レポートをお探しの皆さまへ
レポートの共有をお考えの皆さまへ
  • 自動車・輸送

水素モビリティ市場の将来動向

水素モビリティ市場の将来動向
発刊日2022/05/30 832201727

水素を燃料とする燃料電池やエンジンを利用する水素モビリティは、BEVでは難しい大型モビリティの駆動や長い連続航続距離の実現が可能なことから、一般的な乗用車や二輪車に加え、バス、トラックといった業務用車両、鉄道、船舶、飛行機などでの普及が期待されています。本マルチクライアント特別調査では水素モビリティおよび関連部品の市場性や技術/普及上の課題に加え、関連メーカーの戦略や既存/潜在ユーザーのニーズなどについて明らかにします。

目次

I. 水素モビリティ市場全体概況	1
 1. 全体像	2
 2. 水素モビリティの市場規模推移/予測まとめ(2021年実績、2022~2030年、2035年、2040年予測)	5
 3. 各水素モビリティの特徴/見通し/有望用途まとめ	13
 4. 水素モビリティの既存/潜在ユーザーのニーズや用途まとめ	16
 5. 水素エンジン車の現状と今後の可能性まとめ	17
 6. 既存技術の流用が可能な分野まとめ	19
 7. EV、PHVとの技術比較まとめ	21
 8. 水素モビリティ・関連部品の価格動向、低価格化の見通し	23
 9. 主要参入企業、企業間アライアンスや部品調達に関する方針まとめ	25
 10. 水素モビリティを用いた事業・ビジネスの現状や取り組み状況まとめ	30
 11. 水素モビリティに必要とされる水素量と再生可能エネルギーを用いた水素生産関連動向まとめ	33

II. 水素モビリティ市場動向	37
 1. 水素燃料電池自動車	38
 2. 水素エンジン自動車	50
 3. 水素バイク	56
 4. 水素電動アシスト自転車	61
 5. FCドローン	65

III. 水素モビリティ関連部品市場動向	70
 1. PEFC	71
 2. インジェクター	79
 3. スパークプラグ	83
 4. 水素ポンプ	87
 5. モーター	91
 6. モーターコア	95
 7. 磁石	100
 8. PCU	104
 9. FC昇圧コンバーター	108
 10. インバーター	112
 11. 水素センサー	117
 12. 高圧水素タンク	121
 13. 水素吸蔵合金	128

IV. 水素モビリティ関連企業の個別動向	131
 1. トヨタ	132
 2. ヤマハ発動機	136
 3. Hyundai	139
 4. 川崎重工業	142
 5. Stelantis	145
 6. SAIC	148
 7. Daimler Trucks	151
 8. Cummins	154

V. 水素モビリティの想定ユーザー/業界のニーズ探索	156
 1. ヤマトホールディングス	157
 2. カーシェアリング	159
 3. オートリース	162
 4. レンタカー	165
 5. タクシー	167
 6. 自治体	169
すべて表示

提供利用形態

本体価格 税込価格 ネットワーク共有
書籍版 700,000円 770,000円 -
書籍版 PDF版 770,000円 847,000円
NG
  • PDFセットはレポート本文をPDFファイルで収録しています。集計セットはレポート本文と数表データをPDFとExcelファイルで収録しています。いずれもご注文を受けてからの製作となります。在庫終了後にセットを選ばれた場合の書籍版は簡易製本でのご提供となります。
  • PDFセットおよび集計セットはネットワーク上での利用はできません。ネットワーク上での利用はネットワークパッケージ版の利用契約が別途必要です。