REPORT 調査レポート

ご購入前にレポートの内容をオンラインで無償でご確認いただける「購入検討サービス」をご利用ください

サービスの利用にはマイページ会員登録が必要です。ご登録条件とご利用回数に制限がございます。

マイページ会員登録はこちら
レポートをお探しの皆さまへ
  • 自動車・輸送

自動運転シャトルの活用の可能性

自動運転シャトルの活用の可能性
発刊日2020/07/31 152005703

過疎地やオールドニュータウンなどでは交通難民が深刻な社会問題となるなか、ドライバーレスで小規模輸送が可能な自動運転シャトルの実現が求められています。2020年5月にはスーパーシティ法案が成立し、人を運ぶだけではなく物流車両としても自動運転シャトルを活用した都市構想も想定されています。本データでは、自動運転シャトルが各種交通問題を解決するための、用途マッチングを想定し、これに必要となるコア技術を考察するためのベースデータとして活用いただけます。

目次

1.自動運転シャトル概要	1
2.市場創出の背景/自動運転シャトルのポジショニングと将来の自動運転社会に与える影響	2
3.自動運転シャトル関連法規と公道走行緩和の方向性	4
 1)自動運転シャトル関連法規	4
 2)公道走行緩和の方向性	6
 3)自動運転シャトルに関連する補助金制度	7
4.国内における自動運転シャトルの市場予測(車両販売ベース)	8
 1)全体	8
 2)メーカーシェア	9
 3)用途別構成	10
 4)需要拡大の可能性のあるサービス業態とは	12
5.参入プレーヤー各社の投入・開発状況・事業開発状況	13
 1)トヨタ自動車	13
 2)本田技研工業	16
 3)日産自動車	18
 4)スズキ	19
 5)ディー・エヌ・エー	20
 6)BOLDLY	22
6.国内外サービスプロバイダ/車両メーカー/ユニットサプライヤ/主要ユーザー(法人)の関係図	24
 1)サービスプロバイダ × 車両メーカー × ユニットサプライヤ × 主要ユーザー(バス会社等)の関係図、提携・出資状況	24
 2)業態別参入領域の特色	32
7.社会問題からみた用途展開の考察	33
8.技術面、事業面の課題と対応策	48
 1)自動運転技術全般	48
 2)主要コア技術の課題と対応策	49
すべて表示

関連情報

提供利用形態

本体価格 税込価格 ネットワーク共有
PDF版 CD-ROM版 300,000円 330,000円
NG
  • PDF版はレポート本文をPDFファイルで収録しています。PDF/データ版はレポート本文と数表データをPDFとExcelファイルで収録しています。いずれもご注文を受けてからの製作となります。在庫終了後にセットを選ばれた場合の書籍版は簡易製本でのご提供となります。
  • PDF版およびPDF/データ版はネットワーク上での利用はできません。ネットワーク上での利用はネットワークパッケージ版の利用契約が別途必要です。