REPORTS調査レポート

    • 建築・住宅
    • 環境・社会・インフラ

    住宅設備・建材市場トレンドデータ便覧

    住宅設備・建材市場トレンドデータ便覧
    発刊日2024/06/11 162402807

    我々の生活に猛威をふるった新型コロナウイルス感染症による影響は、2023年5月の5類感染症移行後、元の生活に戻りつつあります。しかし、依然として2022年に勃発したロシアによるウクライナ進行などの影響により物価高が進み、日本経済は不安な状態が今もなお継続しています。住宅産業においても、ウッドショックや半導体不足などを乗り越えて生産は安定してきているものの、従来予想されていた人口減少による新築需要の低減に加えて、物価高の影響による買え控えの発生、2025年から省エネ基準の適合の義務化など、市況にインパクトを与える要因が今後も継続していくと予想されます。本書では、住宅設備・建材市場を俯瞰し、市場の現状と今後の成長性を考察、課題を明らかにすることで、住宅産業におけるビジネスチャンス創出につながるような情報の集約を目的とし、その方向性を示しています。

提供利用形態

本体価格 税込価格 ネットワーク共有
書籍版 170,000円 187,000円 -
書籍版 PDF版 200,000円 220,000円
  • レポート本文をPDFファイルで提供します。印刷およびネットワーク共有はできません。
書籍版 PDF版 220,000円 242,000円
  • レポート本文と数表データをPDFファイルとExcelファイルで提供します。
    印刷およびネットワーク共有はできません。
340,000円 374,000円
  • レポート本文と数表データをPDFファイルとExcelファイルでダウンロード提供します。
    ダウンロードサービスをご利用いただくにはマイページ登録が必要です。
340,000円 374,000円
  • レポート本文データをPDFファイルで提供します。
    提供媒体はCD-ROMとなります。数表データのExcelファイルは含まれません。
ダウンロードサービス利用方法

オプション選択

本体価格 税込価格 ネットワーク共有
電子書籍 30,000円 33,000円 クラウド利用
  • 単体購入はできません。書籍版、PDF版、PDF+データ版、およびこれらセットのオプションになります。追加購入をご希望の場合は別途お問い合わせください。