REPORTS調査レポート

    • エネルギー
    • 環境・社会・インフラ

    カーボンリサイクルCO2削減関連技術・材料市場の現状と将来展望 2024

    カーボンリサイクルCO2削減関連技術・材料市場の現状と将来展望 2024
    発刊日2024/07/01 162310822

    2020年の発刊以来好評いただいているレポートの改訂第3版です。2023年のGX関連法成立を受けた数兆円規模の巨額GX移行債の発行により、資金面の後ろ盾を得たカーボンリサイクル技術は、実用化に向けて益々取組みが加速することが期待されています。2024年版は、CO2排出源、CO2分離技術、CO2分離技術材料、CO2利活用の4区分による従来の構成は変えずに、ネガティブエミッション、圧力別分離技術、バイオ関連、化学品、コンクリート炭酸塩など注目分野を拡充するとともに、業界別トランジションプラン、GX移行債に代表されるトランジション・ファイナンス動向を軸としながら、より詳細なカーボンリサイクルの全体市場の分析、市場予測に焦点をあてています。

調査対象

CO2原料ソース市場編
1. 発電所、2. 鉄鋼、3. セメント、4. 天然ガス、5. 石油精製、6. アンモニア、7. バイオマス(排ガス、バイオガス、発酵)、8. 輸送(自動車、船舶、航空機)、9. 廃棄物焼却

CO2分離技術市場編
1. 化学吸収、2. 物理吸収、3. 物理吸着、4. 膜分離、5. 固体吸収/固体吸着、6. 深冷分離、7. DAC(Direct Air Capture)、8. グリーンカーボン(植林・再生林、バイオ炭、土壌)、9. ブルーカーボン(アルカリ化、肥沃化、海藻養殖)、10. 風化促進

CO2分離技術材料市場編
1. 化学吸収液、2. 物理吸収液、3. ゼオライト吸着材、4. 活性炭、5. その他吸収/吸着材(アミン系、炭酸カリウム系等)、6. 高分子膜、7. その他膜(無機膜、MMM、促進輸送膜)、8. PCP/MOF

CO2利活用市場編
1. CCS、2. EOR/EGR、3. 液化炭酸ガス/ドライアイス、4. 温室栽培、5. 尿素、6. 合成ガス(熱化学、光化学、電気化学)、7. メタノール、8. メタン(燃料、化学品)、9. プロパン(燃料、化学品)、10. オレフィン、11. BTX、12. エチレングリコール、13. ポリカーボネート、14. ポリウレタンおよび中間原料、15. その他化学品、16. バイオ由来化学品(微生物、藻類)、17. バイオ燃料(SAF)、18. 合成燃料(e-Fuel)、19. コンクリート・セメント、20. 炭酸塩
すべて表示

提供利用形態

本体価格 税込価格 ネットワーク共有
書籍版 180,000円 198,000円 -
書籍版 PDF版 210,000円 231,000円
  • レポート本文をPDFファイルで提供します。印刷およびネットワーク共有はできません。
書籍版 PDF版 230,000円 253,000円
  • レポート本文と数表データをPDFファイルとExcelファイルで提供します。
    印刷およびネットワーク共有はできません。
360,000円 396,000円
  • レポート本文と数表データをPDFファイルとExcelファイルでダウンロード提供します。
    ダウンロードサービスをご利用いただくにはマイページ登録が必要です。
360,000円 396,000円
  • レポート本文データをPDFファイルで提供します。
    提供媒体はCD-ROMとなります。数表データのExcelファイルは含まれません。
ダウンロードサービス利用方法

オプション選択

本体価格 税込価格 ネットワーク共有
電子書籍 30,000円 33,000円 クラウド利用
  • 単体購入はできません。書籍版、PDF版、PDF+データ版、およびこれらセットのオプションになります。追加購入をご希望の場合は別途お問い合わせください。