• 環境・社会・インフラ

2019年版 水資源関連市場の現状と将来展望

2019年版 水資源関連市場の現状と将来展望
発刊日2019/10/28 141905813

水処理技術は、水資源の不足、水環境の改善の観点から浄水、下水、産業用水、産業排水などさまざまな分野、用途で採用されており、近年はより高品質な水を製造するための高度処理技術が注目されています。また海水淡水化や排水再利用化といった渇水対策技術も、従来型技術から膜や吸着技術などを用いた高付加価値技術が用いられています。水処理技術の中でも特に付加価値の高い技術に焦点をあて、各水処理技術別の市場・技術・需要分析を行うとともに、「産業/業種別マーケット分析」「次世代水処理技術の最新動向」「水処理×IoT/AI」「グローバル水ビジネスのトレンド」について整理しています。

目次

I.総括編  1
 1.水資源関連ビジネスの全体俯瞰  3
 2.国内の水資源関連市場を取り巻く社会動向と関連省庁における制度の動向  4
 3.水資源関連ビジネスの市場動向   5
  1)個別品目別市場規模推移(世界市場)  5
  2)個別品目別市場規模推移(国内市場)  6
 4.次世代水処理技術の開発動向  11
  1)Atmospheric Water Generator(大気造水装置)  11
  2)Zero Liquid Discharge(ZLD)  13
  3)正浸透膜(FO膜)  15
 5.新製品・サービス開発/研究開発のキーワード  17
 6.日系・海外企業のアライアンス動向  26
  1)日系企業×日系企業  26
  2)日系企業×外資企業  27
  3)外資系企業×外資系企業  31
 7.需要分野別の水処理装置・EPC/サービス市場・技術動向(国内市場)  33
  a.浄水処理  33
  b.下水処理  36
  c.食品・飲料  39
  d.化学  43
  e.エレクトロニクス  47
  f.電力  52
  g.輸送機械  55
  h.鉄鋼・非鉄  58
  i.紙・パルプ  62
  j.製薬  66
  k.全体  70
 8.水処理向けIoT、AIサービスの先進的取り組み  71
  1)水処理関連企業が中心となる先進事例  71
  2)ITベンダーなど水処理企業以外が中心となる先進事例  77
 9.グローバル水ビジネスのトレンド 80
  1)北米・欧州・中東・アジアにおける水処理動向  80  
  2)日系企業のグローバル展開動向  82
  3)東南アジア主要国における水処理トレンド  84
 10.関連省庁における水資源関連政策の動向  88
  1)水資源行政に関わる組織と法規制・施策動向  88
  2)個別省庁の補助金・プロジェクトの動向  90
  3)汚水処理の広域化・集約化に向けた動向  94
 11.水処理技術および市場の今後の方向性  95

II.個別市場編  97
 A.水処理膜  99
  1.精密ろ過膜(MF膜)/限外ろ過膜(UF膜)  101
  2.MBR(膜分離活性汚泥法)用膜  110
  3.逆浸透膜(RO膜)/ナノろ過膜(NF膜)  119
 B.水処理薬品・副資材  129
  1.ボイラ・冷却水用薬品  131
  2.水殺菌・消毒用薬品  140
  3.無機凝集剤  149
  4.高分子凝集剤  158
  5.キレート樹脂/液体キレート剤  164
  6.活性炭  170
  7.イオン交換樹脂  177
  8.EDIスタック(電気再生式イオン交換装置)  188
 C.水処理装置・プラント  197
  1.純水製造装置/システム  199
  2.超純水製造装置/システム  206
  3.オゾン発生装置(オゾナイザ)  213
  4.紫外線照射装置  221
  5.超微細気泡散気装置  227
  6.浄化槽  234
  7.嫌気処理システム(UASB/EGSB)  241
  8.海水淡水化装置・プラント  248
  9.汚泥脱水機  257
 D.水処理関連サービス  267
  1.水道事業の民間委託  269
  2.下水道施設の民間委託  276
  3.純水・超純水供給サービス  281
  4.上下水道遠隔監視・制御システム  287
  5.地下水利用システム/サービス  293
すべて表示

提供利用形態

本体価格 税込価格 ネットワーク共有
書籍版 書籍版 150,000円 165,000円 -
PDF版 PDF版 150,000円 165,000円
NG
書籍版 PDF版 書籍版・
PDF版セット
170,000円 187,000円
NG
ネットワークパッケージ版 ネットワーク
パッケージ版
300,000円 330,000円
OK
  • PDF版はレポート本文をPDFファイルで収録しています。PDF/データ版はレポート本文と数表データをPDFとExcelファイルで収録しています。いずれもご注文を受けてからの製作となります。在庫終了後にセットを選ばれた場合の書籍版は簡易製本でのご提供となります。
  • PDF版およびPDF/データ版はネットワーク上での利用はできません。ネットワーク上での利用はネットワークパッケージ版の利用契約が別途必要です。