レポートをお探しの皆さまへ
レポートの共有をお考えの皆さまへ
  • 自動車・輸送

パーソナルモビリティ/超小型モビリティのポテンシャル調査と将来展望

パーソナルモビリティ/超小型モビリティのポテンシャル調査と将来展望
発刊日2021/07/09 172103740

欧米を中心にパーソナルモビリティの需要が拡大しています。日本でも道路交通法改正の機運が高まっているほか、2020年9月1日に「道路運送車両法施行規則」が一部改正・施行されたことにより、超小型モビリティは最高時速60km以下で公道を自由に走行できるようになりました。また、電動車いすは元々「車いす」として位置付けされているため、日本の道路交通法では歩行者としての扱いとなり、歩道での走行が可能で高齢化が進む日本では電動車いすの普及が予測されています。そこで電動キックボード、電動車いす、搭乗型移動支援モビリティ、超小型モビリティ、電動トライクを取り上げ、市場性、シェアリングサービス向けの市場動向、普及させる上での課題などを分析し、あわせてモビリティユーザーや地方自治体の事例を調査することで、パーソナルモビリティおよび超小型モビリティのポテンシャルと将来性を分析しております。

目次

総括編	1
 1.パーソナルモビリティ/超小型モビリティの定義、概要	2
 2.パーソナルモビリティ/超小型モビリティの現状と将来性分析	3
  2-1)パーソナルモビリティ導入推進の背景と主な目的	3
  2-2)パーソナルモビリティ/超小型モビリティの市場規模推移(2019年実績~2030年予測、数量)	4
  2-3)パーソナルモビリティ/超小型モビリティの利用シーン別市場規模推移(2019年実績~2030年予測、数量)	6
 3.企業・自治体のパーソナルモビリティサービス展開状況	7
  3-1)企業	7
  3-2)地方自治体	13
 4.法規制の動向	17
  4-1)パーソナルモビリティ	17
  4-2)超小型モビリティ	19
 5.ユーザーの要望一覧	20

A.パーソナルモビリティ/超小型モビリティ市場編	24
 1.電動キックボード	25
 2.電動車いす	36
 3.電動立ち乗り型モビリティ	47
 4.超小型モビリティ	57
 5.電動トライク	68

B.ユーザー事例編	73
 1.東日本旅客鉄道	74
 2.京浜急行電鉄	76
 3.小田急電鉄	78
 4.南海電気鉄道	80
 5.日本空港ビルディング	82
 6.成田国際空港	84
 7.全日本空輸	86
 8.近畿日本ツーリスト九州	88
 9.ハウステンボス	90
 10.東京警備保障	92
 11.セコム	94
 12.日本郵便	97
 13.イオンモール	100
 14.慶応義塾大学病院	103
 15.大和ハウス工業	105
 16.ENEOS	108
 17.SEEDホールディングス	111

C.地方自治体事例編	113
 1.豊田市	114
 2.たつの市	117
 3.横浜市	119
 4.さいたま市	122
 5.つくば市	124
 6.千葉市	126
すべて表示

提供利用形態

本体価格 税込価格 ネットワーク共有
書籍版 700,000円 770,000円 -
書籍版 PDF版 770,000円 847,000円
NG
  • PDF版はレポート本文をPDFファイルで収録しています。PDF/データ版はレポート本文と数表データをPDFとExcelファイルで収録しています。いずれもご注文を受けてからの製作となります。在庫終了後にセットを選ばれた場合の書籍版は簡易製本でのご提供となります。
  • PDF版およびPDF/データ版はネットワーク上での利用はできません。ネットワーク上での利用はネットワークパッケージ版の利用契約が別途必要です。