REPORTS調査レポート

    • エネルギー
    • 環境・社会・インフラ

    エネルギー・大型二次電池・材料の将来展望 2024 ESS・定置用蓄電池分野編

    エネルギー・大型二次電池・材料の将来展望 2024 ESS・定置用蓄電池分野編
    発刊日2024/08/01 162401805

    再エネの導入拡大に伴い、定置用蓄電池への注目度が増しています。当レポートでは、電気代上昇・自家消費利用の増加により市場拡大が続く住宅用蓄電池、PPA形式での導入も進展を見せる業務・産業用蓄電池、「蓄電所ビジネス」として新たなビジネスモデルが構築されている系統用蓄電池、UPSや基地局併設のバックアップ電源など、各アプリケーション別に定置用蓄電池の長期市場予測(2040年まで)を行っています。2024年版では、注目される長期脱炭素電源オークションの動向やリユース電池の将来動向、海外電池メーカーの動向等も掲載しています。

調査対象

 1.中・大容量UPS
 2.無線基地局用バックアップ電源装置
 3.直流電源装置(100V系)
 4.住宅用蓄電システム(系統連系タイプ)
 5.小型蓄電システム(非系統連系タイプ)
 6.ポータブル電源
 7.業務・産業用蓄電システム(300kWh未満)
 8.業務・産業用蓄電システム(300kWh以上)
 9.系統用蓄電システム
 10.再エネ(太陽光・風力)併設用蓄電システム
すべて表示

調査項目

総括分析編
 1.世界情勢と今後のESS・定置用蓄電池市場の将来展望
 2.ESS・定置用蓄電池分野における蓄電デバイスの市場規模推移・予測
 3.主要国における蓄電池に係る政策・規制の動向
 4.世界の脱炭素化の潮流とエリア別蓄電デバイス市場動向
 5.日本市場における再エネ普及動向と蓄電池市場の動向
 6.ESS・定置用蓄電池市場における業界構造
 7.ESS・定置用蓄電池市場におけるサプライチェーンマップ
 8.ESS・定置用蓄電池関連の主要プレイヤーの動向
 9.ESS・定置用蓄電池の用途・使途と採用蓄電デバイスの動向
 10.ESS・定置用蓄電池のコスト分析
 11.リユース電池の定置用蓄電池への展開
 12.定置用蓄電池と次世代電池、次世代貯蔵技術の動向

ESS・定置用蓄電池向け蓄電池市場編
I.アプリケーション製品市場
 1.製品概要・用途
 2.市場規模推移・予測
 3.参入企業動向・市場シェア
 4.製品開発トレンド

II.蓄電デバイス市場
 1.蓄電デバイスの採用動向
  1)蓄電デバイスの採用トレンド
  2)蓄電デバイス供給/調達関係
 2.蓄電デバイス容量・コスト推移
  1)蓄電容量推移(kWh/台)
  2)コスト推移(万円/kWh)
 3 .蓄電デバイス市場規模推移・予測
すべて表示

提供利用形態

本体価格 税込価格 ネットワーク共有
書籍版 180,000円 198,000円 -
書籍版 PDF版 210,000円 231,000円
  • レポート本文をPDFファイルで提供します。印刷およびネットワーク共有はできません。
書籍版 PDF版 230,000円 253,000円
  • レポート本文と数表データをPDFファイルとExcelファイルで提供します。
    印刷およびネットワーク共有はできません。
360,000円 396,000円
  • レポート本文と数表データをPDFファイルとExcelファイルでダウンロード提供します。
    ダウンロードサービスをご利用いただくにはマイページ登録が必要です。
360,000円 396,000円
  • レポート本文データをPDFファイルで提供します。
    提供媒体はCD-ROMとなります。数表データのExcelファイルは含まれません。
ダウンロードサービス利用方法

オプション選択

本体価格 税込価格 ネットワーク共有
電子書籍 30,000円 33,000円 クラウド利用
  • 単体購入はできません。書籍版、PDF版、PDF+データ版、およびこれらセットのオプションになります。追加購入をご希望の場合は別途お問い合わせください。