レポートをお探しの皆さまへ
レポートの共有をお考えの皆さまへ
  • エネルギー

FIP移行に伴い拡大が予想されるインバランス回避サービスの将来展望

FIP移行に伴い拡大が予想されるインバランス回避サービスの将来展望
発刊日2021/08/31 162103943

再エネ発電事業者はFIT制度においてはインバランス料金の支払い義務が免除されていましたが、2022年より開始されるFIP制度においては発電事業者にインバランス料金が一部化される方向で議論が進んでおり、インバランス回避に向けた対策が求められています。本レポートでは、「発電量予測」、「アグリゲーションサービス」、「需給管理代行サービス」などのサービスを提供する、各参入プレーヤーのビジネスモデルを整理することで、サービス市場の現状を把握すると共に、FIP移行後に想定される課題と対応策をレポートしました。

目次

I.総括編	
 1.インバランス回避サービスの提供メニューに対する考え方とメニュー拡大の方向性	5
 2.FIP移行後に想定される課題と参入プレーヤーに求められる対応策	7
 3.インバランス回避サービスの今後の方向性	8
 4.2035年に向けたFIP移行後の市場規模の見通し	9
 5.インバランス回避周辺サービス	11
 6.国内におけるFIP制度の現況整理	15
	
II.企業動向編	
 1.東芝ネクストクラフトベルケ	17
 2.デジタルグリッド	21
 3.ENECHANGE	25
 4.ZECPOWER	31
 5.パナソニックコンシューマーマーケティング	35
 6.Goal Connect	39
 7.パシフィックパワー	43
 8.日本ユニシス	47
すべて表示

提供利用形態

本体価格 税込価格 ネットワーク共有
PDF版 300,000円 330,000円
NG
ネットワークパッケージ版 450,000円 495,000円
OK

オプション選択

本体価格 税込価格 ネットワーク共有
電子書籍 30,000円 33,000円 クラウド利用
  • PDF版はレポート本文をPDFファイルで収録しています。PDF/データ版はレポート本文と数表データをPDFとExcelファイルで収録しています。いずれもご注文を受けてからの製作となります。在庫終了後にセットを選ばれた場合の書籍版は簡易製本でのご提供となります。
  • PDF版およびPDF/データ版はネットワーク上での利用はできません。ネットワーク上での利用はネットワークパッケージ版の利用契約が別途必要です。
  • 電子書籍は単体での購入はできません。書籍版、PDF版、PDF/データ版、およびこれらセットのオプションになります。追加購入をご希望の場合は別途お問い合わせください。