REPORTS調査レポート

    • 自動車・輸送

    中国EVバッテリースワップの現状実態と短中期的方向性検証調査

    中国EVバッテリースワップの現状実態と短中期的方向性検証調査
    発刊日2023/08/10 172308701

    電気自動車普及の最大の課題として「バッテリーの充電時間の長さ」が挙げられます。その課題の解決手段として、一定期間ごとにバッテリー自体を新しいものに交換する「バッテリースワップ」が注目を集めています。しかしながら日本ではまだ本格化しておらず、その実態に不透明な部分が多く存在します。そこで本レポートでは、世界的に「バッテリースワップ」が進んでいるといわれる中国市場に焦点を当て、参入プレイヤーの事例から今後の市場見通しを予測しています。

目次

A.総括編	
 1.中国におけるバッテリースワップ関連の最新トレンド、トピックスと今後の展望 	1
 2.バッテリースワップに関する中国国内エコシステム(対外連携・協業状況)の実態  	2
 3.バッテリースワップ(スワップステーション)市場の市場規模推移、予測 	3
  1)ストック市場【累計】 	3
  2)フロー市場【年間】 	4
 4.バッテリースワップ(スワップステーション)市場のシェア動向	5
  1)拠点数ベース:ストック市場 	5
  2)収容可能バッテリ数ベース:ストック市場 	6
 5.EVメーカーの対応動向 	7
  1)EVメーカー別現状のバッテリースワップ対応車種一覧 	7
  2)有力EVメーカーのバッテリースワップ対応車種投入に対する見解、今後の投入計画 	8
 6.既存参入プレイヤーおよび今後の新規参入が見込まれるプレイヤーの最新動向と今後の方向性 	8
 7.バッテリースワップにおける適用技術トレンドの現状と今後の方向性、双方向給電の「定置型蓄電池」としての可能性検証 	9
 8.中国バッテリースワップビジネスにおける現状の課題・ボトルネックと対応方向性 	9
 9.中国におけるバッテリースワップ関連の規格、法規制、助成の実態 	10
  1)中国におけるバッテリースワップ関連の規格 	10
  2)中国におけるバッテリースワップ関連の法規制 	10
  3)中国におけるバッテリースワップ関連の助成の実態 	11
 10.中国発バッテリースワップビジネスの世界展開の可能性についての検証 	12
	
B.バッテリースワップシステムサプライヤの個別事例編 	
 1.Aulton [奥動] 	13
 2.NIO [蔚来]/ [蔚能] 	19
 3.GCL-ET [協鑫能科]  	25
 4.First Technology [伯坦科技]  	31
 5.CATL [寧徳時代]/CAES [時代電服]  	37
 6.Blue Park Smart Energy Technology [藍谷智慧] 	43
 7.E-ENERGEE [易易互聯]	45
	
 <共通調査項目>	
  1.バッテリースワップビジネスの仕組み、ビジネスモデルの実態、特徴	
  2.スワップステーションの仕様、特徴	
  3.スワップステーションの展開実態、今後の計画	
   【2021年-2022年実績、2023年見込、2025年計画、2030年計画:数量】 	
   1)拠点総数(単位:箇所)	
   2)収容可能バッテリ総数(単位:台)	
  4.スワップステーションの対応ブランド、車種	
   ・ブランド(メーカー)、車種およびタイプ、バッテリ容量 	
  5.バッテリースワップビジネスにおける対外連携・協業状況と今後の方向性	
  6.バッテリースワップビジネスの海外展開計画と今後の方向性	
  7.バッテリースワップビジネスにおける課題・ボトルネックと対応方向性	
すべて表示

提供利用形態

本体価格 税込価格 ネットワーク共有
書籍版 500,000円 550,000円 -
書籍版 PDF版 600,000円 660,000円
  • レポート本文をPDFファイルで提供します。ネットワーク共有はできません。