REPORT 調査レポート

ご購入前にレポートの内容をオンラインで無償でご確認いただける「購入検討サービス」をご利用ください

サービスの利用にはマイページ会員登録が必要です。ご登録条件とご利用回数に制限がございます。

マイページ会員登録はこちら
レポートをお探しの皆さまへ
  • フード・フードサービス

新型コロナウイルスで新たな局面を迎える Immune Health関連食品素材の市場実態と将来展望

新型コロナウイルスで新たな局面を迎える Immune Health関連食品素材の市場実態と将来展望
発刊日2020/08/21 162007901

2020年に世界的パンデミックに至った新型コロナウイルス感染症により、一般消費者間では自身の健康向上に対する意識が高まり、機能性ヨーグルトやビタミンD、プロポリスなどを配合した食品の売り上げが、2020年に入り拡大しています。感染リスクの予防として、免疫の健康に対する個々人の意識は高まっており、食品素材および食品メーカーにおいては、免疫機能にアプローチする研究・開発の新たな取り組みや姿勢が求められています。本調査では、新型コロナウイルスの影響で改めて注目されるImmune health関連成分・素材や、最終製品の情報整理、素材メーカー、最終製品メーカーなどのステークホルダーの現状をまとめると同時に、「体調・免疫サポート市場」の現状、健康食品に関する「法制度」、プロモーションの課題と方策について調査、整理し、今後の研究推進、新製品開発のヒントとなる情報提供を目的に実施しました。

目次

総括編
総括-1 Immune health関連市場の現状と将来展望
 免疫の健康に関連する食品関連市場の動と今後の予測  2
 ステークホルダーの意識:新型コロナを意識したImmune healthに対する新たな取り組みなど  3
 ステークホルダーの意識:「機能素材メーカー」と「最終製品メーカー」それぞれにおける製品開発の意識  4
総括-2 健康食品や表示にかかわる法律・制度や政府の対応など
 法律一覧  5
 「表示」が可能な食品制度について  7
総括-3 Immune health訴求における課題と今後のポイント
 免疫機能に関する市場環境  8
 プロモーションにかかわる課題と今後の方策  9
総括-4 プロモーションにかかわる課題と今後の方策(機能性表示食品)
 「免疫」機能に関する「表示」について  10
 「免疫」訴求におけるブレークスルーポイント  11

素材品目編
 A.有用菌(プロバイオティクス)  13
 B.ラクトフェリン  17
 C.プロポリス  19
 D.フコイダン  21
 E.アミノ酸類  23
 F.オリゴ糖  26
 G.β-グルカン  29
 H.必須脂肪酸  31
 I.イヌリン  33
 J.冬虫夏草  35
 K.アスタキサンチン  37
 L.大麦若葉  39
 M.その他 機能素材  41

企業事例編
 1.アサヒグループホールディングス  45
 2.アピ  46
 3.味の素  47
 4.キリンホールディングス  48
 5.サントリーホールディングス  49
 6.帝人  50
 7.ファンケル  51
 8.メタジェン  52
 9.森永乳業  53
 10.ヤクルト本社  54
すべて表示

提供利用形態

本体価格 税込価格 ネットワーク共有
PDF版 CD-ROM版 300,000円 330,000円
NG
ネットワークパッケージ版 ネットワーク
パッケージ版
450,000円 495,000円
OK
  • PDF版はレポート本文をPDFファイルで収録しています。PDF/データ版はレポート本文と数表データをPDFとExcelファイルで収録しています。いずれもご注文を受けてからの製作となります。在庫終了後にセットを選ばれた場合の書籍版は簡易製本でのご提供となります。
  • PDF版およびPDF/データ版はネットワーク上での利用はできません。ネットワーク上での利用はネットワークパッケージ版の利用契約が別途必要です。