レポート紹介

2018-2019 医療用医薬品データブック No.4 消化器・腎・泌尿器・産婦人科領域編

レポートサムネイル
購入検討サービス

日本の医療用医薬品市場を薬効領域別に2018年〜2019年にかけて6分冊で分析するレポートです。2019年はNo.4、No.5、No.6の発刊です。医療用医薬品の売上、企業シェア、患者数などの疫学データ、ガイドライン、政策動向を踏まえ、2010年〜2027年までの全体市場を予測しています。また、該当する疾患ではNDBデータの分析として、疾患領域の剤形別売上、処方回数上位製品、性別年齢別処方動向、特定健診状況を掲載し、体系的にまとめています。

医薬品・メディカル

発刊日 2019/03/22

目次

対象領域の市場規模推移	1
 1.市場規模推移	3
 2.分類別市場規模推移	6
 3.薬効領域別メーカーシェア(2018年実績)	9
 4.薬効別ブランドシェア(2018年実績)	11
 5.剤形別市場	14
 6.今後の市場予測	15
 7.患者数の動向	18
 8.開発品の動向	19

1.消化器科疾患治療剤	21
 1)消化性・薬物性潰瘍等治療剤、H.pylori関連剤	28
 2)胃食道逆流症等治療剤	43
 3)過敏性腸症候群治療剤・機能性ディスペプシア治療剤	52
 4)炎症性腸疾患治療剤(潰瘍性大腸炎、クローン病、ベーチェット病含む)	61
 5)腸疾患治療剤・便秘症治療剤・消化器官改善剤(オピオイド副作用治療剤含む)	75
 6)その他肝疾患治療剤(肝性脳症、NASH/ASH含む)	87
 7)膵疾患治療剤	97
 8)胆道疾患治療剤	108

2.腎疾患治療剤	117
 1)腎性貧血治療剤	123
 2)高カリウム血症治療剤	133
 3)尿毒症治療剤	142
 4)高リン血症治療剤	150
 5)二次性副甲状腺機能障害治療剤	163
 6)透析用剤	172
 7)そう痒症治療剤	187
 8)低リン血症治療剤	194

3.泌尿器科領域	201
 1)過活動膀胱・神経因性膀胱治療剤	206
 2)前立腺肥大症治療剤	216
 3)性機能改善剤	227
 4)夜尿症治療剤	232

4.産婦人科領域	241
 1)子宮筋腫・子宮内膜症治療剤	247
 2)経口避妊薬(緊急避妊薬含む)	258
 3)切迫早産治療剤・陣痛促進剤	264
 4)更年期障害治療剤・月経障害治療剤	272
 5)不妊治療剤	284

関連情報

医療用医薬品 国内市場調査(4) 炎症性腸疾患治療剤、子宮筋腫・子宮内膜症治療剤など消化器科疾患治療剤、産婦人科領域の治療剤市場を調査

(商品形態) (本体価格) (税込価格)
書籍版 180,000円 194,400円
PDF/データ版 190,000円 205,200円
書籍版・PDF/データ版セット 210,000円 226,800円
ネットワークパッケージ版 360,000円 388,800円

PDF版はレポート本文をPDFファイルで収録しています。PDF/データ版はレポート本文と数表データをPDFとExcelファイルで収録しています。いずれもご注文を受けてからの製作となります。在庫終了後にセットを選ばれた場合の書籍版は簡易製本でのご提供となります。

PDF版およびPDF/データ版はネットワーク上での利用はできません。ネットワーク上での利用はネットワークパッケージ版の利用契約が別途必要です。

関連レポート