マーケット情報


トクホ、機能性表示食品など保健機能食品の国内市場を調査


総合マーケティングビジネスの株式会社富士経済(東京都中央区日本橋 清口正夫 代表取締役)は、2016年8月より4回に分けて、健康(Health)や美容(Beauty)に良いというコンセプトを持った食品(以下、H・Bフーズ)の国内市場を調査している。その第3回目の結果を報告書「H・Bフーズマーケティング便覧 2017 No.3 機能性表示別市場分析編」にまとめた。

この報告書では、機能性表示食品を中心に特定保健用食品(トクホ)、栄養機能食品の3つの保健機能食品の市場動向を明らかにし、訴求効能別(滋養・強壮、美肌効果、整腸効果など)に捉えることで、H・Bフーズ市場を多角的に分析した。また企業事例編では主要・注目企業51社の動向も取りまとめた。なお、第4回目では第1回から第3回目までの調査結果をもとに総括分析する。

◆調査結果の概要

保健機能食品市場

1.機能性表示食品 …明らか食品ではヨーグルト、ドリンク類では果実・野菜飲料などが好調

2015年
2016年見込
2017年予測
明らか食品
57億円
262億円
383億円
ドリンク類
105億円
332億円
392億円
健康食品・
シリーズサプリメント
138億円
448億円
541億円
合 計
301億円
1,042億円
1,317億円

機能性表示食品は2015年に制度が始まり、市場は拡大している。2016年は、2015年にヒットしたファンケルヘルスサイエンス(現・ファンケル)の「えんきん」や江崎グリコの「Bifixヨーグルト」、雪印メグミルクの「恵 megumi ガセリ菌SP株ヨーグルト」など大型ブランドの好調に加え、江崎グリコの「メンタルバランスチョコレートGABA」や「LIBERA」、カゴメの「カゴメ トマトジュース」などこれまで機能性表示食品の展開が少なかった菓子や果実・野菜飲料からも大型新商品が発売されるなど、機能性に対するニーズだけではなく、機能性と新たな食品カテゴリーとの組み合わせが需要獲得に繋がっている。

2.特定保健用食品 …ドリンク類が市場をけん引、無糖茶飲料の好調が続く

2015年
2016年見込
2017年予測
明らか食品
1,196億円
1,215億円
1,246億円
ドリンク類
2,493億円
2,582億円
2,618億円
健康食品・
シリーズサプリメント
131億円
120億円
100億円
合 計
3,820億円
3,917億円
3,963億円

トクホは保健機能食品の中で最も市場規模が大きい。その中でもドリンク類が市場の6割以上を占め、無糖茶飲料の好調が続いている。2016年は販売を終了した商品があることなどから健康食品・シリーズサプリメントの実績が縮小しているが、引き続きサントリー食品インターナショナルの「伊右衛門 特茶」、アサヒ飲料の「アサヒ 食事と一緒に十六茶W」、コカ・コーラシステムの「からだすこやか茶W」が伸長しており、今後もドリンク類を中心に市場は拡大していくとみられる。

◆訴求効能別注目市場

1.整腸効果

2015年
2016年見込
2017年予測
機能性表示食品
52億円
244億円
297億円
特定保健用食品
1,522億円
1,539億円
1,578億円
栄養機能食品
1億円
0.3億円
僅少
合 計
1,575億円
1,784億円
1,874億円

乳製品を中心に食物繊維、オリゴ糖、プルーン、アロエなど整腸効果が期待される成分を含む商品を対象とする。

機能性表示食品は2016年、既存商品の好調に加え、伊藤園の「お〜いお茶 日本の健康 玄米茶」やダノンジャパンの「ダノンビオ プレーン・加糖」など多数商品が発売されたことから大幅な拡大が見込まれる。トクホは一般消費者の乳酸菌に対する健康イメージの浸透を背景に、ヨーグルトや乳酸菌飲料の需要が増加しており、引き続き堅調に拡大していくとみられる。

2.生活習慣病予防

2015年
2016年見込
2017年予測
機能性表示食品
125億円
368億円
467億円
特定保健用食品
1,793億円
1,868億円
1,877億円
栄養機能食品
15億円
15億円
15億円
合 計
1,933億円
2,250億円
2,358億円

高血圧、糖尿病、高脂血症、動脈硬化などの生活習慣病対策として、中性脂肪値・コレステロール値改善、血糖値改善、高血圧予防などを訴求する商品を対象とする。

トクホはドリンク類が大半を占め、サントリー食品インターナショナルの「伊右衛門 特茶」など無糖茶飲料がけん引しており、今後も堅調に拡大していくとみられる。機能性表示食品は雪印メグミルクの「恵 megumi ガセリ菌SP株ヨーグルト ドリンクタイプ」、キリンビバレッジの「キリン メッツ プラス レモンスカッシュ」、カゴメの「カゴメ トマトジュース」シリーズなどドリンク類が中心となっている。また明らか食品、健康食品・シリーズサプリメントでも商品が増加しており、拡大が見込まれる。

3.アイケア

2015年
2016年見込
2017年予測
機能性表示食品
44億円
102億円
113億円
特定保健用食品
栄養機能食品
158億円
123億円
134億円
合 計
202億円
225億円
247億円

視覚改善作用が期待されるブルーベリー配合商品を主な対象とし、フレーバー要素の強い商品は原則として除外する。

アイケアではトクホの商品は販売されておらず、栄養機能食品が市場をけん引してきたが、2015年に発売されたファンケルヘルスサイエンス(現・ファンケル)の「えんきん」などの好調により、機能性表示食品も需要が増加しており、2016年の機能性表示食品市場は前年比2.3倍の拡大が見込まれる。

◆調査対象

保健機能食品別市場編 特定保健用食品、栄養機能食品、機能性表示食品
訴求効能別市場分析編 滋養・強壮、 美肌効果、整腸効果、ダイエット、生活習慣病予防、疫賦活作用、血行促進、栄養バランス、骨・関節サポート、貧血予防・改善、虫歯予防、アイケア、マルチバランス、リラックス、グリーンチャージ
企業事例編 51社

※一部の数字は四捨五入しています。このため合計と一致しない場合があります。


2017/04/25
       
上記の内容は弊社独自調査の結果に基づきます。 また、内容は予告なく変更される場合があります。 上記レポートのご購入および内容に関するご質問はお問い合わせフォームをご利用ください、 報道関係者の方は弊社グループ広報部(TEL 03-3664-5697)までご連絡をお願いいたします。