REPORT 調査レポート

ご購入前にレポートの内容をオンラインで無償でご確認いただける「購入検討サービス」をご利用ください

サービスの利用にはマイページ会員登録が必要です。ご登録条件とご利用回数に制限がございます。

マイページ会員登録はこちら
新型コロナウイルス対策に伴うテレワーク勤務を支援するため、ご購入いただいた調査レポートをオンラインで閲覧できる電子ライブラリサービスを2020/06/30まで期間限定で無償提供しています。

※対象レポートに制限があります。ご利用方法はご購入者様へ直接ご案内しております。

レポートをお探しの皆さまへ
テレワーク勤務中の皆さまへ
  • ケミカル・マテリアル
  • エネルギー

カーボンリサイクル CO2削減関連技術・材料市場の現状と将来展望 2020

カーボンリサイクル CO2削減関連技術・材料市場の現状と将来展望 2020
発刊日2020/05/25 111911823

パリ協定以降、急速に注目が集るカーホンリサイクル市場に対し、CO2原料ソース、CO2分離技術、CO2分離材料、CO2利活用の4区分により、川上から川下まで全体像を捉えています。また、2050年に向けた非連続なイノベーションにより、次世代CO2関連技術がいつ頃立ち上がり、市場としてどの程度の規模となるのか、時間軸、市場規模軸、CO2量軸にて再整理することで、当該市場の将来展望を明らかにしています。

目次

I. 総括編
 1.CO2削減関連技術・市場の現状と将来展望	3
 2.カーボンリサイクル全体チェーン	5
 3.CO2原料ソース市場総括
  1) CO2発生量のトレンド	7
  2) エリア別CO2発生量	9
  3) 仕向け先別CO2発生量	10
  4) カーボンリサイクル全体チェーンの構造	11
 4.CO2分離技術市場総括
  1) 世界	13
  2) 日本	16
  3) エリア別分離プラント数	17
  4) 原料ソース別分離プラント数	18
 5.CO2利活用市場総括
  1) 利活用市場における技術/製品のポジショニング	19
  2) 世界	21
  3) 日本	24
 6.全体技術ロードマップ	27
 7.エリア別動向(政策動向含む)
  1) 日本の動向	29
  2) 中国の動向	34
  3) 米国の動向	37
  4) 欧州の動向	40
  5) その他地域の動向	46
 8.価格動向
  1) CO2分離技術	49
  2) CO2利活用技術	50
 9.参入企業のポジショニング
  1) ポジショニング	52
  2) 主なCCUSアライアンス	54
  3) 分離技術における主要企業	57
  4) 利活用における主要企業	61
 10.参入企業一覧	66
 11.主なCO2回収プロジェクト一覧	76

II. CO2原料ソース市場編
 1.発電所	81
 2.製鉄・セメント	85
 3.天然ガス	90
 4.石油精製	94
 5.アンモニア	98
 6.バイオガス	102
 7.輸送	106
 【記載項目】
  1. 定義及び対象範囲(分離前成分、主な分離方式、分離フロー)
  2. CO2発生量概況(日本/世界、市場規模推移2017年~2030年)
  3. エリア別CO2発生量(日本/中国/米国/欧州/その他、2019年)
  4. 仕向け先別CO2発生量
  (CO2分離後自消/CO2分離後外販/CO2分離後放出/CO2未分離放出、2019年)
  主なCO2回収プロジェクト(国、開始年、CO2量、主な事業者、場所、用途、分離、備考)
  5. カーボンリサイクル全体チェーンの構造(発生源、輸送、利用先)
  6. 参入企業一覧(企業名、本社、日本拠点有無)

