REPORTS調査レポート

    • エネルギー

    産業施設におけるエネルギー消費の実態総調査 2022

    産業施設におけるエネルギー消費の実態総調査 2022
    発刊日2022/02/22 162111825

    2030年度までにCO2排出量46%削減という具体的な目標が掲げられ、具体的な方向性として「電化」「水素化」「CO2回収」が挙げられました。本レポートでは産業施設を20業種に分類し、現在エネルギー消費状況をプロセス別、エネルギー種別(電気/燃料/蒸気)に明らかにしています。加えて、主要プロセスにおいて適用可能な電気加熱技術などの脱炭素手法を取り上げ、各業種の電化進展/脱炭素シナリオを予測するとともに、省エネポテンシャル、CO2排出量削減ポテンシャルを算出しております。

目次

I.総括編
 1.主要20業種における消費エネルギーの現状と省エネ・CO2削減ポテンシャル	3
 2.主要20業種のポジショニング	5
 3.国内製造業のエネルギーフロー	6
  1)種類別一次エネルギー量	6
  2)用途別一次エネルギー量	8
  3)種類別最終エネルギー量	10
 4.機器・プロセス別最終エネルギー消費状況(2019年度)	12
 5.主要熱使用プロセスマップ	19
 6.電化・CN燃料普及シナリオと業種別省エネポテンシャル	23
  1)エネルギー多消費業種	23
  2)エネルギー中消費業種	24
  3)エネルギー少消費業種	25
 7.電気加熱技術のプロセス別ポテンシャル評価	26
 8.業種別排熱ポテンシャル	30
 9.主要排熱発生プロセスマップ	35
 10.脱炭素に向けた製造業の取り組み・課題	39
  1)CO2排出削減に向けた取り組み	39
  2)CO2排出削減に向けた課題に対する認識	40
  3)再生可能エネルギーの利活用状況	40
  4)カーボンニュートラル燃料の導入意向について	41
  5)カーボンニュートラル燃料の導入に向けた課題に対する認識	41
  6)2020年度のエネルギー消費に対する新型コロナウイルス感染症の影響	42

II.個票編
 1.食料品製造業(食材加工品製造業)	45
 2.食料品製造業(調理品(中食)製造業)	55
 3.食料品製造業(調味料製造業)	64
 4.食料品製造業(パン・菓子製造業)	73
 5.飲料・たばこ・飼料製造業(清涼飲料製造業)	82
 6.飲料・たばこ・飼料製造業(酒類製造業)	91
 7.繊維工業	100
 8.パルプ・紙・紙加工品製造業 	111
 9.化学工業(無機化学工業製品製造業)	121
 10.化学工業(有機化学工業製品製造業)	130
 11.化学工業(医薬品製造業)	139
 12.石油製品・石炭製品製造業	148
 13.プラスチック製品製造業	157
 14.ゴム製品製造業	167
 15.窯業・土石製品製造業	176
 16.鉄鋼業	186
 17.非鉄金属製品製造業	196
 18.一般機械器具製造業	206
 19.電子部品・デバイス・電子回路製造業	217
 20.輸送用機械器具製造業(自動車・同附属品)	226
	
III.巻末資料編	
 本調査に用いたアンケート票	237
すべて表示

関連情報

提供利用形態

本体価格 税込価格 ネットワーク共有
書籍版 180,000円 198,000円 -
書籍版 PDF版 220,000円 242,000円
  • レポート本文と数表データをPDFファイルとExcelファイルで提供します。
    印刷およびネットワーク共有はできません。
360,000円 396,000円
  • レポート本文と数表データをPDFファイルとExcelファイルでダウンロード提供します。
    ダウンロードサービスをご利用いただくにはマイページ登録が必要です。
360,000円 396,000円
  • レポート本文データをPDFファイルで提供します。
    提供媒体はCD-ROMとなります。数表データのExcelファイルは含まれません。
ダウンロードサービス利用方法

オプション選択

本体価格 税込価格 ネットワーク共有
電子書籍 30,000円 33,000円 クラウド利用
  • 単体購入はできません。書籍版、PDF版、PDF+データ版、およびこれらセットのオプションになります。追加購入をご希望の場合は別途お問い合わせください。