REPORTS調査レポート

    • エネルギー
    • 環境・社会・インフラ

    カーボンリサイクルCO2削減関連技術・材料市場の現状と将来展望 2024

    カーボンリサイクルCO2削減関連技術・材料市場の現状と将来展望 2024
    発刊日2024/07/09 162310822

    2020年の発刊以来好評いただいているレポートの改訂第3版です。2023年のGX関連法成立を受けた数兆円規模の巨額GX移行債の発行により、資金面の後ろ盾を得たカーボンリサイクル技術は、実用化に向けて益々取組みが加速することが期待されています。2024年版は、CO2排出源、CO2分離技術、CO2分離技術材料、CO2利活用の4区分による従来の構成は変えずに、ネガティブエミッション、圧力別分離技術、バイオ関連、化学品、コンクリート炭酸塩など注目分野を拡充するとともに、業界別トランジションプラン、GX移行債に代表されるトランジション・ファイナンス動向を軸としながら、より詳細なカーボンリサイクルの全体市場の分析、市場予測に焦点をあてています。

調査対象

CO2原料ソース
 1. 発電所
 2. 鉄鋼
 3. セメント
 4. 天然ガス
 5. 石油精製
 6. アンモニア
 7. バイオガス
 8. バイオマス発電
 9. 輸送

CO2分離技術市場
 1. 化学吸収
 2. 物理吸収
 3. 物理吸着
 4. 膜分離
 5. 固体吸収
 6. 冷熱利用
 7. DAC(Direct Air Capture)
 8. グリーンカーボン(植林・再生林)
 9. グリーンカーボン(バイオ炭)
 10.ブルーカーボン(海藻養殖)
 11. DOC(Direct Ocean Capture)
 12. 風化促進

CO2分離材料市場
 1. 化学吸収液
 2. 物理吸収液
 3. ゼオライト
 4. その他吸収 吸着剤
 5. 高分子膜
 6. その他膜
 7. PCP/MOF

CO2利活用
 1. CCS
 2. EOR
 3. 液化炭酸ガス・ドライアイス
 4. 温室栽培
 5. 尿素
 6. 合成ガス(熱化学)
 7. メタノール
 8. メタン
 9. プロパン
 10. オレフィン
 11. BTX
 12. エチレングリコール
 13. ポリカーボネート
 14. ポリウレタン
 15. バイオ由来化学品(微生物、藻類)
 16. 微細藻類由来バイオジェット燃料
 17. 合成燃料(e-Fuel)
 18. CO2固定コンクリート
 19. 炭酸塩
すべて表示

調査項目

II.CO2原料ソース市場編
 1. 定義および対象範囲
 2. CO2発生量推移・予測(日本/世界、2022年~2050年、1,000t-CO2)
 3. エリア別CO2発生量(世界、2023年実績、日本/中国/他アジア/北/ 欧州/その他、
  1,000t-CO2)
 4. 仕向け先別CO2発生量(世界2023年実績、1,000t-CO2)
 5. 注目CCUSプロジェクト
 6. 主要参入企業一覧

III.CO2分離技術市場編
 1. 定義および対象範囲
 2. 市場規模推移・予測
    1)市場規模推移・予測(単年)(日本/世界、2022年~2050年、数量/金額)
  2)市場規模推移・予測(累積)(日本/世界、2022年~2050年、基)
  3)年間CO2分離量(2023年、2025年、2030年、2040年、2050年、t-CO2)
 3. エリア別市場(世界(累積)、2023年実績、日本/中国/他アジア/北米/欧州/その他、基)
 4. 原料ソース別市場
 (世界(累積)、2023年実績、発電所/鉄鋼/セメント/天然ガス/石油精製/アンモニア/バイオマ
    ス/その他、基)
 5. CO₂濃度別市場(世界(累積)、 2023 年実績、高濃度(プロセス) 低濃度(排ガス)、その
    他、基
 6. 価格動向
 7. 技術ロードマップおよび技術課題
 8. メーカーシェア(世界(累積)、2023年実績、基)

IV.CO2分離技術材料市場編
 1. 定義および対象範囲
 2. 市場規模推移・予測(世界、2022年~2050年、数量/金額) 数量単位は品目により異なる
 3. 種類別動向(世界、2023年実績、数量)
 4. メーカーシェア(世界、2023年実績、数量)
 5. 価格動向
 6. 主要参入企業動向、アライアンス動向
 7. 主要参入企業一覧

