• エネルギー
  • 電子機器・電子部品

エネルギー・大型二次電池・材料の将来展望 2014 エネルギーデバイス編

エネルギー・大型二次電池・材料の将来展望 2014 エネルギーデバイス編
発刊日2014/05/19 111308824

大型蓄電デバイス搭載製品について、製品市場、蓄電デバイス市場を体系的に纏めた調査レポートの2014年版です。エネルギーデバイス編は、リチウムイオン電池等のエネルギーデバイスや主要構成材料を対象とし、大型蓄電デバイス採用用途について、用途分野市場動向を纏めています。また電池メーカー、電池材料メーカー動向、アライアンス状況や供給調達状況なども調査しています。

目次

 A. 総括分析編
 
 I. 蓄電デバイス・構成部材市場分析
  1. 蓄電デバイス別市場規模推移・予測(3)
   1) 蓄電デバイス別市場規模(3)
   2) 蓄電デバイス別/用途分野別市場規模(4)
   3) 応用製品×蓄電デバイス市場マトリクス(2013−2025年)(5)
   4) 有望蓄電デバイスにおける用途分野別市場展望(7)
   5) 大型用途分野別システム電力容量と入出力容量マップ(9)
   6) 次世代自動車用リチウムイオン電池合弁電池メーカーにおける事業パターン(10)
   7) 電池メーカー別車載用リチウムイオン電池事業における資本関係一覧(10)
   8) 電池メーカー別自動車用リチウムイオン電池供給モデル一覧(11)
    ・日系電池メーカー
     ・海外電池メーカー
   9) 次世代自動車(HEV、PHEV、EV)別リチウムイオン電池供給マップ(国内自動車メーカー編)(13)
   10) 次世代自動車(HEV、PHEV、EV)別リチウムイオン電池供給マップ(海外自動車メーカー編)(15)
   11) 電力貯蔵分野におけるリチウムイオン電池供給事例(17)
   12) 動力分野におけるリチウムイオン電池供給事例(19)
   13) その他分野におけるリチウムイオン電池供給事例(20)
   14) リチウムイオン電池市場におけるセルコスト、モジュール・パックコスト推移・予測(21)
  2. 蓄電デバイス別構成部材市場規模推移・予測(23)
   1) リチウムイオン電池(23)
    (1) 世界市場における大型用途分野のリチウムイオン電池部材市場規模推移・予測
    (2) 大型用途向けリチウムイオン電池におけるセルコスト・部材コスト推移・予測
    (3) 大型用途における主要6部材市場シェア(金額ベース)
   2) ニッケル水素電池(25)
    (1) 世界市場における大型用途分野のニッケル水素電池部材市場規模推移・予測
    (2) 大型用途向けニッケル水素電池における主要4部材コスト比率
    (3) 用途分野別部材市場シェア(金額ベース)
   3) 電気二重層キャパシタ(27)
    (1) 世界市場における大型用途分野の電気二重層キャパシタ部材市場規模推移・予測
    (2) 大型用途向け電気二重層キャパシタにおける主要部材コスト比率
    (3) 用途分野別部材市場シェア(金額ベース)
  3. 国際標準規格動向(29)
  4. 蓄電デバイス関連マテリアル価格動向(37)
    (1) 炭酸リチウム
    (2) コバルト
    (3) マンガン
    (4) ニッケル
    (5) アルミ
    (6) 銅
    (7) 鉛
 
