REPORTS調査レポート

    • エネルギー
    • 環境・社会・インフラ

    北米CCUSプロジェクトのビジネスモデルに関する考察と日系企業の参入可能性に関する調査

    北米CCUSプロジェクトのビジネスモデルに関する考察と日系企業の参入可能性に関する調査
    発刊日2024/06/26 162312730

    CCSやCCUはCO2排出量削減に向けた技術として注目されています。北米市場は政策支援を受け現地企業がCCUS事業を展開していますが、海外企業の参入可能性は不透明です。本調査では北米のCCUS市場の現地調査により、プロジェクトにおいて自社技術が採用に向け重視される点、IRA(米国インフレ抑制法)およびタックスクレジットの制度見直しから伺える2032年以降の展望、ひいてはCCUS進展によるメタネーション・アンモニア製造拡大の可能性を明らかにします。

調査項目

I.総括編
 1. CCUSプロジェクト関連市場の現状と普及の見通し
  1)北米市場における調査対象範囲の類型化と参入企業のポジショニング
  2)北米CCUSプロジェクトのロードマップ
 2. 北米市場の長期市場規模予測
 3. 北米CCUSプロジェクト開発の経緯・背景に関する考察
 4. タイプ別CCUSビジネスモデルに関する考察
  1)ビジネスモデルの傾向と相違点
  2)CO2回収コスト動向の傾向と相違点
  3)収益性の傾向と相違点
  4)改善に向けた課題の傾向と相違点
 6. サプライチェーン上のCO2販売とプレイヤーの役割、収益性に関する考察
 7. 個別プロジェクトの操業・販売および収益に関する課題の整理
 8. 日系企業の北米CCUS市場への参入可能性と参入ポイントに関する考察

II.北米のCCUSプロジェクト概要 →文献調査(96件)
 1. 米国における稼働中のCCUSプロジェクト(83件)
 2. カナダにおける稼働中のCCUSプロジェクト(13件)
 3. 北米におけるCCUSプロジェクト関連支援策の動向

III.個別プロジェクト事例編 →北米ヒアリング調査(4件)
 1. 主要企業の役割・位置づけ
 2. 業種・業界の全体動向に関する見解
 3. プロジェクト開発に至るまでの経緯・背景
 4. ビジネスモデル
  1)プロジェクトの概要
  2)原料ガス発生フローにおける工程別CO2回収状況
  (1)回収システム費用(円/t)
  (2)原料ガス発生フロー、および分離回収技術
  (3)発生ガス組成、および発生量(万t/年)
  (4)回収ガス組成とその比率(%)
  (5)CO2回収量、およびCO2回収率(万t CO2/年、%)
  3)産業施設の運転状況
  (1)年間CO2回収投資コスト(円/t)
  (2)回収CO2処理と利活用方法
  (3)CO2回収・処理時の利用エネルギー種とその脱炭素化状況
  (4)操業、販売および収益改善の課題
  4)プレイヤー(事業主、EPC、分離回収、他)
 5. サプライチェーン上のCO2販売動向とプレイヤーの役割
 6. 今後の事業展開
すべて表示

提供利用形態

本体価格 税込価格 ネットワーク共有
書籍版 990,000円 1,089,000円 -
書籍版 PDF版 1,100,000円 1,210,000円
  • レポート本文をPDFファイルで提供します。ネットワーク共有はできません。