V.CO2利活用製品市場編
 1. 定義および対象範囲
 2. 市場規模推移・予測
    1)市場規模推移・予測(日本/世界、2022年~2050年、数量/金額)
     ※数量単位は品目により異なる。 1、2はプラント基数ベース(基)、単年および
   累積 2)年間CO2利用量(2023年、2025年、2030年、2040年、2050年、t-CO2)
 3. 従来品市場規模推移・予測(日本/世界、2023年、2025年、2030年、2040年、2050年、数
    量/金額)
     ※数量単位は品目により異なる
 4. 製品コストおよび従来品との比較
 5. 技術ロードマップおよび技術課題
 6. 実証事例、研究開発動向
 7. 主要参入企業動向
 8. 主要参入企業一覧
すべて表示

目次

I.総括編			
 1.CO2削減関連技術・市場の現状と将来展望 	3		
 2.CO2量から見たカーボンリサイクル全体チェーン 	6		
 3.CO2原料ソース・CO2輸送・CO2利活用の概況図	8		
 4.CO2原料ソース市場総括 	12		
 5.CO2分離技術/材料市場総括 	14		
 6.CO2利活用製品市場総括 	17		
 7.主要業界別ネットゼロトランジションプラン 	24		
 8.国内外トランジション・ファイナンスの動向 	40		
 9.ネガティブエミッション技術の動向 	44		
 10.CO2関連プロジェクト一覧	46		
 11.主要参入企業のポジショニング 	49		
			
II.CO2原料ソース市場編			
 1.発電所 	53		
 2.鉄鋼 	57		
 3.セメント 	61		
 4.天然ガス 	65		
 5.石油精製 	69		
 6.アンモニア 	73		
 7.バイオガス 	77		
 8.バイオマス発電 	81		
 9.輸送 	85		
			
III.CO2分離技術市場編			
 1.化学吸収 	91		
 2.物理吸収 	99		
 3.物理吸着 	104		
 4.膜分離 	110		
 5.固体吸収 	116		
 6.冷熱利用 	121		
 7.DAC(Direct Air Capture)	123		
 8.グリーンカーボン(植林再生林)	130		
 9.グリーンカーボン(バイオ炭)	132		
 10.ブルーカーボン(海藻養殖)	135		
 11.DOC(Direct Ocean Capture)	138		
 12.風化促進 	139		
			
IV.CO2分離技術材料市場編			
 1.化学吸収液 	143		
 2.物理吸収液 	148		
 3.ゼオライト 	151		
 4. その他吸収/吸着材 	155		
 5.高分子膜 	157		
 6.その他膜 	161		
 7. PCP/MOF 	163		
			
V.CO2利活用製品市場編			
 1.CCS 	169		
 2.EOR	174		
 3.液化炭酸ガスドライアイス	179		
 4.温室栽培 	184		
 5.尿素 	188		
 6.合成ガス(熱化学)	191		
 7.メタノール	196		
 8.メタン	201		
 9.プロパン 	207		
 10.オレフィン 	209		
 11.BTX 	211		
 12.エチレングリコール 	212		
 13.ポリカーボネート 	215		
 14.ポリウレタン 	220		
 15.バイオ由来化学品(微生物、藻類)	225		
 16微細藻類由来バイオジェット燃料 	227		
 17.合成燃料(e-Fuel)	233		
 18.CO2固定コンクリート 	240		
 19.炭酸塩 	246
すべて表示

レポートサマリー

提供利用形態

本体価格 税込価格 ネットワーク共有
書籍版 180,000円 198,000円 -
書籍版 PDF版 210,000円 231,000円
  • レポート本文をPDFファイルで提供します。印刷およびネットワーク共有はできません。
書籍版 PDF版 230,000円 253,000円
  • レポート本文と数表データをPDFファイルとExcelファイルで提供します。
    印刷およびネットワーク共有はできません。
360,000円 396,000円
  • レポート本文と数表データをPDFファイルとExcelファイルでダウンロード提供します。
    ダウンロードサービスをご利用いただくにはマイページ登録が必要です。
360,000円 396,000円
  • レポート本文データをPDFファイルで提供します。
    提供媒体はCD-ROMとなります。数表データのExcelファイルは含まれません。

オプション選択

本体価格 税込価格 ネットワーク共有
電子書籍 30,000円 33,000円 クラウド利用
  • 単体購入はできません。書籍版、PDF版、PDF+データ版、およびこれらセットのオプションになります。追加購入をご希望の場合は別途お問い合わせください。