  B. エネルギーデバイス及び構成部材市場編
 
   1. リチウムイオン電池
 I. 電池市場編(47)
 II. 電池メーカー動向編(84)
    1) パナソニック
    2) オートモーティブエナジーサプライ
    3) NEC(NECエナジーデバイス)
    4) ジーエス・ユアサ コーポレーション(リチウムエナジージャパン、ブルーエナジー)
    5) 日立グループ(日立ビークルエナジー、日立化成、日立マクセル)
    6) プライムアースEVエナジー
    7) 東芝
    8) エリーパワー
    9) Samsung SDI
    10) LG化学
    11) Johnson Controls
    12) Li-Tec
    13) BYD
    14) A123 Systems(万向集団グループ)
    15) SK Innovation
    16) Saft
    17) その他電池メーカー
    1−1. リチウムイオン電池/正極活物質(150)
    1−2. リチウムイオン電池/負極活物質(179)
    1−3. リチウムイオン電池/電解液(202)
    1−4. リチウムイオン電池/セパレータ(224)
    1−5. リチウムイオン電池/正極集電体(243)
    1−6. リチウムイオン電池/負極集電体(256)
   2. ニッケル水素電池(269)
    2−1. ニッケル水素電池/正極活物質(288)
    2−2. ニッケル水素電池/負極活物質(291)
    2−3. ニッケル水素電池/電解液(294)
    2−4. ニッケル水素電池/セパレータ(297)
   3. 電気二重層キャパシタ(300)
    3−1. 電気二重層キャパシタ/電極材(318)
    3−2. 電気二重層キャパシタ/電解液(325)
   4. リチウムイオンキャパシタ(330)
   5. 鉛電池(342)
   6. NAS電池(358)
   7. フロー電池(366)
   8. 次世代電池(377)
 
 調査項目
 ≪エネルギーデバイス市場≫
   1. 製品概要
    1) 製品概要
    2) 大型分野における当該デバイス採用シェア動向
   2. 市場規模推移・予測
    1) 世界市場における大型用途分野の市場推移・予測
    2) 分野別エリア別市場規模推移・予測(金額/容量/数量)
    3) 製品用途別市場規模(金額/容量/数量/製品別採用の方向性)
    4) 自動車用LiBセル形状別市場規模推移・メーカーシェア(※)
     ・セル形状別市場規模推移:2012年−2015年(容量/台数/電池セル) 
     ・HEV用LiBセルメーカーシェア:2013年(容量/台数/電池セル)
     ・PHEV用LiBセルメーカーシェア:2013年(容量/台数/電池セル)
     ・EV用LiBセルメーカーシェア:2013年(容量/台数/電池セル)
   3. 製品用途別容量・価格動向
    1) 1台当たりの容量(Wh)推移
    2) Wh当たりの価格推移
   4. 開発の方向性
     ・大容量リチウムイオン電池コストの低減対策 
     ・小型量産セル採用による低コスト化
     ・セル容量別大容量応用製品開発アプローチ
   5. 参入企業動向(リチウムイオン電池のみ電池メーカー動向編として別掲)
     ・事業計画・組織体制
     ・販売動向
     ・分野別事業展開動向
     ・アライアンス/供給関係
     ・生産動向
     ・電池スペック動向
 (※)リチウムイオン電池のみの調査項目
 
 ≪構成部材市場≫
   1. 製品概要
    1) 製品概要
    2) 構成部材採用構成比
    3) 構成部材価格動向
   2. 市場規模推移・予測
     ・世界市場における大型用途分野の市場推移・予測(金額/数量)
     ・製品用途別市場規模推移・予測
   3. メーカーシェア(2013年)
   4. 製品別部材使用量分析
   5. 開発の方向性
   6. 参入企業動向
     ・部材ラインナップと販売動向
     ・事業動向
     ・生産動向
     ・アライアンス/供給関係
 
すべて表示

提供利用形態

本体価格 税込価格 ネットワーク共有
書籍版 書籍版 97,000円 106,700円 -

PDF版 PDF版 97,000円 106,700円
NG
PDF版 PDF/データ版 107,000円 117,700円
NG
書籍版 PDF版 書籍版・
PDF/データ版セット
117,000円 128,700円
NG
  • PDF版はレポート本文をPDFファイルで収録しています。PDF/データ版はレポート本文と数表データをPDFとExcelファイルで収録しています。いずれもご注文を受けてからの製作となります。在庫終了後にセットを選ばれた場合の書籍版は簡易製本でのご提供となります。
  • PDF版およびPDF/データ版はネットワーク上での利用はできません。ネットワーク上での利用はネットワークパッケージ版の利用契約が別途必要です。