• エネルギー

エネルギーデジタル化ビジネス総調査 2019 サービス・システム市場編

エネルギーデジタル化ビジネス総調査 2019 サービス・システム市場編
発刊日2019/10/30 111906859

AI(人工知能)、IoT、ブロックチェーン、5Gなど、新たな情報収集・処理・通信技術は、相互に技術的連関の強度を高めながら加速度的な発展を続けています。応用分野は多岐にわたり、エネルギー分野でも多くのサービスがFS段階から実用段階に移行しつつあります。従来のエネルギービジネスのスキームそのものを変革するインパクトを持って、これら技術を活用した様々なビジネスモデルが提案されており、異業種間や国内外のアライアンスも活発化しています。本編では従来型ビジネスモデルに革新をもたらす技術群を総称して「デジタル化技術」と定義し、これらによって実現されるエネルギーサービス/システムの詳細と、各サービスの2030年度までの市場規模予測を行います。VPP、DRなどエネルギーリソースのアグリゲーションを伴う新ビジネスを中心に、急速に導入が進む太陽光発電や蓄電システム、EVなどのマネジメントを通じた付加価値サービスや、従来型の省エネ/ソリューションサービスの高付加価値化/差別化の実情を明らかにします。

目次

I.総括編	1
 1.エネルギーデジタル化ビジネスの全体像と市場変動要因	3
 2.エネルギーデジタル化ビジネスを取り巻く環境変化と今後の市場展開	4
 3.エネルギーデジタル化ビジネスの業界マップと主要関連プレイヤー	5
 4.注目エネルギーデジタル化技術活用の展開とエネルギービジネス成長のロードマップ	
  1)AI	8
  2)IoT	9
  3)ブロックチェーン	10
 5.エネルギーサービス市場規模推移	11
 6.需要家別エネルギーリソース(DR/VPPポテンシャル)市場規模推移	13
 7.エネルギーデジタル化ビジネス関連法制度・規制の動向	15
  1)調整力公募	15
  2)需給調整市場	16
  3)容量市場	18
  4)その他関連法制度・規制	19
 8.2019年度の主なエネルギーデジタル化ビジネス関連補助事業	22
 ※市場規模推移は全て2018~2020年度、2025年度、2030年度の区分で算出

II.集計編	25
 1.エネルギーサービス市場(金額ベース)	27
  1)新規獲得市場(フロー)	27
  2)累計獲得市場(ストック)	28
 2.エネルギーサービス市場(数量ベース)	30
  1)新規獲得市場(フロー)	30
  2)累計獲得市場(ストック)	31
 3.主要サービス事業者のシェア動向	33
  1)エネルギーマネジメントサービス	33
  2)太陽光発電遠隔監視サービス	33
  3)空調・熱源設備遠隔監視サービス	34
  4)エネルギーサービスプロバイダー(ESP)	35
  5)DR/VPP	36
  6)余剰電力買取サービス(太陽光発電システム)	36
  7)余剰電力買取サービス(エネファーム)	37
  8)電力預かりサービス(仮想蓄電サービス)	37
  9)ソーラーPPA(第三者保有モデル)	37
 4.エネルギーリソース(DR/VPPポテンシャル)市場	38
  1)空調機器(プロセス冷却設備)		38
  2)給湯機器	39
  3)照明機器	40
  4)厨房機器	40
  5)自家発電設備	40
  6)太陽光発電システム		41
  7)蓄電池	41
  8)EV/PHEV	42
  9)xEMS	42
  ※市場規模推移は全て2018~2020年度、2025年度、2030年度の区分で算出

III.エネルギーサービス編	43
 1.エネルギーマネジメントサービス	45
 2.太陽光発電遠隔監視サービス	51
 3.空調・熱源設備遠隔監視サービス	57
 4.エネルギーサービスプロバイダー(ESP)	63
 5.DR/VPP	69
 6.余剰電力買取サービス(太陽光発電システム)	75
 7.余剰電力買取サービス(エネファーム)	・81
 8.電力預かりサービス(仮想蓄電サービス)	85
 9.P2P電力取引サービス	89
 10.ソーラーPPA(第三者保有モデル)	93

 掲載項目
  1.サービス概要・市場定義
  2.サービススキーム(サービス&マネーフロー)
  3.市場規模推移及び予測(2018~2020年度、2025年度、2030年度)
   1)新規獲得市場(フロー)※
   2)累計獲得市場(ストック)※
  4.サービス展開上の問題点(解決すべき課題)
  5.デジタル化技術の採用動向・見通し
   ・デジタル化技術(AI、IoT、ブロックチェーン、5G)
   ・採用段階(検討段階、実証段階、実用段階)
   ・想定用途(デジタル化技術の活用方法)
  6.主要サービス事業者のシェア動向
  7.主要参入企業一覧

IV.エネルギーリソース(DR/VPPポテンシャル)編	99
 1.住宅需要家	101
 2.業務需要家	104
 3.産業需要家	109

 掲載項目
  1.市場定義(対象機器、対象機器内訳)
  2.主要需要家の電力需要特性(業種、ピーク時の電力需要構成、需要家の特性)
  3.エネルギーリソース(DR/VPPポテンシャル)市場規模推移
   (2018~2020年度、2025年度、2030年度)
   ・エネルギーリソース(DR/VPPポテンシャル)市場規模の推定方法
   (定格容量、ストックベース)
   ・参考情報:xEMS市場規模推移
 ※対象機器
  ・住宅需要家:ルームエアコン、エコキュート、照明機器、エネファーム、太陽光発電システム、蓄電池、EV、PHEV、HEMS
  ・業務需要家:空調機器(PAC、ビル用マルチ、GHP、蓄熱式空調システム、チリングユニット、ターボ冷凍機、吸収式冷凍機)、HP給湯機、照明機器、冷凍・冷蔵ショーケース、自家発電設備、太陽光発電システム、蓄電池、EV、PHEV、BAS、BEMS
  ・産業需要家:空調・プロセス冷却機器(PAC、ビル用マルチ、GHP、チリングユニット、ターボ冷凍機、吸収式冷凍機)、照明機器、自家発電設備、太陽光発電システム、FEMS

V.エネルギーサービス・システム導入事例編	113
 1.掲載事業者一覧(278社)	115
 2.掲載対象補助事業(補助金)一覧(16事業)	116
 3.事業者別顧客獲得事例一覧(2,696件)	117
すべて表示

提供利用形態

本体価格 税込価格 ネットワーク共有
書籍版 書籍版 180,000円 198,000円 -
PDF版 PDF/データ版 190,000円 209,000円
NG
書籍版 PDF版 書籍版・
PDF/データ版セット
210,000円 231,000円
NG
ネットワークパッケージ版 ネットワーク
パッケージ版
360,000円 396,000円
OK
  • PDF版はレポート本文をPDFファイルで収録しています。PDF/データ版はレポート本文と数表データをPDFとExcelファイルで収録しています。いずれもご注文を受けてからの製作となります。在庫終了後にセットを選ばれた場合の書籍版は簡易製本でのご提供となります。
  • PDF版およびPDF/データ版はネットワーク上での利用はできません。ネットワーク上での利用はネットワークパッケージ版の利用契約が別途必要です。