REPORTS調査レポート

    • フード・フードサービス

    メンタルケア・ブレインヘルスフーズ市場最新調査

    メンタルケア・ブレインヘルスフーズ市場最新調査
    発刊日2024/05/28 162404909

    健康トピックスとしてメンタルケア・ブレインヘルス関連領域への注目は高まり続けており、認知機能に課題感を持つ高齢者層はもちろん、ストレスフルな日々を送る現役世代や若年層においても受験やeスポーツ分野で活用が広がるなど年代を越えて需要が拡大しています。本レポートでは成長市場であるメンタルケア・ブレインヘルス領域を剤形別(飲料、ゼリー、菓子、サプリメントなど)や機能・目的別(認知・記憶力強化、睡眠、ストレス・精神的疲労感軽減など)に集計・分析を行い、有望カテゴリーを明らかにするとともに市場の将来を展望します。

調査対象

II.剤型別カテゴリー分析編
 1.飲料
 2.ゼリー飲料・スティックゼリー
 3.菓子
 4.その他食品
 5.サプリメント

III.機能・目的別カテゴリー分析編
 A.活性効果
  1.認知・記憶力強化
  2.注意力・集中力強化
  3.覚醒・眠気覚まし
 B.鎮静効果
  1.睡眠
  2.ストレス・精神的疲労感軽減
 C.その他
  気分(月経時の晴れない気分緩和etc.)
すべて表示

調査項目

I.総括編
 1)調査結果サマリー
 2)市場規模推移と将来予測
 3)剤型別販売規模推移(2022年、2023年、2024年見込)
 4)機能・目的別販売規模推移(2022年、2023年、2024年見込)
 5)市場占有状況(2022年、2023年、2024年見込)
 6)チャネル別販売規模推移(2022年、2023年、2024年見込)
 7)成分別販売規模推移(2022年、2023年、2024年見込)と有望成分
 8)機能性表示食品販売規模推移(2022年、2023年、2024年見込)
 9)今後の有望カテゴリー(剤型別、機能・目的別)
 10)要因分析
 11)オケージョン・ターゲットから見る有望分野
 12)剤型別カテゴリー×機能・目的別カテゴリーポートフォリオから見る有望分野
 13)新規需要の可能性

II.剤型別カテゴリー分析編
 1)市場規模推移
 2)機能・目的別動向
 3)市場占有状況
 4)チャネル別動向
 5)成分別動向
 6)機能性表示食品動向
 7)ヒット要因分析

III.機能・目的別カテゴリー分析編
 1)市場規模推移
 2)剤型別動向
 3)市場占有状況
 4)チャネル別動向
 5)成分別動向
 6)機能性表示食品動向
 7)オケージョンとターゲット分析
すべて表示

提供利用形態

本体価格 税込価格 ネットワーク共有
PDF版 300,000円 330,000円 -
予約特典
電子書籍
電子書籍オプション
  • 発刊日前日まで予約特典をご提供します。電子書籍オプションを選択してください。
450,000円 495,000円
  • レポート本文データをPDFファイルで提供します。
    提供媒体はCD-ROMとなります。数表データのExcelファイルは含まれません。

オプション選択

本体価格 税込価格 ネットワーク共有
電子書籍 30,000円 33,000円 クラウド利用
  • 単体購入はできません。書籍版、PDF版、PDF+データ版、およびこれらセットのオプションになります。追加購入をご希望の場合は別途お問い合わせください。