注目施設・プラント/機器・システム/サービス市場編
 A.農業市場(13品目)
  A-1.完全人工光型植物工場   125
  A-2.養液栽培プラント   137
  A-3.ガラス/フィルムハウス   151
  A-4.栽培環境制御装置   161
  A-5.灌水/給液管理装置   170
  A-6.栽培用空調機器   177
  A-7.植物育成用光源   185
  A-8.栽培環境モニタリングシステム   192
  A-9.水田水管理システム   202
  A-10.GNSSガイダンスシステム/自動操舵システム   209
  A-11.農業用ロボット   218
  A-12.農業用ドローン/ドローン活用サービス   225
  A-13.生産管理システム   232
 B.水産業市場(7品目)
  B-1.陸上養殖システム   241
  B-2.沖合養殖システム   247
  B-3.水産用水温調節機器   252
  B-4.水産用光源   256
  B-5.漁業環境モニタリングシステム   261
  B-6.自動給餌システム   266
  B-7.水産用ドローン   271
 C.畜産業市場(6品目)
  C-1.閉鎖型畜舎システム   279
  C-2.畜産用空調機器   286
  C-3.畜産用光源   292
  C-4.家畜モニタリングシステム   297
  C-5.畜産用ロボット   305
  C-6.畜産用ドローン活用サービス   312

III.次世代注目ビジネス事例編(30事例)
 1.株式会社オプティム   319
  ~AIやドローンを用いた新たな栽培・流通モデルを構築~
 2.株式会社NTTアグリテクノロジー   321
  ~次世代施設園芸ソリューションで地域振興を目指す!~
 3.SBテクノロジー株式会社、リデン株式会社   324
  ~オープンイノベーションを活用した農業経営支援を推進!~
 4.株式会社スカイマティクス   325
  ~スマホで撮影するだけで米粒の等級が判定できるアプリを提供!~
 5.富士通株式会社   326
  ~Fishtech養殖管理により水産業DXの推進~
 6.株式会社オーシャンアイズ   329
  ~AIと海洋シミュレーション技術で漁業の効率化を目指す!~
 7.ソフトバンク株式会社、北海道大学   330
  ~AI/IoT、5Gシステムを用いた低価格チョウザメ養殖システム~
 8.日東製網株式会社   331
  ~音波で入網状況を陸上からリアルタイム確認、水揚量UP!~
 9.株式会社ユー・エス・イー   332
  ~AI活用で技術伝承!効率的で儲かる漁業を提案~
 10.株式会社電通   333
  ~AIでマグロの品質判定!技術伝承、コロナ禍での目利きに活用~
 11.株式会社Eco-Pork   334
  ~AIを活用し、飼料配合作業を自動化!~
 12.株式会社コーンテック   336
  ~AI/IoTによる飼料マネジメントで、コスト削減と効率化を追求!~
 13.ユニアデックス株式会社   337
  ~IoTを駆使し、豚の繁殖作業の効率化を図る!~
 14.株式会社システムフォレスト   338
  ~IoTを活用した次世代豚舎で効率的な事業運営を実現~
 15.株式会社huntech   339
  ~ハンター向け鳥獣罠センサで野生鳥獣の食肉流通を強化!~
 16.インテグリカルチャー株式会社   340
  ~低コスト細胞培養プラットフォームで培養肉市場を拓く!~
 17.株式会社BugMo   343
  ~食用コオロギの自動飼育システムで新たなビジネスモデルを構築!~
 18.DAIZ株式会社   346
  ~食味・旨味の高い大豆由来の植物肉で新市場を切り拓く!~
 19.サナテックシード株式会社   347
  ~ゲノム編集技術で作出した高GABAトマトの発売を目指す!~
 20.リージョナルフィッシュ株式会社   348
  ~ゲノム編集魚とスマート陸上養殖で養殖漁業を効率化!~
 21.株式会社ユーグレナ   350
  ~ミドリムシ残渣の有効活用でバイオ燃料の生産コスト低減!~
 22.日本製紙株式会社   351
  ~DNAマーカー育種技術で優良木の選抜効率化&収量アップ!~
 23.株式会社四国総合研究所   352
  ~光の最適波長で収量UP&病気に強い農作物を実現!~
 24.株式会社トーヨー養父バイオエネルギー   355
  ~バイオガス発電による副産物の消化液と排熱を農作物栽培に有効利用~
 25.ファームドゥグループ   358
  ~太陽光パネルの下で農作物を栽培する「ソーラーファーム」を展開~
 26.株式会社プラントフォーム   361
  ~農作物栽培と水産養殖を同時に行うアクアポニックス事業の運営を支援~
 27.メビオール株式会社   364
  ~特殊フィルムで農作物を栽培する「アイメック」農法の普及を目指す~
 28.エヌ・ティ・ティ・コムウェア株式会社、株式会社ジャパンバイオファーム   367
  ~専門スキルなしで有機農法の高品質・高収量を実現!~
 29.株式会社NTTフィールドテクノ、株式会社ウエルクリエイト   369
  ~初期費用ゼロ!地域食品資源循環ソリューションが好調~
 30.日本製鉄株式会社   370
  ~ブルーカーボンで注目!鉄鋼スラグ製品使用で海域環境を改善~
すべて表示

提供利用形態

本体価格 税込価格 ネットワーク共有
書籍版 150,000円 165,000円 -
PDF版 150,000円 165,000円
NG
書籍版 PDF版 170,000円 187,000円
NG
ネットワークパッケージ版 300,000円 330,000円
OK

オプション選択

本体価格 税込価格 ネットワーク共有
電子書籍 30,000円 33,000円 クラウド利用
  • PDF版はレポート本文をPDFファイルで収録しています。PDF/データ版はレポート本文と数表データをPDFとExcelファイルで収録しています。いずれもご注文を受けてからの製作となります。在庫終了後にセットを選ばれた場合の書籍版は簡易製本でのご提供となります。
  • PDF版およびPDF/データ版はネットワーク上での利用はできません。ネットワーク上での利用はネットワークパッケージ版の利用契約が別途必要です。
  • 電子書籍は単体での購入はできません。書籍版、PDF版、PDF/データ版、およびこれらセットのオプションになります。追加購入をご希望の場合は別途お問い合わせください。