III. CO2分離技術市場編
 1.化学吸収	111
 2.物理吸収	117
 3.物理吸着	122
 4.膜分離	127
 5.DAC(Direct Air Capture)	132
 【記載項目】
  1. 定義及び対象範囲
  2. 市場概況(日本/世界、市場規模推移[単年/累積]2017年~2030年、年間CO2分離量)
  3. エリア別市場(日本/中国/米国/欧州/その他、2019年)
  4. 原料ソース別市場(発電所/製鉄・セメント/天然ガス/石油精製/アンモニア/その他、2019年)
  5. 価格動向(区分、仕様、イニシャルコスト、CO2分離コスト、今後の動向)
  6. エネルギー消費動向
  7. 実証事例(名称、国、開始年、CO2量、参加企業、内容)
  8. 技術ロードマップ(2015~2030年)
  9. メーカーシェア(世界、2019年累積)
  10. 主要参入企業動向(企業名、プロセス、動向)、アライアンス動向
  11. 参入企業一覧(企業名、本社、日本拠点有無)

IV. CO2分離材料市場編
 1.アミン吸収液	141
 2.物理吸収液	144
 3.活性炭	146
 4.ゼオライト吸着材	149
 5.高分子膜	151
 【記載項目】
  1. 定義及び対象範囲
  2. 市場概況(日本/世界、市場規模推移[単年/累積]2017年~2030年)
  3. 価格動向(区分、仕様、価格、今後の動向)
  4. メーカーシェア(世界、2019年)
  5. 主要参入企業動向(企業名、製品、動向)、アライアンス動向
  6. 参入企業一覧(企業名、本社、日本拠点有無)

V. CO2利活用市場編
 1.液化炭酸ガス	157
 2.ドライアイス	160
 3.超臨界CO2化	162
 4.CCS	165
 5.EOR	169
 6.温室栽培	173
 7.合成ガス化	176
 8.尿素化	179
 9.メタネーション	182
 10.メタノール化	185
 11.ポリカーボネート	188
 12.ミネラル化	190
 13.人工光合成	193
 【記載項目】
  1. 定義及び対象範囲
  2. 市場概況(日本/世界、市場規模推移[単年/累積]2017年~2030年、年間CO2利用量)
  3. 原料調達動向(CO2調達コスト(CO2濃度/主な輸送方法/調達コスト)、
    H2調達コスト、今後の動向)
  4. 実証事例(名称、国、開始年、CO2量、参加企業、内容)
  5. 技術ロードマップ(2015~2030年)
  6. 主要参入企業動向(企業名、プロセス、動向)、アライアンス動向
  7. 参入企業一覧(企業名、本社、日本拠点有無)

【市場エリア定義】
エリア/主要対象国・地域
日本…全土
中国…中国本土、香港・マカオを含む
米国…米国全土
欧州…西欧諸国(ドイツ、イギリス、フランス、イタリア、スペイン、ポルトガル、ベネルクス、スカンジナビア、ギリシャ、アイルランドなど)、中東欧諸国(チェコ、オーストリア、スロバキア、スロベニア、クロアチア、セルビア、ボスニアヘルツェゴビナ、ルーマニア、バルト3国、CIS諸国など)、トルコ、ポーランド、ロシア
その他…アジア諸国、中東諸国、カナダ、メキシコ、中南米諸国、アフリカ諸国、オセアニア諸国
すべて表示

提供利用形態

本体価格 税込価格 ネットワーク共有
書籍版 書籍版 180,000円 198,000円 -
PDF版 PDF/データ版 190,000円 209,000円
NG
書籍版 PDF版 書籍版・
PDF/データ版セット
210,000円 231,000円
NG
ネットワークパッケージ版 ネットワーク
パッケージ版
360,000円 396,000円
OK
  • PDF版はレポート本文をPDFファイルで収録しています。PDF/データ版はレポート本文と数表データをPDFとExcelファイルで収録しています。いずれもご注文を受けてからの製作となります。在庫終了後にセットを選ばれた場合の書籍版は簡易製本でのご提供となります。
  • PDF版およびPDF/データ版はネットワーク上での利用はできません。ネットワーク上での利用はネットワークパッケージ版の利用契約が別途必要です。