REPORTS調査レポート

    • 産業機器・制御機器

    労働人口不足の未来予測から見たロボット潜在需要に関する考察

    労働人口不足の未来予測から見たロボット潜在需要に関する考察
    発刊日2023/09/26 162306929

    日本は少子高齢化社会を迎えるとともに、空白の30年を経て賃金も他の先進国に比べて低水準で推移しています。こうした背景から、将来的にはさらなる人手不足が懸念されており、特に「サービス」「医療・福祉」「卸売・小売」「製造業」では、2030年に相当数の労働人口の不足が指摘されています。人手不足解消の一つの手段としてロボットの活用が有望視されており、労働人口の減少を背景にロボットの潜在需要は将来的に高まっていくと予測されます。当該調査企画では、特に顕著な労働人口不足が予測される業種にフォーカスし、ロボットの潜在需要、活用シーン、ロボットタイプ別の想定台数、価格条件などを考察します。

目次

I. 総括・市場編
 1.業種別ロボット別市場俯瞰 	5
  1)市場俯瞰 	5
  2)不足労働人口の推移・予測 	6
  3)平均労働賃金の推移・予測 	7
 2.ロボットの潜在市場規模推移・予測 	8
  1)業種別 	8
  2)ロボットタイプ別 	9
 3.ロボット潜在市場を顕在化させる上での課題と方向性 	10
 4.ロボット導入の背景・方向性のパターン考察  	11
 5.業種別ロボット活用シーン 	12
 6.ロボット顕在化市場における国内メーカーシェア 	13
  1)調理ロボット(そばゆで、ソフトクリーム巻き、パスタ調理)	13
  2)米飯盛り付けロボット 	14
  3)すしロボット 	15
  4)配膳ロボット 	16
  5)業務用清掃ロボット 	17
  6)パワーアシスト・増幅スーツ(非医療・介護分野を含む)	18
  7)移乗ロボット 	19
  8)入浴支援ロボット 	20
  9)コミュニケーションロボット 	21
  10)警備ロボット 	22
  11)産業用ロボット(加工/アーク溶接・スポット溶接・塗装)	23
  12)産業用ロボット(組立/スカラ・小型垂直多関節)	24
  13)協働ロボット 	25

II.業種別市場編	
 1.飲食店 	28
 2.コンビニ 	34
 3.宿泊施設 	40
 4.介護施設 	46
 5.小売 	52
 6.工場 	58

 <業種別市場編 調査項目>
 1.労働供給人口の推移・予測(2021年実績~2030年予測)
 2.ロボットの潜在市場規模推移・予測
  (不足する労働人口×労働賃金/2021年実績~2030年予測)
 3.施設数の推移・予測(2021年実績~2030年予測)
 4.1施設あたりの採用ロボットタイプ別台数、活用シーン(2030年)
 5.1施設における業務内容別人員配置割合(2030年)
 6.想定される導入許容価格(2030年)
 7.ロボット導入における課題と方向性
すべて表示

レポートサマリー

関連情報

提供利用形態

本体価格 税込価格 ネットワーク共有
PDF版 300,000円 330,000円
450,000円 495,000円
  • レポート本文データをPDFファイルで提供します。
    提供媒体はCD-ROMとなります。数表データのExcelファイルは含まれません。

オプション選択

本体価格 税込価格 ネットワーク共有
電子書籍 30,000円 33,000円 クラウド利用
  • 単体購入はできません。書籍版、PDF版、PDF+データ版、およびこれらセットのオプションになります。追加購入をご希望の場合は別途お問い合わせください。